« 19号の影響の、果て知れぬ広さ | トップページ | リッキーさんのお話と、みしなさんのお話と。 »

2019年10月14日 (月)

コラテラルダメージ

昨日のミスターサンデー、ゲストの橋下氏が治水行政について話していた。

「下流域の都市部で氾濫したら被害が甚大になる、大阪で淀川が氾濫しそうになったら上流の瀬田川で止めて滋賀で氾濫させる」とか
「大阪と奈良の県境のとこも川幅をわざと太くしていない。いざとなったら奈良に水が溢れていくようにしてある」とか。

滋賀の人、奈良の人、これ聞いてなんと思ったろう??
都市部を守るために、そうでないところを氾濫させる、ともとれる発言をテレビで言ったことになる。
橋下氏は、「千曲川がそうだと言ってるわけじゃないですよ」と何度もいいつつ、とにかく情報開示が必要だ、と。

情報開示は確かに必要とおもうけど、
この考え方に、「コラテラル・ダメージ」という言葉が思い浮かんだ。シュワちゃんが主演したアクション映画のタイトルにもなったけど、この言葉そのものは、直訳すれば「副次的な被害」の意。そこから「戦闘における民間人被害」や「政治的にやむを得ない犠牲」というニュアンスで使われる。
ダムの緊急放流って、政治的にやむをえない、えなかった、のか??

|

« 19号の影響の、果て知れぬ広さ | トップページ | リッキーさんのお話と、みしなさんのお話と。 »