« 2月23、24日ゆるかふぇ上映会のおしらせ | トップページ | 「戦後はまだ、、、」と「われ問う」の草かふぇ »

2019年2月12日 (火)

アルさんでけんぽうかふぇ

今、とてもしあわせなきもちに包まれています。
今日は、野々市アルさんでのけんぽうかふぇでした。いつもはキッズスペースになってる場所を、広い個室空間にしてのおはなし会。そこできもちよく平らに語ることができて、しっかり聴いてもらえて、ああ、伝わっているな、の確かな手応えがあって。直近情報も入れて、ノンストップ1時間半の濃い〜〜話を、ほんとにみなさん、最後までよく聴いてくれていました。

参加してくれたのは18人(若いママ&ミドルさん、紅茶のお母さん、女子大生さん、男のかたもひとり)+赤ちゃん&ちいさなひと8人!
きほんのきからはじまって、紅茶のこと、身の丈にみとめてほしいと願ってみな生きてること、13条の発見、対になってる13条と9条、これまた対の13条と12条、絵本よむことも子育ても、実は12条することなんだよ、ってこと。9条に自衛隊を明記すると、上書き保存されるように、9条に前からある条文は消されてしまうこと、などなど。

192

この日のおみやげはいのみら通信最新号と北海道のママがつくったけんぽうマンガ。彼女が13条のこと知って、頭のうえでぱっかーんとくす玉がわれたように、今日は本物のくす玉が一人のママの頭のうえで割れたよ!
(証拠写真を、アルのまりこさん、撮ってくれてるかな)

13条の条文の「個人として尊重される--shall be respected as individuals」」が、草案では「人として」になって「個」が消されているんだよ、と紹介したら、これにビビ!と反応したママがいた。英語をよくわかってる方で、individualsとhuman、まるきり違う!とリアルに感じた、と。

今日、こんなにも若いママたちの参加比率が高かったことは、アルさんが、こどもと一緒にきやすいお店であろうとしていること(アルさんのお店のコンセプト)がまずあるのだと思う。このお店空間では、こどもたちが大切にされてるので、ママたちにもきやすいのでしょう。ランチにいけば、子ども大好きまりこさんが、心からようこそ、って迎えてくれる。ママがいそがしいときは抱っこしてくれてる。今日もそんな場面がいっぱいあった。

そういうお店でするけんぽうかふぇだから、きっとおなじみのお客さんたちもきてくれたんだと思う。まりこさんが、ママたちに知ってほしいな、聞いてもらいたいなと、心込めてかいたよびかけのお便りも背中をおしたろうな。アルさんではほかにもいろんな集まりをしてるので、そこで出会った人たちのなかで少し子どもさんの手が離れたママは、見守り隊って感じでそこにいて、一緒に話をきいてくれている。そういうのがあわさっての、今日、なんだ。
こういうことが、アルさんの、まりこさんの、ふだんの努力の12条する、だ。

憲法講演会に若い人が集まらなくてね、来てくれなくてね、って声、よく聞きます。それはふだん、自分が、若い人にどうむきあってるか、大切に接しているか、わかってもらえるためにどういう努力をしているか、平らに話してるかどうか、、ってことが問われているんだとも思う。今日のアルさんおはなし会には、そのヒントがいっぱいありました。

しあわせな時間を終えて家に戻るなり、見事に睡魔さんの急襲をうけ、爆睡すること2時間。あ〜〜すっきり!ほんとに正直な私のからだ。

まりこさん、アルさん、今日参加してくださったみなさん、ほんとにありがとう。紅茶は毎週水曜日1時から6時までわがやで開いています。3時から4時は社会のこと語りあう、草かふぇという時間です。はやってないのでどの水曜でも、おすきな時間に気軽にお越しください。


|

« 2月23、24日ゆるかふぇ上映会のおしらせ | トップページ | 「戦後はまだ、、、」と「われ問う」の草かふぇ »