« とくダネ! | トップページ | 21美さんのほめしゃわ »

2019年8月 1日 (木)

草かふぇで、小学一年生にわかる憲法

昨日の草かふぇは、アブラゼミとひぐらしの声と鳥たちのさえずりの中で。

昨日初めて紅茶に来てくださった方は、なんとなんと、月光荘おじちゃんのお弟さんのお孫さん!!6月7月にかけて、富山県上市町の西田美術館で「月光荘おじさん展」が開催され、それでおじちゃんのことを初めて知って、展覧会にも足をはこばれたというNさん。「人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ」の本を読んで、私のこと知ってくださったのです。

1712_20190801165601

1時から6時まであいてる紅茶の時間だけど、3時から4時は草かふぇしてます、とお伝えしてあって、見えたのがちょうど3時。何をテーマに草カフェしようかと思ったけど、Nさんが小学校の先生とお聞きしてたので、じゃ、小学一年生にわかるけんぽうのお話の再現をしてもいいですか?ってその場にいるひとたちにもきいて、それをしました。

一年生にわかる、というのは、おととい、東京のぜんみんけん(全国民主主義教育研究会)で、十勝の山本まさとしさんが分科会で話されたこと、そのあらすじをお話したんです。娘が聴きにいって、その夜の電話でメモを元にくわしく実況中継みたいに話してくれたので、それをもとに私が再再現?したっていうわけ。

前のを読んでいない方にあらすじだけ。こんなふうに、思いを同じくする人同士が伝えあっていったらいいな、って思うんです。

   ↓きのうのFBに投稿したこと。

子どもたちの実感できることを入り口にーー誕生日とか、名前とか、花火とか、アンパンマンとか、キティちゃんなどなどーーから入っていって、人権、という単語をつかわずにそれを、憲法の条文をつかわずに憲法の理念と本質を、工夫しながらわかりやすく、こどもたちに手渡す山本さんのお話。

|

« とくダネ! | トップページ | 21美さんのほめしゃわ »