2017年4月19日 (水)

Kさんのおすそわけ

Photo_2 3月に川越紅茶にお届けに行った時の話を、参加してた紅茶仲間のKさんが、これなかったお友達にメールでこんなふうに。
その文章を私にも読ませてくれました。

うひゃ〜〜〜、すてきだなあ、誰かに伝えたくて書いたことを、こうして私が読ませてもらうことでまたもっと私自身がきづける、めっちゃうれしい。

こうやって感じたこと、発見したことを、言葉にするって、だいじだいじ、自分のものになってく。自分の顔の見える人に伝えて行くときの、言葉の選びかた、それで伝わったとなったら、他の人にもまた少しずつ語っていける。こういうことの一つ一つが、たしかな12条。

そのメール、お許し得てここにも。

*********Kさんの文章です。

〇〇さん、スウさんのお話、とても良かったのでお裾分けします。

水野スウさんは、石川県津幡町で紅茶の時間を始めた方です。川越紅茶のお姉さんですね。

スウさんの基本にしていることは、紅茶を始めた30数年前も今も、「ごくごくちいさなことを大切にすること」です。でも社会の一員である自分だから社会の変化とともに変わってもいく。

自分の歩みの前に父がいた。父は1957年の岸内閣のとき、当時の憲法調査会の委員(日弁連)だった。後になって知ったことだが、自分が憲法配達人をしていることとの縁を感じる。

今になって思えば、紅茶は、憲法の13条とつながっていた。
私は大切、あなたも大切、その大切は行ったり来たり。下を向いている人に、Doに価値があるのでなく、存在そのものBeに価値があると伝えたいと思ってやってきた。紅茶を始めた時はそう思ってなかったけど、後からわかった。「後悟らんも大切」とよく父が言っていた意味も、今改めてわかる。

戦争は「個人」があっては続かない。日ごろ、何もしてない、できてない、と思っても、自分を好きだと思うこと、大切な存在と思うこと、あなたを大切にしたいと思うこと、それも平和を創るひとかけら、PeaceのPieceになっていること。12条の、普段の生活の中で、不断の努力をしていることだ。

こんなことを、憲法、教育勅語、共謀罪のことにも触れながら話してくれました。

高橋源一郎さんの、教育勅語の現代語訳や、「近代天皇論」片山杜秀・集英社新書なども、紹介されました。

Cちゃんが、差別解消法や補助犬法のこともかみ砕いて伝えられたらいいな、おかしいことをおかしいと言える社会にコツコツ変えていきたい、と言ったこと。
そしてQちゃんが、自分は、言葉を持っている人、声の大きい人の声だけを聞いてきたんじゃないか、私なんか…と言う人に、あなたは誰とも取り替えのきかない人だよ、という空気を自分は作ってきたか?聴くことから12条、13条をやっていきたい。と言ったのが心に残りました。

私は、紅茶がなぜ自分にとって心地良いのか、それは目的ありきでなく、ひとりひとりのその人らしさを出せたから、そしてみんなのらしさが混ざってできている場だからなんだと、思いを新たにしました。こんな場がたくさんあったらと思います。

*******Kさん、書いてくれてあんやとね。

|

2017年4月 3日 (月)

教育勅語を教材に?

教育勅語を、道徳の教材としてつかうことまで否定するものではない、と、閣議決定した内閣の答弁書。
親孝行とか兄弟仲良くとか、いいこともいってるではないか、と菅官房長官が答えていた。

いやいや、そういうことなら、教育勅語をつかわなくても教えられるでしょ。
木じゃなくて、森をみなくちゃ。
教育勅語のいちばんの本質は、いったんことあらばすすんでその身を天皇の為に捧げよ、です。

日清戦争の年に生まれた父。その4年前に明治憲法と教育勅語がだされている。
だからこそ、20歳の徴兵検査で丙となり、兵役免除を非常に屈辱的に感じた父がいたのです。

明治政府のここんとこの英訳がすごくわかりやすい。
should emergency arise, offer yourselves courageously to the State;
(緊急の一大事が起きた時は、勇気をもって、あなた自身の身をこの国に差しだすべし)

ここを隠して、親孝行のとこだけ示すのは、ずるいやりかたです。

そして、これは、教育勅語による教育をよし、とする人たちが、今現在、いっぱいいることのあらわれです。
だからこそ、その人たちが応援して、森友学園があそこまでいけた。
豊中市議さんが追求しなかったら、もうあの小学校は開校していた。

