2018年9月25日 (火)

豚さんとみつめあいながら朝ごはん

帯広でお泊まりしたのがふくいホテル。駅にちかくて、そんなにでっかくなくて、いい温泉があって(朝風呂きもちよかった〜!)、何より、朝ごはんが超豪華。
メニューは4種類。ミート系のがっつり、おかずいっぱいの和定食、中華朝粥はおおきなボウルのたっぷりおかゆに8種類の薬味、さっぱり系はフルーツとパン。それにくわえて、サラダ、ヨーグルト、卵、納豆、ミニデザート、ジュースとコーヒーお茶は好きなだけおかわりどうぞ。人気があるの、わかる気がする。

このレストランは「パイプレーン」。名前の由来は複葉機、古い飛行機のこと。二日目の朝は混んでいたこともあって、私ははじっこのカウンター席で、フルーツの朝ごはん。十勝産ヨーグルトに、いろいろナッツいっぱいとシリアル。十勝音更産の、遺伝子組み換えでない、おとぷけ納豆。もちろん十勝の牛乳。それにコクのあるプリン。

189_9 カウンター席の私の目の前にデン!と立つ豚さんの存在感、半端ない。この面構え、シャツの襟をたて、リボンネクタイをしめ、ジャケットきて、その上からエプロンしめて。エプロンの紐には、干し草をとる道具?がぶら下がってる。なんと誇り高き開拓者よ。

帯広にいったら、ぜひこの豚さんにあっていってください。朝ごはんは、お泊まり客でなくても。1080円。高くないです。

みなさんの帯広ラブが感染したらしくて、帯広が大好きに。真鍋庭園もすてき。畑ガイドさんといっしょに、畑体験する「いただきますカンパニー」というのもできたそうな。六花亭があるのも帯広。189_11 189_10
真冬には零下20度以下にもなるというこの地で生きる、ハートウオーミングな人たち。出逢えて、ほんとによかったです。

この帯広の市街地、学校も保育園もたくさんある地域の上空をオスプレイの飛ぶ計画があるという。沖縄の空にも帯広の空にも、とんでほしくありません。

|

母親大会にて

第40回の帯広・十勝母親大会。実行委の方々とは一度もお会いしたこともないのに、よくぞ大胆にも、私のことよんでくださいました。
9月6日の地震のあとだけに、日々の日常が奇跡みたいだと、なお実感する。行きますね、と約束して、その日に行けて、みなさんと相見えること自体、ほぼ奇跡です。

けんぽうの、サクラ本とメロン本の間の3年間に私があらたに知ったこと、聴き手の方達から教わったことを、心こめて、平らに語る。この日会場にみえた100人ほどの方達と憲法との、エアー距離感はかなり近い!そのせいもあってか、話すこと一つ一つ伝わってる感がひしひし。みなさん、大きな声で笑ったり、時に涙したり、とても反応が熱くて話しやすかったです。

どんな人も身の丈に認めてもらいたいと願って生きていること、赤ちゃんだって赤ちゃんの身の丈で、それを願ってる。
娘による13条の発見の深い意味。13条を自分のものにすることこそ、12条する、のはじめの一歩。そして12条する、がかならずしも抵抗だけを意味していないと今の私は思ってること。憲法との距離が近くなることだけでも、憲法を守る義務があるのは安倍さんたち権力の側だと知るだけでもいい。それだって12条する、の一つです。

9条に自衛隊を書き込む案のからくりとマジックは、ほんとにみなさんにがつんと知っていただきたいこと。「そのままマジック」「後ろ前」「お墨付き」、もひとつ「ありがとうと引き換えに」。この4つのキーワードを耳で聞いて、それからメロン本を読むともっとわかりやすいかと(今これだけ読んでなんのこっちゃの方、ごめんなさいね、メロン本読んでね)。知ったことを自分のなかだけでとめておかずに、どうぞ周りの方に伝えてね、それもあなたのできる12条。

