« 石川記者さんを送る会 その1 | トップページ | 東京へ »

2019年4月18日 (木)

石川記者を送る会その2

4月17日、毎日新聞の石川まさき記者を送る/出会う会@紅茶。
その2。

石川さんが新聞記者になって5年。最初の赴任地が広島。平和の取材を、と思ってる時に、広島で大規模な土砂災害。ほんの数日前に取材で訪ねた場所、会った人たちが、その災害にまきこまれる。災害報道の経験から、熊本地震の時も応援で取材にはいる。益城町に張り番として夜中立って見張っていた時に、あの本震が起きた。昨年の西日本豪雨災害にも、また応援で入る。防災に関しては、備えあれば憂いなし、じゃない。憂いがないと備えられないし、備えあってなお憂えよ、だと思う、と。

金沢に異動した2年前は、憲法ができて70年の年。防災の記憶の継承と同じように、戦争の記憶も継承されなければ。そういう思いもあって、だけど学者からでなく、まず市民から話を聞きたいと思ったという石川さん。
それですぐに話を聞きにきてくれたんですね。そして5月3日には紅茶に取材にきてくれた。(その時、安倍首相が2020年を新しい憲法施行の年にすると言ったことに対して、どう思いますか、って聞かれたんだった!もちろんその時が初耳だった)
その10日後くらいにみゆきちゃんたちと初のコッカイオンドク!がはじまり、四高記念公園でのオンドク!アクションのこと知らせようと、みゆきちゃんが毎日新聞に電話したら、たまたまその電話をとったのが石川さんだった、というすごい巡り合わせ。

石川さんがみゆきさんの電話をとったことも、石川さんが紅茶に度々来てくれたことも、きっと単なる偶然じゃないのだろうね。
さかのぼれば、小2であの事件がおきたこと、少年犯罪について考え、非行少年といわれる子どもたちと学生時代にかかわっていたこと、事件関連や哲学の本を読みまくったこと、新聞記者になったこと、災害に遭遇し、被災現場に何度も何度もいったこと、遺された人たちの言葉を聞き取ってきたこと、きっとみんなみんな、意味があるんだ。
父がいつも口癖でいっていた、「のち悟らん」なんだろうとも思う。
それにね、石川さんが愛知県生まれで刈谷高校出身、ってのも、私にしたらとってもうれしい。刈谷生まれの父と刈谷高校とは、深〜いご縁があるので。

194_13

紅茶は、ひととひとが出逢う場所、そこから一人一人が学ぶ場所、と思ってるけど、きのうは、まさにそういう時間になりました。
学ぶことは、自分のなかの何かが変わること。そうやって生きてこられた若き記者さんと、きのうは確かに出逢えたと思う。自分のことこんなふうに人前で話すってはじめて、とのことだけど、それならなお聞かせてもらえてありがたかったなあ。

石川さん、心ひらいて話してくださってほんとにありがとうございました!!大阪にいってもまた、あなたらしい記事で、人間を、いのちを、平和を、書いていってくださいね。

|

« 石川記者さんを送る会 その1 | トップページ | 東京へ »