政府が閣議決定することで、だんだんこれに慣らされて行くのが恐ろしい。
道徳の教科で子どものこころに点数をつけ、学校で銃剣の使い方を教えようとする、これからの教育。

「美しい日本の憲法」というDVDの一部を見た時、あきらかにそれは、明治憲法の精神を取り戻そう、といってるのだと感じました。
今、この国は、そこへ向かおうとしているのですか。

今、幼いお孫さんをもっているおじいちゃん、おばあちゃん。これは、お孫さん達の未来に関わることだと思います。

|

2017年4月 2日 (日)

くわずぎらいさん

110427_ 私ね、憲法の喰わず嫌いさんが、いっぱ〜〜いいると思ってるの。
遠い、固い、むずかしい、とっつきにくい、かびくさい、自分にわかりっこない、よく知らないからはずかしい。

などなどにくわえて、「憲法」とか「9条」とか「政治」とかにトラウマあるひともいるんだろうな、って思う。
70年安保の時代のおおきなトラウマ抱えてるひとや、
もっと日常的なこと、どこかの集まりに行った時に、なんだ、そんなことも知らんのか〜〜!と、ばかにされた体験、とかによるトラウマ。

たとえば、8月15日とか、12月8日がなんの日か知らない、とか、
あんぽほうせい、しゅうだんてきじえいけん、わからない、とかいったとたんに、相手から呆れ顔でそう言われたらやだろうなあ、
もう二度とそこに行きたくなくなっちゃうだろうなあ、って思う。

実はね、もう10数年も前のことだけど、とっても有名な平和の音楽家の名前、いわれてとっさに誰だか思い出せなかったの。
そしたら、彼の名前だしたおじいさんが即、私を軽蔑した目で、なんだ!あんたそんなことも知らんのか〜〜!って。
紅茶の時間でのその一場面は、実はとても貴重な経験だったって、ずっとあとになって思ったんだ。

知らないことははずかしいことじゃない。知ったとこから、はじまるものがきっとあるよ。

私ね、あなたと平(たいら)に話したいんです、憲法の今日(いま)あした、のこと。
平和の話をしたいんだもの、たいらな関係でさ、対面してさ、対等にさ、お話する。

あなたの話を聴く、わたしのも聴いてもらう、きもちと言葉がいったりきたり。
それが、対話。たいらな話。たいわ。そこに、平和の芽がある、って思っています。

|

2017年3月28日 (火)

かくぎけっていって何?

なんでもかんでも次々閣議決定するもんだから、三権分立で一番強いちからをもつのはどこ?と質問した時、「よくわからないけど、、、内閣?」って言った人のきもち、すんごくわかる!

そう、国会をとびこえて、内閣ですべてを決めてる今の政権。
集団的自衛権の行使OKも、防衛装備移転三原則も、化学兵器、生物兵器、核兵器の使用は憲法に違反しない、などなどなど。

これじゃ国会がいらなくなっちゃうよ。

それにしても、こんなことまで?!答弁書を閣議決定?
知らなかったなあ。

森友学園のこと、首相がめざしているあたらしい国づくりの、教育をになう部分で、こういう小学校ができることは願ったり叶ったり。そのために、日本会議のお仲間たちがみんなで応援した結果がこれ、と思ってます。

*******

奥田愛基くんが、ツイッターで。
   ↓
もはや閣議決定って何!?って感じに…。
『「森友学園」への国有地払い下げなどを巡り、財務省、国土交通省、文部科学省に対する政治家からの不当な働き掛けは「一切なかった」と否定する答弁書も閣議決定した』

|

2017年3月21日 (火)

2017 ピースウォーク

3月20日のピースウォーク。お天気良くてうれしかった。
自分たちの、平和への想いと、知恵と時間をもちよって、それぞれのできることでかかわって、みんなでこの日を迎えました。

「ごはんとミサイル」のオリジナルソングにはじまり、カタンナさんのアフリカンダンス、この日はじめて会う人と自己紹介しあう出会いのワーク、これまでのゲストからのメッセージよみあげ、一分間スピーチなどなど。

173

私は、フェイスペントもしてもらい、何種類もの缶バッチの中から「ごはんとミサイル」バージョンをえらび(カンパした人にあたります)、PEACEWALKのプラカを持ち、さあ、出発!