むずかしい話がつづいた後は、肩甲骨伸ばしの体操を少々。
この日はほめ言葉のシャワーのワークのリクエストもいただいていたので、ショートバージョンのを。自分が言われてうれしかった言葉を思い出して書いてもらって、読んでほしい方の分だけ、4人でリレーしながら読んでいきました。短い時間だったけど、言葉のカードは次々ふえて、読みながら私が泣いちゃういい言葉もあって、会場があったかい空気でいっぱいになる。この作業もね、何気ないけど13条を自分のものにする一歩でもあるんだよ。読み手になってくれたのは、しうこさん、ともみさん、みかさん。

189_7
読み終わって時計をみたら、まだ8分ある!幸い、山本先生のCDプレイヤーをお借りしてあったので、13条のうたのかえうたバージョンを生で聴いていただくことができました。

最前列で聞いててくれたマリコさんともみさん山本先生には、絵本持ちがかり、マイク持ちがかり、CDがかり、といろいろご協力いただきました。サインタイムの時には小学5年生の女の子が話を聞いて、歌を聞いて、13条のうたのCDを買ってくれたよ。うれしかったな。5年生にも届いたかな、けんぽうのハート。

189_8 実行委員の方々、午前の分科会、おかあさん食堂のカレーランチ、そして午後の全体会と、何から何まで、本当にありがとうございました。

|

帯広でママたちと

21日夜は帯広のマリコさんちに、帯広周辺のママたちがもちより夕ご飯であつまって、ウエルカムパーティをしてくれました。
マリコさんちの前の道路に、ちいさいひとたちが描いてくれた歓迎の言葉にまず感激。スウさんようこそ ひまわりかふぇに、って。

189_5

思えば、マリコさんが一冊のサクラ本(前作のけんぽうBOOK)を憲法寺子屋第一回の会場に持っていってくれたことが、帯広で蒔かれた最初のけんぽうBOOKのタネ。
その後、寺子屋のともみさんが50冊も注文してくれて、さらに種まき。それがどういう経緯でか、母親大会の実行委さんの手にもわたり。

実行委員会で今年は誰を?の時に、私の名前をあげてくださった方もいたそうだけど(「不思議なクニの憲法」の映画や「未来への伝言」の本などから)、その時点では、スウ、who?(当たり前ね笑)。その後、寺子屋ともみさんから入手したサクラ本の12条するの章を、実行委さんたちが読みあってくださって、この企画が正式に動き出したらしいよ。
実行委の一人で市議さんしてる、もうひとりのともみさんがそうお話してくれました。ちなみに若いママたちは今回こうなるまで母親大会の存在も知らなかったんだって。個人のできること、組織のできること。互いのリスペクトが大事、そこがきもちよい。

テーブルいっぱいのごちそう、食材はどれも十勝や帯広産。野菜の味が濃くておいしい!みなさん、十勝ラブにあふれてるのを感じる。
ご飯のあとは、憲法ビンゴやマリコさんの読みがたり「いわたくんちのおばあちゃん」。広島で被爆したおばあちゃんが、一生涯、写真にとられるのをいやがるわけの物語でした、実話だそうです。そのあとは、ギター弾きながらおふたりが自然に歌ってくれて。豊かなひとときでした。

若いママたちが、北の国で子育てしながら憲法に関心を持ち、自分たちのことだと知って、憲法の種まきを身の丈で。
広島の絵本のよみがたりも、憲法寺子屋も、それぞれのできるところで、12条してる。そもそも日々の子育て自体が、長いスパンの12条すること。自分を大切にできる子に育つよう、ほんとの意味で平和を愛する子に育つよう、そして何より、何ができるできないの前に、おとなのあなたも、自分のことを自分で認めること、自分のいのちは国にとってつごうのいい、とりかえのきくパーツなんかじゃないんだよ、と自覚すること。(というような話を、翌日の母親大会でもしました)。

|

帯広、十勝へ

21日、さまざまな服装計画(インナーや腹巻きや小さい上着、秋の長いコート、手首ウォーマー、スカーフなどなど)を身につけて、東京駅経由で羽田から十勝帯広空港へ。

飛行機から見た十勝の大地。さまざまな色のグリーンと、刈り取りが終わり、次の作物をスタンバイしてる畑の茶色、双方がおりなす広大な大地のパッチワークに見惚れる。それも150年ほど前から、この地の人たちが開拓してきたんだね。
手荷物を棚にあげてくれた人はテキサスで農業と酪農してるそうで、これが彼の初来日。帯広の農と酪を知るための来日なのですと。

