2015年9月21日 (月)

けんぽうBOOK、増刷へ

8月29日にすりあがってきた「けんぽうBOOK」、9月12日に2刷が届きました。

初版とくらべて、表紙が淡いピンクに。
表紙の紙もかわりました、ほめシャワの表紙に使われてるのと同じ、マーメイド、という名の紙です。すこし厚目で、てざわりもあるので、より、本っぽくなりました。前よりきっとちょっとは丈夫な本に。

私の自前の本は、付箋をつけたり、あたらしい事実を本の余白に次々かきこみを入れているので、すでにそうとう貫禄のある、古い教科書みたくなりましたが。

*******

本を読んだ方が、それぞれにこのBOOKのこと、ご自分の言葉で紹介してくださっています。

明治大学の図書館におつとめだった飯澤さん、ご自身の出してらっしゃるかっぱ通信に、とてもすてきに書いて下さいました。

********

(前略)
13+12=25。この数式なんでしょう。正解は、あなたはほかの誰ともとりかえがきかない13条+”ふだん”の努力の12条=生存権の25条。

基本的人権などという言葉をふりかざさなくても、この視点で社会を見回せば、私たちのささやかな日常のいとなみが、どんなにか憲法と深く結びつき、身近なものであるかが分かる。

ペシャワール会の中村哲医師の談。アフガンで活動d家居るのは9条に守られているから。武器で助けられたことは一度もない。

「憲法を親友に」。そうすれば、改めて知ってるつもりの9条のかけがえのなさも、自民党憲法改正草案が如何に主権在民をふみにじるものであるかも知れるのです。

可愛い手書きイラストを水先案内人に、素敵な市井の憲法談義。

150921_

**********

13+12=25、の暗号に気がつくあたり、さすが、飯澤さん。

飯澤さんは大学図書館を退職された時の集いの記念に、とほめシャワをたくさんご注文くださったかた。
あとから、飯沢さんが図書館員になられた時、その辞令を出したのが、当時、明治大学にいた私の父だったと判明して、そのふしぎなご縁にびっくりしたものです。

飯沢さんも、この数ヶ月、何度も国会前の抗議行動にいってらしたようです、
ああ、peaceの pieceは、ここにも。

|

2015年9月16日 (水)

けんぽうBOOKのあるところ

150829_ 「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」、
おかげさまでいろんなところに日々、旅立ってます。
運んで下さる方がた、お友達にご紹介くださる方がた、ほんとにありがとう!!

北陸中日新聞で紹介してくださったおかげで、毎日、おといあわせやご注文のお電話をいただきます。いい記事かいてくれた記者さんにも感謝。

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20150912/CK2015091202000054.html

本は、紅茶の時間にはもちろんありますが、お店の方が気軽に買いに行けるという方に、
「けんぽうBOOK」をおいて下さってるお店をご紹介します。

金沢ビーンズさん(石川県庁近く)
近江町市場の中のメロメロポッチさん
泉野出町の宇吉堂さん(今すぐだと在庫がないと思いますけど、ちかぢかまたお届けします)
大額のブックショップ.リードさん(9月17日からお店に並ぶはず)

東京なら、
調布の不思議なレストラン・クッキングハウスさん
練馬の、冷えとりと雑貨のお店のキャンディケイトさん

北海道なら、
札幌のブックカフェ louis ルイさん

そしてon line shopなら、 mai works からもお申し込みいただけます。
どうぞよろしく。彼女が、けんぽうBOOKの案内人、ティーとコトリの産みの親です。

http://maiworks.cart.fc2.com/

17日から3日間、関西に出前するので、留守中のご注文はとりわけ、mai worksにお申し込みいただけるとありがたいです。
私はスマホを持たないため、県外にいるとメールをよめませんので。

|

2015年9月 3日 (木)

けんぽうBOOK、増刷へ

150903_ ママたちとのけんぽうかふぇのあと、金沢ビーンズさんへ。

まあまあ!特等席にBOOKその他の本をおいてくださってました。ありがたし!

