« 15日は、ちいさなひとたちのためのおはなし会紅茶 | トップページ | 律子さんのおはなし会 »

2019年5月14日 (火)

のち、さとらん

自分が、ふだん何気なくしていること・してきたたことに、実は大事な意味があったんだ、と後から知る時、とってもうれしい。
 
ずっとずっと前から紅茶の時間で、一人一人のいいとこ見つけたら伝える、ってことしてきたけど、それが、クッキングハウスでしてるSST(きもちのいいコミュニケーションのとりかたの練習)の「正のフィードバック」や、ほめ言葉のシャワーにリンクしていたと知った時。
 
「ほめ言葉のシャワー」のコラムに、「あなたの存在はほかの誰ともとりかえがききません」と娘が書いた言葉と、憲法13条の個人の尊厳とが、重なってるんだと知った時。
 
一人一人を大切にしたくて、紅茶の時間でお茶をいれること、相手をまっすぐ聴くこと、その人のいいとこを言葉にして伝えてきたことが、そのひとの13条を尊重することだと知った時。
 
とくべつ紅茶のならわしで、ゲストのお話の後はかならず、お茶やお菓子と一緒に「きもちキャッチボールタイム」をとって、参加した人たちが自由に感想言ったり質問したりするのだけど、それが、紅茶にはじめてきて歌ってくれたユンファさんにとって、とてもうれしい時間だったんだと知った時。
 
自分が今していることの意味は、ほとんど今、わからない。のちさとらん、ってことばかり。でもそれでいい。それがいい、って思ってる。
 
光のすじが、美しい。凧は、藤田祐幸さんが新築祝いに、とつくってくださったもの。ってことは27年前だ。
194jpg_1

|

« 15日は、ちいさなひとたちのためのおはなし会紅茶 | トップページ | 律子さんのおはなし会 »