帯広で迎えてくださる方達とあってはじめて知ったこと。十勝の食料自給率は、1100%!北海道全体なら200%くらいという数字もすごいけど、十勝の数字にたまげる。こんなに強いことってない。

空港から帯広の街まで30分あまり。母親大会実行委員のともみさんが十勝でとれるものを教えてくれた。小麦、大豆、小豆、ビート、とうきび、じゃがいも。そうか、金沢の中田のきんつば、あんはたしか、十勝の小豆だったぞ!とうきびとよぶとうもろこしのお茶があまくておいしい。

今回、帯広にいくきっかけをつくってくれたママの一人、マリコさんちで持ち寄りのウエルカムパーティ。
おうちに行く前に、真鍋庭園を散歩。樹木生産者の真鍋さんが個人でつくった25000坪の、樹木と花のモデルガーデン。駐車場に行く前の道を、おっと、ちっこいリスさんが横切ったよ。

189

北陸ではみることのない、いろんな針葉樹、いろとりどりに囲まれて歩く時間はくらくらしそうにしあわせ。いいとこに連れてってもらいました。
189_2 緑のアーチ、甘い香りの花はスイカズラ。白いでっかい紫陽花の名前はインクレディブルボール。帯広駅から移してきたというリスの教会。ここで結婚式あげるのもすてきだねえ。189_4

|

2018年9月11日 (火)

くりくり30@豊田

10日は、とよたくりくり30さん主催のおはなし会。正式には、生活クラブ豊田がたちあがって30周年記念の会。

会員を100人集めたら、豊田まで配送のトラックがきてくれる。そこからスタートした豊田の生活クラブさん。いいものをみんなで買うことで/よくないものをみんなで買わないことで、社会をかえていこう、少しでもいい社会をつくっていこう、というポリシーからスタート。そんな会によんでいただいたことのありがたさ。この日配られた資料の一枚には、去年の秋、紅茶に取材にきてくれた丸橋さんの書いた記事が、生活クラブの機関紙にのったページもコピーされてました。

30歳のお祝いの日でもあるので、単なる講演会にしたくないと、くりくり30さんたちの想いがいっぱいつたわってくる会でした。おはなし会のタイトルは、「ひとりひとりが大切にされる社会が、いいね、したいね、しようよ!」。長い!っけど、大事なコンセプト。私の願ってることもそのことだから。

189_2
豊田センターのお部屋で、10時から2時までの長丁場。午前は2時間半をつかって、前半で紅茶の時間のこと、どんなひとも身の丈に、の話、ほめしゃわから13条の発見。そして12条、9条改憲案のこと。休憩時間は、どらやきかシュークリームのお菓子つきティータイム。午前の後半は、ほめ言葉のシャワーのワークショップ。自分への贈りもの言葉のリレー、80人分!これがまた、とおってもいい時間になりました。これだけの時間幅があって、これができたと思います。いきなりのワークでは、とてもこれだけの想いの言葉はでてこない。

ランチは特製オムライスにサラダ添え。これだけの人数のランチを用意するのに、スタッフさんたちはみなさん、どれだけがんばられたことか。ランチにはあさひこ幼稚園の元園長先生もかけつけてくださった。こどもたちに自分をだいすきになってもらいたい、っていう13条の理念をもって幼稚園してこられた方です(BOOK+にも登場してくださってる)。

ランチのあと、一時間たっぷりつかって、みなさんとのふりかえりシェアリングタイム。お隣の厨房で話はほとんど聞く間のなかったスタッフさんたちにも、この時間で少しはこの日の話のエッセンスと空気はかんじていただけたかな。

この日は一参加者として参加してた娘も、ほめしゃわリレーの時のしあわせな空気感をいっぱい感じて、すんごくうれしそうでした。大仕事を親子でやりおえたばかりなので、余計にその幸せ感をただただあじわうことがうれしかったのだろうなあ。ましてや、石川からと東京からと、持ち運んだメロン本がみごとに完売するのを見れたことも。おかげで帰りの荷物の軽いこと!