8月29日土曜日にすりあがってきた「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」。

みなさまの関心がたかくて、短期間にたくさんのご注文。
ほんとにありがとうございます!

早くも、明日の朝一番で増刷分の印刷にかかることになりました。

|

2015年8月29日 (土)

「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」できあがりました。

150829_ わたしとあなたの・けんぽうBOOK』が出来上がりました。

以前からおはなしの出前で語っていた憲法のこと、あらためて、一冊の本にしよう、と思いたったのは今年の5月、安保法案国会がはじまったときです。
その時点での目標は、わかりやすい憲法の小冊子をつくること、でしたが、国会審議と伴走するうち、どうにもそれだけではすまなくなりました。

これまで70年近く、戦争をしない国、と世界に知られてきた日本の未来と私たちの暮らしを、大きくかえうるとっても重大な分かれ目のこの法案。
それをていねいな説明もなく、主権者である国民の声を聴こうともせず、この国のリーダーとされる人が無理やりおし通そうとしています。それは、憲法に指をふれずに憲法をこわすこと、立憲主義をこわすこと。
その一方、今の状況を自分事ととらえて、民主主義ってなんだと考え、行動する人たちが、日本中で日々あらたに生まれています。国と、そこに暮らすpeopleの想い、双方をなんとか少しでも伝えられたら、と思いました。

そんなわけでこの本は、憲法の専門家ではない一市民の私と、編集に関わった娘との恊働作業による憲法ブックレット、同時に、今という時代のリアルタイムの記録です。
150829__2

目次からいくつか見出しをひろうと―

紅茶の時間/私の依って立つところ/ホウテキアンテイセイ、って?/憲法違反はリトマス試験紙/あなたはほかの誰ともとりかえがきかない/13条のうた/“ふだん”の努力/わたしの12条宣言/誰が書いたの?日本国憲法/改正草案って、どんな案?/緊急事態条項に要注意/アンポホウセイ、どこが9条 違反?/9条を持っているということ/憲法を親友に/平和のものさし/民主主義ってなんだ/みるく世がやゆら、といった感じです。

もしもお手に取って気に入ってくださったときは、どうか周りの方にもお知らせいただけたらうれしいなと思います。 

「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」は、B6版152ページ、600円。 冊子ご希望の方は、どうか私までご連絡くださいませ。
(送料は、2冊まで164円。冊子代金10000円以上のお申し込みにつきましては、送料サービスとさせていただきます)。

sue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

tel:076-288-6092 fax:076-288-6093

石川県では、金沢ビーンズさんでお求めいただけます。

インターネットからのご注文はmai works の WEBSHOP からどうぞ。

*********

イラスト・デザイン・編集担当のmai worksより

2015年の国会がはじまってからというもの、「安保法案」とか「集団的自衛権」という言葉が毎日ニュースに飛びかっています。その中味はというと、、、うーん、文字に書くだけでも難しくてクラクラしそう!

そのクラクラ感のかげに隠れつつもこの国が今戦後もっとも大きなターニングポイントに立っている、と感じた私たち親子は、焦りました。そして、その難しそうな鎧をやわやわとほどき、今何が起ってるの?何が問題なんだっけ?ということを、わかりやすく解いていく本をつくりたいと思いました。  

憲法って何のためにあるの?という「きほんの・き」から、私たちが憲法に親しみを持ったきっかけ、憲法をよく知るための、改正草案とのミニ比較講座まで。

コメントをはさみながら水先案内してくれるキャラクター、ティーとコトリの活躍にも乞うご期待。「憲法」の本は数あれど、硬軟織まぜながら、なかなかユニークなものに仕上がっているのでは、とコッソリ自負しています。
なんとなくモヤモヤするけど、詳しいところはよくわからないんだよね、という方にこそお手にとってもらいたい作品です。

|

2015年8月26日 (水)

