« 菜の花の沖縄日記の草かふぇ | トップページ | オリーブさんから »

2019年8月16日 (金)

テレビコマーシャルのこと

消費税ってどうしてあげるの?あげた2%は何に使うの?
というテレビコマーシャル、たった今みました。
 
今の政権がこれまでどれだけ、お金持ちでない人々の暮らしを苦しめてきたか知らなかったり、先にあげた消費税によるお金が、必ずしもこのコマーシャルの言うような社会保障に使われてこなかった、ってこと知らなかったら、ふうん、そうなのか、って納得する人だっているだろう。コマーシャルには、人を誘導する力があるから。
 
もしも改憲案が発議されたら、国民投票の2週間前まで、テレビコマーシャルは何の制限もなく流すことができるので、そうか、憲法ってかえたほうがいいんだな、と見た人が納得しちゃうようなテレビCMが、洪水のように毎日毎日流れるだろう。お金もってる側が圧倒的に有利な、今の国民投票法のしくみは、あきらかに不公平すぎる。
 
憲法をかえるかかえないか、選ぶのは国民のみなさんです、と政府はいうけど、はたして冷静に選べるのか? わたしたち。
国民投票期間になってから考えるんじゃ、もう遅すぎるって思う!

|

« 菜の花の沖縄日記の草かふぇ | トップページ | オリーブさんから »