« 今号のマガジン「きもちは、言葉をさがしている」は、菊地くんのこと。 | トップページ | ひみかさんでジャズライブ »

2019年6月24日 (月)

「主戦場」観てきました。

「主戦場」初日の昨日、金沢シネモンドさんで観てきました。
今この国のメディアで、「いあんふ」問題に関する番組をつくるなんて超困難な時代に、よくぞここまで、対立する双方の意見を誠実にききとり、これだけの緻密なドキュメンタリーにしあげたなあ!と、若いデザキ監督に感服する。
アップテンポで情報量はんぱなく、時々追いつけないとこもあったけど、ミステリー探って行くみたいにぐいぐい引き込まれた。

観る前は、もっと頭ん中カッカとしちゃうかな、と思ってたけど予想外に、登場する一人ひとりを冷静に観察してる自分がいた。
発言している人の言葉もだけど、その表情、まなざし、断言的な口調、バカにした笑い方、ごまかし、蔑視、差別や自尊感情などなど。
国家は謝罪しちゃいけないの?異なる意見のひとの本は読まなくていいの?
自分がこうだ、と思い込んでいた、または思い込まされていたことから自由になるって、なんていう開放感だろう!

今回、これだけ右から左まで、違う意見を次々見せてもらい、聞かせてもらえた機会を、デザキ監督に、ありがとう、です。
私自身、断片的に知っていたことが次々リンクしてこの問題を曼荼羅みたいにして考えることができた。
数とか、強制か否か、軍か業者か、そこに執着するより、もっと複雑で深い問題提起を、この映画はしてると思う。

19日の紅茶で、映画見る前のプレ自主草かふぇしたように、観た後の自主草もしたいな。
7月10日は、アーサービナードさん講演会のプレ自主草だから、観た後の草かふぇは、その翌週かな、17日?おっと参院選直前!
でも見ようによっては、この映画、選挙前にこそ観てほしいよ!この国を牛耳っている存在がなんなのかリアルにわかるから。

http://www.shusenjo.jp
シネモンドで22日から28日までは、10:15~ 20:00~
29日〜7月5日までは、14:20~

196_20190624055101

|

« 今号のマガジン「きもちは、言葉をさがしている」は、菊地くんのこと。 | トップページ | ひみかさんでジャズライブ »