わたしとあなたの・けんぽうBOOK

120822_ 毎年、この時期になると律儀に咲き出すスカシユリ。

**********

安保法案国会がはじまると同時に、私が自分に課した宿題。私が日ごろ、おはなしの出前で語っている憲法を、一冊のちいさな本にまとめよう!と。

書きはじめた時は、もっと薄いブックレットになるはずが、国会審議を通して、安保法案の中味が次々あきらかになり、それとともに、民主主義そのものが壊されていってるエライ事態になってきました。

こりゃあもう、憲法の存立危機事態だわ!と確信して、リアルタイムの出来事も書き足していくうちに、あらら、152ページにもなってしまいました。
とはいえB6版なので、もとより、小さい本には違いないんですが。

 目次からいくつか見出しをひろうとーー

紅茶の時間/私の依って立つところ/ホウテキアンテイセイ、って?/憲法違反はリトマス試験紙/あなたはほかの誰ともとりかえがきかない/13条の うた/“ふだん”の努力/わたしの12条宣言/誰が書いたの?日本国憲法/改正草案って、どんな案?/緊急事態条項に要注意/アンポホウセイ、どこが9条 違反?/9条を持っているということ/憲法を親友に/平和のひとかけら/みるく世がやゆら、etc.

ね、ちょっとおもしろそうでしょ?
このブックレット、「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」は、お値段もかわいい600円。

8月29日に刷り上がってきますので、ただ今ご予約いただいている方から、順次、発送をはじめます。 興味をもたれました方、私までご一報くださいまし。sue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

30日は安保法案の廃案を求める県民大集会で、犀川の桜橋河川敷(桜橋下流に向かって右側)に行くので、その時逢えそうな方には手渡しで。
集会は11:00〜12:30、その後、武蔵までデモ行進とのことです。

* 追記:

完成しました!
インターネットからのご注文は mai works の WEBSHOP へどうぞ!

 

|

2015年8月20日 (木)

「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」のおしらせ

Photo_2 「紅茶の時間」から、最新作の本のおしらせ。

戦後70年の夏、私の宿題として、夏中ずっと書いていた「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」が、8月29日に刷り上がってきます。

私が平和を考える時のよりどころはなんといっても憲法ですが、まさに今、その日本国憲法の立ち位置が大きく揺らいでいます。
それもあってなおのこと、私が依って立つところの憲法って何なのか、自民党は憲法をどのようにかえようとしているのか、安保法制って?

そんなことをできるだけわかりやすい言葉で読む人に届けたい、と考えました。
この本は、憲法の専門家ではない一市民の私が、自分の理解できる言葉で紡いでみた、私なりの憲法解釈ブックレットです。

7つの章からなる各章のタイトルは、こんなふう。
1章 社会とつながってる
2章 13条ーーあなたは、ほかの誰ともとりかえがきかない
3章 12条ーー“ふだん”の努力
4章 誰が書いたの?日本国憲法
5章 9条を持っているということ
6章 自民党憲法改正草案って、どんな案?
7章 平和のひとかけら

サイズはこぶりのB6版、152ページ 600円。
もしも手にとってお読みいただけたらとってもうれしいです。
ご予約を頂いた方には、本ができ次第、お届けしますね。
なお、もうしわけありませんが、送料は実費のご負担をお願いいたします。

* 追記:

完成しました!
インターネットからのご注文は mai works の WEBSHOP へどうぞ!

|

2014年12月28日 (日)

『憲法の「空語」を充たすために』

141217_ 「通販生活」2014年秋号の表紙が、すごく気になってた。
「目からウロコ本、第一位はこれだ。通販生活・選」として、内田樹(たつる)さんの、『憲法の「空語」(くうご)を充たすために』という本の紹介が、そのまま表紙になっていたから。

たまたま友人が一冊もっていて、貸してもらって読んだら、ぐんぐん読めて、これがほんとにおもしろい!

