« 「若者から若者への手紙」という本のこと | トップページ | 「ちむぐりさ」あと一週間です@金沢シネモンド »

2020年8月14日 (金)

あざみ先生

14日、北陸朝日放送の夕方ニュースで「医師の戦争責任を問う」の特集。先月、93歳で亡くなられた医師、莇(あざみ)昭三先生の追悼もこめた番組。
Img_2816  

南京攻略の中心部隊は、金沢の第9師団だった。莇先生のお兄さんはその師団にいて戦死。
「母親が泣き崩れているのに、周囲は、名誉の戦死だと言って、手を叩いて、異様な雰囲気だった。戦争ってそういうもの」

莇先生は金沢の第四高等学校から、旧金沢医科大学を経て、医師に。2000年に「15年戦争と日本の医学研究会」を設立。先生が直接かかわったのではないが、同時代の人間として731部隊の犯罪を研究、後輩に伝えていく義務があると、生涯かけて研究を続けられた。

731部隊は中国東北部のハルピンに本部を置き、中国人やロシア人捕虜に人体実験を行った。マルタと呼ぶ捕虜にペスト菌を感染させる実験。「正確な数字はわからないが、約3,000人の捕虜を実験と称して殺した。ペストノミが最も有効に細菌兵器として使えるというところに到達した」
Img_2821 Img_2823 Img_2827
取材は2年前、先生が91歳の時。城北病院の名誉院長さんで、患者さんにも慕われていたという。金沢の9条の会で憲法記念日に、莇先生のお話をお聞きしたことがあります。ちっとも偉ぶらない方でした。小柄なおからだにいっぱい情熱秘めてる方、って思いました。ご冥福をおいのりいたします。

|

« 「若者から若者への手紙」という本のこと | トップページ | 「ちむぐりさ」あと一週間です@金沢シネモンド »