« タペストリイの、リピートお申し込み | トップページ | ゆかるひさんで。 »

2020年5月27日 (水)

「贈り物」の記事。

本日5/27の北陸中日金沢版。島崎記者さんが書いてくださいました。私の言いたいこと、簡潔にきちんとまとめてくださってありがとう!
昨日もご家族の分の追加や、とりに行くね!というご連絡など。あと5日、本を抱えて郵便局に通います。
Img_2297
このぷろじぇくとはじめて、一番多くのプレゼントをもらってるのは、間違いなく私の方だった!って実感する毎日。感想のメールやお手紙や切手や。。。そしてコロナがなくてもとぎれがちだった旧友との糸の結び直し、メールでの再会、お互いの近況やきもち確認、などなど、わたしにとってこそ必要なぷろじぇくとだったんだなあ、としみじみ。
 
AIDSはコミュニケーションの病、という言葉も本の中にでてくるけど、今のコロナも、いい意味でも悪い意味でも、コミュニケーションにとてもかかわっているウイルスだと思っています。
みんな、こんなに大変な時期をすごして、ねがわくば、これをいいコミュニケーションの方に、いい関係性を紡ぐ方向に、つなげていきたいです。じかにあってかたりあうことの意味、あえなくてもつながることのできるツールを持てること。
コミュニケーションとは、単なる情報の伝達ではなく、なにかをわかちあうこと、って思ってる。だとしたら、自分のことも相手のことも大切にしながら、信頼を育てあっていくことも、きっとそこにかかせないことですね。
 
水曜日。今日の午後も、紅茶はお寺のように静かにあいています。
宣言下の日々、そこに器だけあっても、やっぱりそこにひとがいないと、紅茶って紅茶じゃないんだなあ、と何度も感じたことでしたよ。

|

« タペストリイの、リピートお申し込み | トップページ | ゆかるひさんで。 »