神戸女学院大学文学部の名誉教授で、武道家でもある内田さんが、今年の5月、兵庫県憲法会議の集会で講演した内容に、あらたに加筆したのがこの本。
この方独特の思考回路と語り口による、憲法の突っ込み方、切り口が新鮮で、具体的な話し言葉が腑におちて、そうだったのか!ポイントが、あちこちに。

*******

この講演の後援を、神戸市と神戸市教育委員会が拒否した、というところから内田さんの話ははじまってる。
憲法を守らねばならない義務を負う公務員(日本国憲法第99条)が、どうしてこうも簡単に、憲法を大事にしないでいられるのか、憲法を軽んじていられるのか。なによりそのことを、問題と思わない公務員自身やマスコミが問題。いや、もっと大声でおかしいと言わない私たちこそ、問題だと。

いったいどうして日本国憲法はこんなにも軽いのだろう。
「私が最高責任者だ」とか、集団的自衛権の閣議ケッテイとか、アベさんはあきらかにさまざまな憲法違反してる。アベさんにこうも侮られてる憲法って、いったい何だ。

そのキーワードが、憲法のはじまりの言葉、「日本国民」にある、と内田さんは言う。
憲法の制定当時、この憲法を引き受ける生身の主体としての日本国民は、まだ存在していなかった。

だからといって、この憲法には意味がない、と言いたいのではない。今の憲法を70年守り続けて、空文でないものにし続けてきたのはまぎれもない、戦後の日本国民だと内田さんは言う。

******

憲法とは、あるべき国のかたち、方向性をきめるためもの。
だからその時点では、どの国の憲法であれ、まだ「空語」にすぎない。

そのカラの部分を根気強く、充たしていくための、現実のものにしていくための、動機付けが、日本人にはどうして欠けていたのだろう、と内田さんは考える。

それはこの国が、戦争にひどい負け方をしたことと関係があるのではないか。
負けた後に国を再建していくための、足がかりになるような物語を、この国自身はなにも持っていなかった。その意味で、アメリカが憲法制定の主体にならざるをえなかった。でもそれをもって、押しつけ憲法だ、と今の憲法を軽んじていい理由にすり替えていいわけではない。

負けても負けても、勝っていると言い続けたかつての日本と、最悪の原発事故が起きた後のことを何も考えていなかった今の日本と、アベノミクスで世界に経済進出していく、積極的平和主義だと、この道しかない、と言ってる今の政府と、その、変わらない無責任さが、この本を読みながらおそろしいほどに重なっていく。

******

2012年に出た自民党憲法草案は、今の憲法と比べて、きわめて人間的。つくった人の顔も欲望もみえる。その意味では、主体がある、と内田さん。
民主制が嫌いで、独裁的な政治をしたくて、株式会社的な日本をつくってお金儲けしようとしてることが、ありありと読める。

個人の人権をせばめて、13条の基本的人権も、21条の表現の自由も、「公共の福祉に反しない限り」という言葉が、「公益および公の秩序に反しない限り」に書き換えられている。

第2章のタイトルの「戦争放棄」は、「安全保障」にかわり、「自衛隊」は、「国防軍」になっている。

もっと大きな違いは、この憲法を守る義務を負うのが、99条の「天皇、大臣、国会議員、公務員」から、102条の「すべて国民は、この憲法を尊重しなければならない」に変わっていること。つまり、国に私たちがしばられる。私たちの自由や権利が制限されて行くのが、自民党の考える憲法。

この草案で、いちおう主語のふりしている「日本国民」とは、政治をする側が想定した、こうあるべき日本人、のこと。今の憲法の「主権在民」とは全く違う。

そのことがすっきりとわかるこの本「憲法の空語を充たすために」、とりよせました。分厚くないので、すぐに読めます。
憲法改正とむきあうことを視野にいれて、私たちがどう、今の憲法の空語を充たしていけるか、考えるとてもよいテキスト。900円+消費税。紅茶本屋にあります。

|

2014年12月15日 (月)

スイスオルゴールの本withCD

141215_ オルゴールの本、ミントレイノの高田さんにお願いしていたのが届きました。

オルゴール療法の説明もくわしく書かれていて、本の中に、スイスオルゴールの曲が10曲はいった(どれもいい曲ばかり!)CDがついています。

先週の紅茶でご予約された方、どうぞ紅茶にとりにいらしてくださいませ。

多めにお頼みしたので、ご予約なくても、お分けできます。
税込みで、一冊880円、というとってもリーズナブルなうれしいお値段です。

|

2014年12月13日 (土)