173_2

この日は、若い人たちの参加がおおかったです、子どもたちがたっくさん!!こんなにいっぱいちいさな人たちのいるウォークってきっとめずらしいよ。かわいいこの子たちの未来思いながら、歩いたよ。

道ゆく人たちの中に外国の人もいっぱい。
英文チラシがあってよかった!英語のプラカつくっといてよかった!

we are PEACEWALK Kanazawa!といってちらしを渡せました。
インド、スイス、フランス、イタリア、イギリス、そしてラスベガスからの人たちに。みなさん、とても興味深く、ピースウォークの英文を読んでくださってたよ。

歩き終わった後は、ピース割りのお店のはしご。いく先々でさっき一緒にあるいたピースウォーカーたちとまた出会う。
この日は、ヒッコリーさんでの焼き飯ランチにはじまり、ミュゼさん、コジさん、もっきりやさん、ナッティワンさん、と5つもピース割りハシゴ、しました!!

奥田アキくんからのメッセージのなかの言葉。
「おかしいことをおかしいということはちっともおかしなことじゃない」は、13条のうたのかえうたの12条の歌詞とぴったり重なります。

♪おかしいことにおかしい、と声をあげること
不断の努力 日々普段から 重ねてく12条

|

2017年3月16日 (木)

林田光弘くん@金沢

3月初めに、市民の平和サークルむぎわらぼうしのゲストとして、金沢にきてお話してくれた林田光弘くん。

もとシールズのメンバー、今は、核兵器廃絶にむけての「ヒバクシャ国際署名」の、若きキャンペーンリーダー。
この国際署名というのは、広島や長崎で被曝した人たち自身がはじめて呼びかけ人となってはじめた、署名活動のこと。集まった署名は国連に届けられます。

http://hibakusha-appeal.net/about-us.html

林田くんは、1992年、長崎の浦上生まれで、自身、被爆3世でもあります。

長崎の「高校生一万人署名活動」に中学生の時から参加。学校と家しか居場所のない時期に、この場のおかげで「社会がふえた」。原爆のこと、被爆者のこと、日常的に考えるのが当たり前だった、っていう。

でもそれがちっとも当たり前じゃないこと、修学旅行にきた他県の高校生たちと交流していく中で、知っていく。あ、みんな、原爆のことよく知らないんだな、と。
(元シールズ、沖縄生まれの元山くんが、金沢でお話した時もこれに似たこと言ってた。基地があるのが当たり前と思っていたけど、大学進学で沖縄をはなれてはじめて、基地のない暮らしがあること知った、と)

林田くんには、これまで出逢ったシールズの若者たちとも共通してる、すてきなとこたくさん。

自分の言葉を持ってること、まわりの人たちへの感謝と尊敬、何より、ひととしてきもちのいいこと。
林田くんの話の中に、そうそう!!って膝打ちたくなる言葉がいっぱいあって、話聞きながらとてもうれしかった。
あ〜、こんなに生きてきた時間も時代も違うのに、とても似た感覚。大事にしたいことが共通してる。
それにくわえて林田くんの話のたとえが、実にわかりやすい。人にどう伝えるかってこと、いつもいつも考えてるのがよくわかる。

たとえばーー。

「僕らが思ってる社会運動のイメージは①俺はなんでも知っているんだ、と上から目線の偉そうな感じ②なんだ、そんなことも知らんのか〜〜!って叱られそうな感じ③こぶしふりあげてる感じ④ヘルメットかぶって、闘うぞ〜!って感じ」

あ〜〜、わかる!わかる!この4つを絵でみせてくれたからいっそうピンときました。
「思ってることそのまま言っちゃだめ、ぐっとこらえて、いかに人に伝えるか、社会にメッセージを発信するにはどうしたら、って考える」

シールズの活動で、憲法や法律についていろんな本や資料を、図書館でまだ誰にも借りられたたことのない本も読んだ。
「そんな時、あ、ぼく今、この人の残してくれた言葉で、この人と対話してる、って感じた。誰からもほめられずに、一つのことをし続けてきた人を尊敬する」

「活動の中で大切なこと。個人、あなた、を認める場であること。一人一人が物語をもっている、違うバックグランドがある。リーダーはそのことをきちんと認識してることが大事」

「被爆者にも一人一人の個別の物語がある。ヒバクシャの話聞いたことある、だから知ってる、とはならない。それは、一人の高校生の話を聞いて、高校生のことわかったっていえるはずないのと同じですよね」

