2015年9月17日 (木)

政務調査費返還の裁判

津幡町の町会議員さんたちの、政務調査費の使い方がおかしい、と津幡の男6人衆が原告となって、裁判をおこしたのはもう5年ぐらい前のこと。

地裁では、町議さんたちの,一部の不適切なお金の使い方を裁判所がみとめて、お金を返しなさい、という判決がでました。
それを不服とした町が原告となって、控訴。
その裁判の判決が、金沢高裁で9月16日に出ました。
判決の内容は、一審の時とほぼ同じ。原告の控訴は棄却されました。

津幡町の議員さんの政務調査費(いまは、政務活動費と呼ばれている)は、月額25,000円です。号泣で有名になった兵庫県の県議とくらべると、それはわずかな額かもしれません。

でも、この裁判を起こすまで、領収書なしでも誰もそれを問題としなかったことや、政務調査とはまったく関係のないずさんな使われ方がされていたこと、などは、やっぱりおかしなこと。それが粘り強い調査によって、明らかになりました。

長い裁判の間に、政務調査費の支出にレシートが義務づけられるようになったし、それに、政務活動費自体が廃止されることにもなるようです(すでにお隣の内灘町ではそうなります)。

********

町議会と町にはしかるべき距離がなければいけない。
それがくっつきすぎると、今回のようなことがあたりまえになっちゃうんだ。

こういう状態は、規模はちがえど、国会と国の今の状態と同じ、とあるひとがいってたけど、ほんとですね。
国会と内閣、立法府と行政府の間には、本来なら、ちゃんと距離がなければならない。
内閣より上にあるはずの国会なのに、多くの国会議員が内閣とくっつきすぎて、一体化しちゃってる。三権分立がおろそかにされすぎてる。

ちいさな町から見えて来る政治。
それはこの国の縮図。
一人ひとり民主主義していかないと、そういうこともみえてこないんだな、と感じた今回の裁判でした。

6人衆さん(まあさんもその一人)、本当におつかれさまでした!
民主主義をみせてくれて、ありがとう!

|

2015年5月15日 (金)

5月の詩の時間

Cab5r7oa 図書館で月に一度の、「詩を楽しむ時間」。年に何回か、町内の中学2年生たちがわくわくワーク(職場体験)で図書館にはいり、詩の時間にも参加します。

長田弘さんが亡くなられたばかりでもあり、この日は彼の詩をよもう、と詩の仲間たちは思ってた。でも中学生たちが参加するなら、よみやすい詩集もあったほうがいいな、とも思い、昨日は10冊を超える詩集が、詩の時間のテーブルにならびました。

長田弘さん、金子みすずさん、やなせたかしさん、小学生の詩をあつめた「こっち向いておかあさん」や「ちょっとだけパンツをはいてとなりのトイレに行きました」などなど。

4人の中学2年生、やさしい詩もよんだけど、長田さんの「世界は美しいと」や「人はかつて樹だった」や「幸いなるかな 本を読む人」の詩の本にも手をのばして、声にだしてよんでくれた。
読めない漢字や、むずかしい言葉は、教えてもらいながら、長田さんの哲学的な詩も、いくつも読んだ。

そうなんだね。こっちが、やさしい、わかりやすい、を先に選ばなくたっていいんだ。全部がわからなくたって、感じればいいんだ。

やなせたかしさんの「おとうとものがたり」では、戦争で死んだ弟さんへの想いをいっぱい感じる詩もあった。

こんなふうに次から次へと順に、ぴんと来た詩を声にだして読んでいく、って、学校じゃしないこと。私たちいれた8人で、およそ60もの詩を読みましたか?おとなの私たちにとっても、新鮮ないい時間だったよ。

|

2013年11月 8日 (金)

認知症カフェ・トマリギ+24日のお知らせ

「認知症カフェ」

って、福井の「みんなの保健室」から出前紅茶にきてください、とお声かけてもらうまで、まったく耳にしたことのない言葉だった。

発祥の地、オランダには、国内にいくつもの認知症カフェがあるという。
認知症の人やその家族が、気軽にたちよって、相談したり、介護の情報を得たり、交流したりできる場所、としてはじまったこのカフェ、日本でもすでに各地にこんな場所ができつつある、って初めて知った。

11月4日のこの日は、福井駅前アオッサでの、一日限定、認知症カフェ「トマリギ」。

認知症の人やその家族だけでなく一般のひと、誰もがふらっと来て、楽しい時間を過ごしながら、認知症についての理解を深めてもらう、というのを目的に、7月、9月、とひらいてきて、今回の11月で3回目。

                *****

認知症について知りたい人も、おいしいコーヒーでくつろぎたい人も、どうぞ来てください、というカフェ・トマリギ。

131104_ 朝のオープニング(こんなふうにテープカットの場面もあったよ)から夕方の閉店時まで、私もずっとその場にいて、本当に楽しい、そして充実した時間をすごさせてもらった。
まさにこれから先、もっともっと必要になってくる場だなあ、と感じながら。

