« 今日、おりらいさんのおはなしかい@紅茶 | トップページ | 東電の裁判の判決 »

2019年9月18日 (水)

おりライさん@紅茶の時間

おりライこと、弁護士はんどうたいきさんの憲法のおはなし。今日の紅茶が、377回目のお話会!!12泊13日の出前旅の、まだまだ途中だそう。
テンポ良い憲法のきほんのきから上級レベルまでの、ほぼノンストップのお話。今の憲法と自民草案をみくらべつつ、主権者の私たちと国との関係が、草案だと順番が逆になっちゃってることがよくわかる、あっという間の3時間でした。Img_1100 Img_1107 Img_1108
右とか左とかいう以前の、共通の前提としての憲法の話。相撲だって土俵の中でするもの、というルールがある。だけど今の政権は、その共通ルールとしての土俵がこわれてる状態。ライオンにたとえられる権力が、憲法という檻の中から勝手にでてきて、檻を檻ともおもわず、周りをうろうろしてる状態。それでもまだそのことに気づいていない人がいっぱいいる。その危機感からの、はんどうさんの熱いトーク。
 
私たち全員の共通点はなんだろ?私たちはみな同じ人間として生まれた。一人ひとりが人間らしく生きていきたいね。そこが一番の基本となる13条。(おりライのお話は、何度も何度も、この原点にたちもどる。なんのために憲法があるのかを忘れないために)
 
憲法の中にたくさんの、○○する自由、がでてくるのは、前の憲法ではそれらが認められていなかったからだ。心の中は自由だよ、誰と結婚するのも自由だよ。今、数多くの自由が書き込まれている理由、以前はその自由が権力によって侵されてきたからだ。
 
今の憲法にはない緊急事態条項を、政権はかきこもうとしてる。緊急の時なら、ライオンは檻からでてもいいよ。いつがその時なのかは、ライオンが決めるよ。これじゃ檻がないのも同じだよ。この一か条だけで、檻そのものを台無しにできる。
災害対策のために必要ですよ、とライオンはいうけど、大災害を経験した地域の弁護士会はそのためならいらない、とはっきり言ってる。
 
9条に自衛隊を書き込む案。今の9条にはもともとアクセルがない。自衛隊は戦力じゃないとずっと言い続けて来たから。でも、今の自衛隊はもう違う。自衛隊というアクセルをとりつけるならブレーキもつけなきゃいけないはずが、「法律の定めるところにより、その他の統制に服する」としか書かない。これって、一見ブレーキあるように見えて、実はない。時の政権、つまりその時々の運転手次第、運転手に丸投げ、ってことになっちゃう。
 
「檻の中のライオン」、全国の中学校の公民の資料に、9ページにわたって紹介されている。全国の進研模試にも出題されたとか。受験にもでるかも!Eテレで小学生向けの番組「社会にドキリ」でも、ライオンのキャラクターが使われてる。
Img_1103
はんどうさん、出前旅の一つに紅茶でお話くださって、ありがとうございました。2度目だけど新鮮におききしました、時事問題もいっぱいあって。
高さん、何から何までありがとうございました。チラシを作ってくださった山口さんも、本屋さん係のYさんも。
Img_1101 Img_1113
「檻の中のライオン」、紅茶本屋に少々あり、1400円。今日のお話会でもれなく当たったおりライの憲法クリアファイルは、憲法全文がおりライイラストつきで載っていて、200円。こちらも紅茶本屋にあります。
 

|

« 今日、おりらいさんのおはなしかい@紅茶 | トップページ | 東電の裁判の判決 »