「鎌仲監督の「ちいさき声のカノン」を見て、自主避難してる人たちのきもちを知らなかった、っていうことがとてもわかった。核の被害ゆえの語りがたさも感じた」

「ぼくらが生きる社会は、誰かが決めてる。その誰かは、僕らが決めてる」

******

林田くん、若いあなたにいっぱい教わったよ。金沢にきてくれてありがとうね。
林田くんのこと、もっと早くに書きたかったけどなんやかやで今になっちゃった。彼の言葉、とても書きたかったのでした。


|

南スーダン自衛隊派遣のさしとめ裁判

マガジン9条より。http://www.magazine9.jp/article/taidan/32569/
長いけど、ぜひよんでください。
以下は、抜粋です。

*******

2016年9月に成立した安全保障関連法(安保法)の改正PKO協力法によって、「駆けつけ警護」や「宿営地の共同防護」などの新たな任務を政府から付与された自衛隊が、南スーダンに派遣されました。これに対し、同年11月に現職自衛隊員の母親が原告となり、全国初の自衛隊・南スーダンPKO派遣差止訴訟を起こしました。

自衛隊員である息子さんのいる千歳の部隊が南スーダンに派遣。お母さんは息子さんとの縁を切り、平和子、という仮名で、大勢の人の前で発言し、そしてこの訴訟の原告に。
弁護団長である佐藤弁護士さんと平さんのお話、聞き手は川口弁護士さん。

佐藤弁護士
駆けつけ警護というのは軍事用語でいう「奪還作戦」又は「救出作戦」といわれるものです。それから宿営地の共同防護というのは、「陣地防衛」です。陣地をしっかり確保することなしに戦争は成り立たない。いずれも、軍事活動の中核をなすものです。そういうことをPKO派遣される自衛隊の任務に付け加えたのが、一昨年の安保法制です。この中身を問い、暴くのが今回の裁判だと考えています。平さんのような、自衛隊員やその家族の「平和的生存権」の観点から、これを差止めたい。

自衛隊員には今度の安保法制で「賭命義務」が課されることになりました。「自らの命を賭けて相手を殺せ」、「死んで国を守れ」ということです。この義務は、誰に命ずる権利があるのかというと、具体的には政府ですが、結局は国、つまり私たち主権者国民が自衛隊員に対して、国を守るために命を賭けて戦えと命ずることになるんです。そうやって命ぜられた家族にとっては、どういうことなのか。

 平さんの裁判は、名古屋高裁で認められた平和的生存権の具体的権利性をさらに深めるものです。自衛隊員は、兵士である前に一市民であり、私たちと同じ平和的生存権を共有する者です。従って、同じ憲法13条と9条の下にある私たちは、自衛隊員や家族にそれを強いていいのかという主権者の責任が問われるわけです。自衛隊員は有無を言わず命令に従わなければいけません、勝手に辞めることもできません。だったら主権者が代弁して、自衛隊員や家族を守らなければいけないし、それが結局は主権者自身にとって平和な社会で生きるということの意味だと思うんです。

平和子さん
日本の自衛隊員は、救命や応急処置教育もほとんどされない状態で、小さな救命用品を一個持たされて、日本語も通じない紛争地にほとんど丸腰状態で放り出されるんです。それを知った時に、任務だから、お金が出るからと言いくるめられて行かされる自衛隊員の一人ひとりがうちの息子の姿と重なって、不憫で仕方がない思いでいっぱいになりました。
 それだけではなく、命令されて任務で行ってるのに、もしも現地の人を撃ち殺してしまったら、日本に戻ってきたときに隊員個人に刑事罰が下される可能性があるという理不尽さも知りました。よく考えてみれば、何かあったときの保障にしても、全部私たちが払った税金ですよね。だから、決めた方々は、決めるだけ決めて何も痛みを味わわない。自衛隊員は、一般の方々から見ると身近な存在じゃないのかもしれませんが、国民から集めたお金が使われることからしても、広く日本人全員が考えなければいけない問題だと思います。

|

2017年3月15日 (水)

教育勅語の英訳 

3、4年前だったか、出前紅茶先のおうちで、私をよんでくれたお母さんとその友だちと、それに前から知ってる若い人と、4人で食事していた時のできごと。
その若い人、とても純粋でまっすぐ、いっしょけんめいさが顔にも出てる女の子です。
その彼女がなんの話からだったかいきなり、「この前、教育勅語っていうのはじめて読んだんですけど、あれ、いいですよね〜!」と。

私たち大人3人とも、一瞬「ん?」ってなった。
「だって、親孝行とか、兄弟仲良くとか、友達に誠実で、とか、あんないいこと書いてあるって知らなかった」というので、
「そうだね、私も詳しく最後まで覚えてないから、パソコンで今見れるんなら見てみようか」と、その場でネットで検索してみました。
原文も現代語訳文も、すぐに探せた。