小森さんの、2冊の対談集

小森陽一さんの朝の授業から一週間。小森さんからもらった憲法の大切な言葉が、今も私の中をめぐってます。

141204_ 授業の日にならべた2冊の、小森さん対談集「
記憶せよ 抗議せよ そして生き延びよ」と「しかしそれだけではない」(どちらもシネフロント社)は、当日、あっと言う間に完売してしまいました。

ほぼ徹夜して二冊ともよみましたが、これがめっちゃいいご本で。
小森さんが、映画・演劇人と、憲法や9条について縦横無尽に語り合ってるのですが、中学生の時に、「自分は言葉で行こう!」と決心した小森さんならでは、です。一つ一つの作品を深ーくよみこんで、想いを蓄積して、それを言葉で対談相手にぶつけるので、お相手の一人ひとりから、とってもいい言葉が還って来る。

戦争で生き残った自分を、後ろめたく思うきもち、申し訳ないと感じるきもち。そのきもちの向き、というか、方向性が大事なのだ、と語り合う場面があります。
そのきもちにふたをしてとじこめてトラウマにするか、それともそれときちんと向き合うか、だ、と。

この言葉は、3・11の後にも通じる言葉だし、今の状況に対してだって言えること(未来にもうしわけない、といったような)だと思う。

あの日ほしいけど買えなかった、という方もおられて、シネフロントさんからとりよせることにしました。ご希望のかた、知らせてね。

対談集1の「記憶せよ〜」は、井上ひさしさん、黒木和男さん、渡辺えりさん、ジャンユンカーマンさん、井筒和幸さん、高畑勳さん、班忠義さん、山田洋次さんとの対談がおさめられてます。(1800円)

対談集2は、9条の会10周年記念の発行でもあり。
加藤周一さん、井上ひさしさん、いわさきちひろさんたちのことを、語り合っています。対談のお相手は、斉藤とも子さん、桜井均さん、海南友子さん、ヤンヨンヒさん、降旗康男さん。その人生としごと、戦争、ヒバク、在日などなど、(1600円)

|

2014年12月10日 (水)

21美さんに、クリスマスバージョンのほめシャワ。

141208_ 21美ミュージアムショップさんに、「ほめ言葉のシャワー」のクリスマスバージョン封筒つきのを、先日納品してきました。

21美ショップさんに納品分のほめシャワには、この秋から、rescued paper(本来は古紙として捨てられてしまう紙を、救出して使う、という意味)ーー雑誌やカタログなどのきれいなグラビアページで一枚一枚、ミニ封筒を手作りして貼っていますが、今回おさめたのは、それのクリスマスバージョン。
これは、12月25日まで。もちろん、いつもの手作りバージョンも並んでおかれているので、お好きな方を選べます。

******

きのう、東京のmai worksあてに、学芸大付属中学の先生から、ほめシャワのご注文あり。メッセージ欄に、「ベトナムのタオさんからお土産でいただきました」とのこと。

娘は、ベトナムのタオさん、who???となって、一体どうしてベトナムの人がほめシャワを持ってらして、しかもそれをおみやげにしてくださったんだろう、と、私に、はてなの電話。

タオさん!
そう、11月に金沢でひらかれた学校保健学会の懇親会でお会いした、美しいアオヤイ(彼女の住んでいる地域では、アオザイのことを、アオヤイ、と発音する由)のよく似合うすてきな女性、タン・タオさん。フエの学校保健センターのセンター長さん。
タオさんは翌日、私の話(教育講演、というのだそうです)を聴きにきてくださって、それをお隣にすわった筑波大
の安藤さんが通訳してくださり、話の後にひらいた紅茶本やさんで、ほめシャワを何冊もお買い求めくださったのです。

ああ、そのうちの一冊がそんなところに飛んで行ったんだ。タオさん、ありがとう!ほめシャワは、ほんとにしあわせものだねぇ。

|