« 輪島へ | トップページ | 太郎さんが金沢駅で »

2019年6月 9日 (日)

こどもたちと、ほめ言葉のシャワーのワーク

7日午後。輪島市の門前東小学校では、72人の全校生徒さん、保護者さん、先生たちとの、全員参加ワークショップ「ほめ言葉のシャワー」。

紅茶の時間をしてる私が、一人ひとりを大切にするにはどうしたらいいんだろ、って考えて、していることの一つが、そのひとのいいとこを見つけたら言葉にして伝える、ということ。
ほんとにそう思って言ったら、その言葉を言われた人はきっとうれしいと思う。それに気づいてからお話の出前先で、あなたが言われてうれしかった言葉はなんですか、ってたくさんの人にきいて、数年間にたくさんたくさん集まった言葉の中から、「ほめ言葉のシャワー」というこんな小さい本をつくったよ。

そこで今日はみんなに聞くよ。あなたが、誰からでもいい、これ、いわれてうれしかったな、って言葉を思い出して、それを折り紙に書いてみてください。書いたらそれを集めて、読む人たちに一つひとつ読んでもらいます。名前は書かないの。誰がなにを書いたかわからないから、自分が言われてうれしかったな、って思った言葉を正直に書いてだいじょぶ。もしも今急に言われて何も思い浮かばなかったら、無理やり書かなくてもいいんだよ。
あ、それと「ありがとう」は誰が言われても嬉しい言葉だろうけど、もし、ありがとう、って書く時は、誰からどんな時に言われたのかも書いてね。子どもたちが書いた言葉は子どもたちに、大人が書いたのは大人の人に、読めてを決めて読んでもらうことにするね。
さあ、では、書いてみてくださいね(と、鈴を鳴らす)。

小さい人は自分が座ってる椅子を机がわりに書く。あのね、こういうこと書いてもいいの?と聞く子もいる。もちろん、あなたがうれしかった言葉ならなんでも。どんなちいさなことでも。書けた子たちから順に顔があがってくる。

集めた折り紙をシャッフルして6つの束に分けて、読みたい人〜〜!と言って、手をあげてくれた6人の子たちに一枚ずつリレーのように読んでもらいました。低学年の生徒さんにむずかしい漢字はすこし手伝います。中には、ふりがな付きの漢字もありました。

一緒にあそぼう/ともだちでいようね/だいすき/お父さんが、ありがとうといった/〇〇(自分のあだ名)ナイス!って言われた/生まれてきてくれてありがとう/おまえ天才やろ(笑)/happyくん/すごいね/速いね。。。
バスケとか絵とか水泳とか、らきゅうととかてっくとか剣道とか、自分ががんばってることを言われてうれしかった言葉もいっぱい。説明付きの「ありがとう」も、お母さんから、ともだちから〜〜といわれた、もいっぱい。

じゃ次はおとなの人たちが書いた言葉を、って言いかけたら、6人の子どもたちの間から「読みたい読たい」の連呼。え?おとなの人たちの言葉もあなたたちが読みたいの? うん、読みたい読みたい、の連呼。みなさ〜〜ん、この子たちがそういってますけど、どうしましょ、いいですかあ?(うん、うんとうなずくおとなたち)よしっ、じゃあ、読んでもらおうか。さっき手をあげたけど外れちゃった子たち、読みたかったら手をあげて。

すると、あがるあがる、いっぱいの手。うひゃ〜。ならその子たちもみんな出ておいで、ここに一列にならんで一枚ずつ読んでください。

20人の子どもたちが並んで、おとなたちの書いたうれしい言葉をリレーで読む図! 壮観でした。ちいさい子も読み手だったので、読めない字は上の子が手伝ったり、後ろに立ってもらった先生に教わったり。

たくさんの言葉の中に、一個も、けなす言葉はなかったね。うれしい言葉ばっかりいーっぱいあったね。自分のことよく見てて、言ってくれるひとの言葉はうれしいね。

私の知ってるある女の子は、とってもお勉強できたんだけど、中学生でとつぜんご飯を食べられなくなっちゃった。いつもいつも自分の背の丈よりもっと高いことを要求されてしんどかったこと、成績以外のことでお父さんやお母さんにふりむいてほしかったんだってこと、あとからわかって教えてくれました。
背の丈以上は無理するからしんどいし、背の丈以下はかなしい。私は15歳の時に、画材屋さんのおじちゃんから、おまえさんはおもしろいなあ〜〜〜!って本気で言ってもらって、その言葉は私をずっとずっと励ましてくれてるよ。みんなと違う私の感じ方、それをいいと言ってもらえて勇気をもらえたの。私が紅茶でしていることは、このおじちゃんが私にしてくれたのと同じことを、別の人に返してるってことだと思う。

そんな話をしてから「みんなおなじ でもみんなちがう」の絵本を紹介しました。みんなおんなじ人間だけども、ひとりひとりちがうとこ持ってるんだ。それが大事にしあえる学校だといいなあ、って思うよ、と。

196_5

子どもたちの書いた言葉、おとなたちの書いた言葉は、この学校の一期一会の財産。だから持ち帰らないけど、校長先生のおゆるしを得て、写真に撮らせてもらいましたよ。

|

« 輪島へ | トップページ | 太郎さんが金沢駅で »