そしてこの一文、「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ」のところ、「非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません、と訳されてるけど、これって、国家一大事の場合は、自分のいのちを投げ出して天皇と国を守りなさい、って意味だったんだよ」というと、彼女はものすごくびっくりして、「え〜!?最後まで読んでなかった。はじめのとこだけ読んでいい、って思っちゃうのって、ちょっと違ってたよね」と。

******

森友の籠池さんや稲田防衛相が、教育勅語のどこが悪い、というのを聞きながら、この数年前の会話を思い出してた。

原文は難しくてそのまま読むと確かに意味わかりにくいです。
時の明治政府が公式に英文にしてるよ、と教えてくれた人がいて、見たら、これ、すごくわかりやすい。

「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ」は、
should emergency arise, offer yourselves courageously to the State;

ことあらば、勇気をもって、その身を国にささげよ、って言ってる。
あなた自身をオファーせよ。それを国民に(当時は、臣民、でした)に、教育勅語を通して、求めてたんだね。

|

2017年3月14日 (火)

ピースウォーク、当日用のプラカードこんなにつくった。

3月20日のピースウォークの日、外国からの観光客さんもきっと街にいっぱい。
そうおもって、A3の英語版看板つくったぞよ。

173_2
We're PEACEWALK Kanazawa
since 2001
We walk for PEACE
Join us!

|

ピース割りのお店のご紹介続き

173 17年目になるピースウォーク金沢、今年は3月20日。平和を願って街なかを歩きます。
3月20日(月・祝)13:20 四高光記念公園集合。
集会の後、14:30ウォークスタート、広坂→香林坊→タテマチ広場まで歩きます。
ピースウォーク恒例となった、当日限りのピース割のこと、ご存知ですか。
私たちの平和への願いに賛同してくださったいくつものお店が、ご協力くださいます。
みんなで街を歩いた後、その日お渡しするピース割マップを手に、ご協力店でちょっとお得なひと休み、お茶したり、お食事したり、お買い物したり。
これから少しずつ、ピース割ご協力店とピース割のメニューをご紹介していきます。
竪町、柿木畠あたりにお出かけの折り、そんなお店も事前にいくつか、どうぞのぞいてみてくださいね。

「あんこ&おやつ Coji(コジ)」さん
金沢市柿木畠3-3
電話 090-9761-8342
柿木畠商店街ホームページ | あんこ&おやつCoji(コジ)
www.kakinokibatake.com/shop_detail.php?id=64&cat2=7
あんこ&おやつのCoji(コジ)さん、ちいさな布の看板が風に揺れてるかわいいお店です。
お店の一番人気は、ちいさめのどら焼きにあんこがいっぱい!ぎゅうっとつまってるコジどら。
プリンもシフォンもクッキーもどれもおいしくて、ショーケース見ながら目移りしちゃうお店です。
ピースウォークの日のピース割は、コジどら一個につき、宇治茶飴をプレゼント。つまり、コジどら10個かうと飴ちゃんも10個ついてきます。ただし、数にかぎりがありますけどね。
ちなみにお店の名前の「Coji」は、店主さんとこの愛犬の名前なんですって。

「カフェ&ギャラリー ミュゼ」さん。 
金沢市柿木畠3-1
電話 076-263-1187
コジさんから21世紀美術館方向にあるいて2秒、甘味どころつぼみさんの手前の階段をあがると、カフェギャラリーのミュゼさん。
店内の半分はギャラリースペース、美大生さんの作品展や、いろんなジャンルのアーティストたちの作品展がいつも楽しみなお店。窓からの眺めもいいし、店主さんもおだやかな笑顔で迎えてくれて、ほっとするお店。サイフォンでいれるコーヒーもおいしいです。
ピース割には初参加。飲みもの食べもの全メニュー100円引きで出してくださいます。

「FULL OF BEANS」さん
金沢市里見町41-1
電話 076-222-3315
www.fullofbeans.jp
柿木畠商店街から竪町商店街にむかう道の途中にある、FULL OF BEANSさん。靴をぬいで、隠れ家のおうちにあがりこむような感じ、心おちつくカフェ。
ピースウォークの日には、ピースウォークの日限定のデザートプレートを750円でだしてくださいます。ただし、このデザートは15:00〜17:30までの間だけですよ。長居をしたら、そのまま夜ご飯をここで、というのもいいですね。新鮮な野菜料理やオリジナルメニューも豊富なお店です。

|

より以前の記事一覧