去年1月、ちんちゃん亭のけいちんやお仲間のママたちが主催しての豊田でのおはなし会があり、それに参加してたかたがくりくり30のお一人で今回の主催者、というふうに、つながっていくのがありがたいこと。この日は、はじめて会う方がほとんどでしたが、去年も聞いてくださった方にしたら、はじめて聞く私の声でしたよね。去年は風邪ひいて声が全く出なくて、一時間半、マイクにささやきつづけたんだったものね。

豊田に持っていったはじめての音は、私の声。はじめてのものは、できたてけんぽうBOOK+。はじめての人は、私の娘、でした。
くりくり30さん、ほんとにほんとにありがとうございました。

|

2018年8月 5日 (日)

調布の公民館で

昨夜、ただいま。
昨日のお昼はクッキングハウスでメンバーさん達とランチ。そこから、調布の住宅街にある西部公民館平和フェスティバルへ。

フェスティバルの前に、地元中学校ボランティアダンス部の生徒さんが、個別のハンドケア。公民館にさんさんごご集まってくるかたたちに、一人一人向き合ってのハンドケア、中学生とシニアさんとの、文字通りふれあいタイム。私の手も、かわいい中一さんにやさしくケアしてもらって、ほっこりしました。

176
第一部、ハンドケアしてくれた彼女たちによる、めっちゃ元気いいよさこいソーラン。
第二部、私の話「小さな語りの場・紅茶の時間から大きな平和への願いをこめて」
第三部は、プロの音楽家たちによる管弦楽生演奏。

調布出身、ベルリン在住の、バイオリニストさんと美しい3人の娘さん、ドイツとフランスからのアーティストも入って、モーツアルト、バッハ、サンサーンスをまじかに聴く、なんとぜいたくなミニコンサート。
バイオリニストさんのお母様が公民館で大正琴の講師されてるご縁で、毎夏ベルリンからの里帰りにあわせて、娘さんとお孫さんたちに平和フェスティバルでの演奏をおねがいしてるそう。
公民館の川上さんは、ひとつなげの名人だ!

ダンスしてくれた中学生、公民館の子育てサークルのママたち、ミドル、シニアの方、といろんな年齢層のかたが、決して広いとはいえない公民館のフロアをいっぱい!にうめて、3部構成の平和フェティバルの時間を共有する。
公民館主催で、平和と名のつく、こういう活動がつづいている、って今まさに大事なこと。平和フェスティバル、ずいぶん長く続いてるそうだけど、この公民館の年齢は紅茶と同い年の35歳でした!

そんな場によんでいただけてすっごくうれしかった。クッキングハウスで何度も私の話をきいてくれた、公民館職員の川上さんが、私の語り口で平和の話をこのフェスティバルでぜひ!と企画してくださったのでした。

|

2018年7月 7日 (土)

教会におとどけ

長町教会で2度目のけんぽうカフェ。去年と全く同じ日、同じ時間に、というのも、偶然かもしれないけどふしぎ〜〜。

177

去年の方も聞いてくださってたので、今年は入手したばかりの、はんどうさんの紙芝居「檻の中のライオン」にも一部出演してもらいました。集団的自衛権はね、檻の外にあるものなのに、ライオンが檻からでちゃって、それを手にしたんだよ、と説明しながら。

中国からの留学生さんも参加してくれてた。彼女はキリスト教婦人矯風会について、女性の活動の歴史、として研究中なのだそうです。(矯風会は130年の歴史をもつ女性たちの会。平塚らいてうさんもおられた)
このけんぽうかふぇも、その矯風会北陸支部の主催、ということでききにきてくれたらしい。9条だけじゃない憲法、を知るのはきっとはじめただったろうな。13条にとても関心しめしてくれました。
ライオンが9条をかえたがっている話を彼女のまえですることは、いつも以上に苦しかったよ。あなたの国にかつてひどいことをした日本だものね、、と。

最後は、笠木透さんの「君は君の主人公」を歌って、替え歌バージョンもつけくわえ。考えてみたら、この歌自身、13条の歌でもあるなあ。
君のやさしは、君の悲しさは、君のものだから、とりかこむ世界にゆだねてはいけない、と歌った後で、

