« ぷかぷかさんのブログより | トップページ | 今号のマガジン「きもちは、言葉をさがしている」は、菊地くんのこと。 »

2019年6月24日 (月)

月光荘おじさん展

195_20190624054601 銀座で100年続く月光荘画材店。その創業者の月光荘おじちゃん展が、おじちゃんのふるさと、上市町の西田美術館で6月7日〜7月21日まで。
@富山県中新川郡上市町郷柿沢1(076−472−4352)休館日は月曜日。7月15日は開館で翌16日がおやすみ)9:30~16:30 入館料は、一般700円。
会期中の7月7日2:00からは、おじちゃんのお孫さんで今、月光荘画材店3代目店主の日比康造さんが、「ホルンマークの秘密」と題してトーク&ミニライブ。(こうぞうさんはミュージシャンでもあるんです)

おじちゃんは日本ではじめて国産油絵の具をつくった人、お店の名前の名付け親は与謝野晶子さん。その交友録には、猪熊弦一郎さん、中村研一さん、藤田嗣治さん、深尾須磨子さん、バーナードリーチさん、高峰秀子さん、岡田三郎助さん、濱田庄司さん、、、。

私は15歳の時に月光荘おじちゃんと出会い、人生で本当に大切なことをおじちゃんからいっぱい教えてもらい、お店のカタログ作りを手伝い、月光荘100歳記念の本「人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ」のなかでおじちゃんとのこと書かせてもらいました。

こうぞうさんには、月光荘が満100歳になったおととし、月光荘ギャラリーで私のお話会をひらいてくださった時にはじめてお会いした、すてきな若い店主さん。
こうぞうさんのライブは予約いらず。おじさん展の入場券ではいれます。私もこの日、おじさん展を早めにみにいって、ライブをききます。
もしもお時間のご都合つきましたら、ぜひぜひ7日におでかけくださいませ。7日でなくても、おじさん展だけでも。

|

« ぷかぷかさんのブログより | トップページ | 今号のマガジン「きもちは、言葉をさがしている」は、菊地くんのこと。 »