« 染めのおっちゃんのこと、再び。 | トップページ | 一期一会の伴歩。 »

2020年6月 1日 (月)

ぷろじぇくと終了のごあいさつ

#離れているけどつながってる ぷろじぇくと としての「出逢いのタペストリイ」の本プレゼントは、昨日5月31日の真夜中をもって、終了させていただきました。4月末に思い立ってこのよびかけをはじめたのですが、リスポンスしてくださったたくさんの方々、本当にありがとうございました!
Img_2285_20200601075601
コロナ下で考えた感染症のこと、差別のこと、助けあう力のこと、人権のこと、、がこの「タペストリイ」で伝えたかったことと通じていると感じて、24年も前の本だけど、今、読んでもらえたらうれしいなあ、と願ったのでした。本を生かすって、本のしあわせって、ひとに読まれることですもんね。
 
おかげさまで私の手元からと、このぷろじぇくとに協力してくれた娘のwebshop mai worksからと、あわせて350冊の本が全国に旅していきました。お金を介しないもののやりとりから、かえって産まれてくるあたらしい価値を、いっぱい感じさせてもらった日々でした。つながりの再確認もあれば、あらたなつながりも生まれて、その糸は、もちろんこれからも続いていくのです。
 
この本の手渡しにご協力くださった、野々市のアルさん、金沢のもっきりやさん、織歩レディズ鍼灸院さん、東京のクッキングハウスさん、松本のちいおばさん、和歌山のカフェムロさん、お世話をありがとうございました。このぷろじぇくとをお友達に知らせてくださった方にも、送料をはるかに超える切手プレゼントの方々にも、感謝です。
 
また、メモリアルキルトジャパンの代表をされていた齋藤洋さんが5月30日31日の投稿で、メモリアルキルトのこと、そしてキルトの写真をたくさん見せてくださったこともありがたかった。あの布から感じる愛、美しさ、悲しみ、やさしさ、強さ、、は文字言葉だけではなかなか伝えることができません。どうか齋藤さんの文を↓から、読んでみてくださいね。
https://blog.canpan.info/shamurie/archive/39?fbclid=IwAR2MMyaSRVjaaNglIZvCwzdf4-2QY3_7GATS-q7xkC2V1E92TG0VHZ9OXVk

https://blog.canpan.info/shamurie/archive/331?fbclid=IwAR1dKH2uU-BgTgct87tyH_UfA33u0c201RrkAjXEMRm64QnHYu0U_LqOoQg

昨日までこの本の定価を0円としていたmai works webshopの定価も、5月以前に戻りました。あのサイトからタペストリイ以外の本のお買い物をしてくださった方たちも少なくなかったとのこと、この場を借りてお礼申し上げます。
 
本のプレゼント企画は終了したけど、これからも、離れているけどつながってるよ、一緒に生きてるからね、って感覚を大事にしながら、また一歩ずつ歩いていきますね。
Img_2131_20200601075601

|

« 染めのおっちゃんのこと、再び。 | トップページ | 一期一会の伴歩。 »