♫わたしたちのけんぽうは、わたしたちのものだから
 檻から出たライオンに ゆだねてはいけない
 平和をあしたに つなげるために
 未来に平和を 手わたすために

平和をあしたに〜からのリフレインは、みなさんとも一緒にうたいました。

この日は、実際に戦争を体験してるかた、全体主義の時代を生きぬいた方も参加しておられて、ひとことふりかえりの時はその話も。牧師さんだったおじさんは治安維持法でとらえられたと。

あきこさん聞きにきてくれてありがと。いっぱいうなづきながら聞いてくれてたので、心丈夫でした。



|

2018年5月 7日 (月)

連休明け

連休明け。みなさんはどんなおやすみdaysをおすごしでしたか。

私の連休前半は、東京の母校でお話させてもらったり、コスタリカの映画と監督トークに行けたり、おまけに映画みてるとこが親子でちょびっとサンデーモーニングにうつったり、国民投票に詳しい南部さんのお話を少人数で聞けたり、と短くも濃い日々を過ごし、戻ってからの連休後半は、3日の浜矩子さん講演会以外はずっと家にこもって書き物days.私が家にいっぱなしなので、まあさんはその分、金沢の音楽祭でモーツアルト三昧。お互いにいい連休でした。

今日は小さい子とお母さんをサポートする方達の研修会で、just1時間のお話。
特別な支援じゃなくても、まっすぐに聴かるれこと、受けとめられることだけでもずいぶん楽になるよ。
多くのママたちが、CHANTOの呪縛に縛られてるから余計に、doじゃなくてbeで見てあげてほしいこと。
誰もが身の丈に認めてほしいと願っているのは、サポートする側の一人一人も同じこと。自分を受けいれ、赦してあげられてないと、なかなか他者を素直に認めることってむずかしいことだもんね、と。

最後は、「みんなおなじ でもみんなちがう」の絵本を一ページずつめくって。♪ほかの誰とも、の歌の一番だけアカペラで歌って、おしまい。

1710

|

2018年4月28日 (土)

ただいま!

ただいま!!
184 木曜日@日本女子大で憲法のお話出前。私の個人的なストーリもあわせて。まさに、personal is politicalという話をさせてもらいました。なつかしの同級生たちともいっぱい再会。50年ぶりに会う人も!

この日の主催者、「平和を求める日本女子大有志の会」ができたのと同じころ、私は必死に「わたしとあなたのけんぽうBOOK」を書いていたのでした。2015年夏のこと。母校にこんな会があること、誇りに思います。

写真は、懐かしいキャンパス。ユリの木、という木は約半世紀前もここにあったよ。この木の下で同級生とまちあわせなど、しました。
そのころあった建物、そのころはまだなかった建物の名前も。

184_2


金曜日は、調布のクッキングハウスのサイコドラマに参加。マッシー先生のサイコドラマは何年ぶりか。心が解放されて自由になります。夜は日比谷で「コスタリカの奇跡」上映会&監督のお話、伊藤ちひろさん、谷口真由美さんのお話。

今日土曜日は、国民投票法に詳しい南部義典さんのお話@マガ9サロン。ごくごく少人数で、改憲のこと、国民投票のこと、聞きたいと思っていたこといっぱいお聞きできた。なんとも贅沢な3日間でした。
お泊まりさせてくれた娘夫婦に感謝。送り出してくれたまあさんに感謝。家にもどるとミヤコワスレがもう咲き出してました!

|

2018年4月26日 (木)

行ってきま〜〜す

174kumakukki 昨日とうってかわっていいお天気!今から東京に向かいます。
日本女子大でのお話が今日になったおかげで、ごほうびがあたりました。

明日はクッキングハウスで、大好きなマッシー先生のサイコドラマ(1:30〜4:30)で学んできます。
その足でかえるつもりでしたが、同じ日の夜、「コスタリカの奇跡」の映画と映画監督さんや谷口真由美さんのトークが日比谷であると知り、急遽、切符をとりかえて行くことに。

お泊まりを許してくれる娘夫婦に感謝。留守を守ってくれるまあさんに感謝。
いってきま〜〜す。土曜の夜まではアナログになります。

|

より以前の記事一覧