« マガジン9より 南部さんの憲法改正論議について | トップページ | 香港はひとごと? »

2019年10月 3日 (木)

こちらもマガジン9より 雨宮かりんさんの。

こちらも、今週のマガジン9より。雨宮処凛さん、ずばり消費税10%のこと。
https://maga9.jp/191002-1/

一部抜粋させてもらったこのあたりのこと、草かふぇで消費税のお話きいたときのと重なるね。
****

(前略)
消費税が1989年に導入されてから、今年で30年。

 社会保障のためにと導入され、それからどんどん税率が上がっていった消費税だが、この30年間で「あぁ、消費税払ってるおかげで社会保障が充実していろんな恩恵があって、こりゃ老後も安心だなー」と思っている人はこの国に存在するだろうか?

 残念ながら、私は出会ったことがない。その理由は簡単で、89年から14年までの消費税税収は282兆円なのに対し、同じ89年から14年までの間、法人税収は255兆円も減っているからである。大企業減税の穴埋めに使われているのである。

 14年、消費税は5%から8%に上がった。この時も「増税分は全額社会保障の充実に使う」と言っていたものの、蓋を開けてみれば社会保障に使われたのは16%。あとの82%は闇の中。それが我が国の消費税である。社会保障が充実した実感がないのも、安心感が得られないのも当たり前だ。それどころか、今年6月には「老後2000万円問題」が浮上したことは記憶に新しい。

 最近、ある勉強会で都留文科大学名誉教授・後藤道夫さんの話を聞き、衝撃的なデータを知った。それは1997年と2015年を比較して、子育て世帯の年収が97万円も下がっているというデータだ(児童のいる世帯 所得関連諸指標の推移「国民生活基礎調査」所得票調査より)。(後略)

|

« マガジン9より 南部さんの憲法改正論議について | トップページ | 香港はひとごと? »