エプロンしてるのが、トマリギ店長の里さん。この日も、認知症サポーター養成講座でお話をしてくれた。

その時間内に、今は施設に入所されてるお母さんのお話をしてくれたのが、息子さんであるHさん。

Hさんが、認知症であるお母さんをうけいれられるようになるまでに、約10年かかったという。
今は、母を母としてみることができるようになりました、と、めっちゃすてきないい表情で笑っている、お母さんの写真を見せながら話してくださった。

トマリギ店長の里さんが、認知症はまだまだ謎なぞだらけの病気。また、誤解もとても多い。でも、その謎解きをしていくことが、介護する人にとってのあらたな感動でもあって、というようなことをお話してた。

実際の介護の過程を話してくださったHさんのお話の中にもいっぱい、謎解きとその感動があったなあ。

ご本人以上に、向き合う人が、認知症をどうとらえたら、そのひとをそのひととして、beで見られるようになるだろう、受けとめられるようになるだろう。

そのためにも、一人だけで向きあおうとしないこと、認知症を知ること、社会とつながってくこと。
その入り口の一つが、家族会だったり、カフェ・トマリギだったり、「みんなの保健室」だったり、するのだろうなあ。そんなことをリアルに感じさせてもらえるお話タイムだった。

             *******

131104__2 クリスマスツリーのあるひろいホール空間には、いくつもの丸いテーブルが置かれ、個人的にちょっと相談したい人は、スタッフの誰かに声をかけて、1対1で話を聴いてもらえる。

テーブルの紙コップには、認知症まめ知識のリーフレット。このテーブルで、格安コーヒーもドリンクも飲める。(同じアオッサ1階にあるほんとのコーヒー屋さんが出前してくれる)

血圧はかるコーナーもあり。ちなみにこの日の私は150と79。いつもよりちと高め。次にお話する出番がちかづいてたので、ちょっと緊張してたかな。

         *****

私の話は午後の1時間半を使って。

もちろん私に認知症に関してのお話はできないので、いつものように、
・紅茶ってこんなとこ、
・何にもしてない紅茶の、してること、
・居る、在る、のbeは、何ができるできないのdoの、まず土台としてあること、
・ほめ言葉のシャワーの話、
・会場のみなさんに参加してもらっての、ほめシャワのワーク。
・最後に、あなたはほかの誰ともとりかえることのできない存在だよ、と感じてもらう歌、「ほかの誰とも」を、あの大きなクリスマスツリーの前で。

                    *****

福井に行く前は、不特定多数の人が行き来する、商業施設的な場所のオープンスペースで語る、ってなかなかに難しいだろなと思っていたけど、話を聴いてくださってる方達の集中度が高くて、とてもいい空間になってた。

「みんなの保健室」のスタッフさんたちが、きっといろいろなところへ、熱心にお知らせだしておられたんだろう。
何気無くお買い物に来た人も、何かやってるな、何だろ?と立ち止まって、途中から参加人数もふえ、というあたり、それこそオープンスペースならではのよさ。

そういうことも含めて、新栄商店街にある「みんなの保健室」という場所から、さらに街に出かけていってあらたな人とつながる、アウトリーチの大切さをいっぱい感じた一日だった。

Photo

トマリギ店長の里さんも、みんなの保健室代表の内山さんも、保健室の母体であるオレンジホームケアクリニック(地域の在宅医療を応援するクリニック)の紅谷先生も、トマリギのスタッフさんも、みなさん、若くて、笑顔のきもちのいい人ばかり。
一日そこにいて、だからとってもきもちよかった。

あ、そうだ!
この認知症カフェ・トマリギさんに、紅茶の時間に、逆に出前カフェしてもらうのはどうだろう!この日のカフェでお話してくれたHさんにも来ていただいて。

ふと思いついたそのアイディアをその場で話すと、里さんも内山さんも大賛成。

というわけで、おそらく来春、認知症カフェ・トマリギ in 紅茶の時間(と、このタイトル見ただけで、なんだかわけわかんなくて楽しそう)をすることに!

紅茶ではこれまでも、からだとこころのギヤチェンジ、と題しての更年期障害のお話や、クッキングハウスの松浦さんから、心の病気のお話などなど、ゲストからいろいろお話きいて仲間たちと学んできた。
認知症カフェのお話もまた、必見、もとい、必聴!のテーマ。

                    ****

私は今週も、子育てグループへのお話とワークの出前で福井にいくので、その帰りに、「みんなの保健室」にもお寄りして、逆出前話の続きをしてこよう。

必聴!のお話といえば、こっちも。
        ↓
11月24日(日)、とくべつ紅茶で、
「はればれとおおらかに、オシッコとウンコの話」と題して、
小松から、いのちにやさしいまちづくり・ぽぽぽねっと理事長の
榊原千秋さんをゲストにお招きして、お話を聴きます。

2:00〜5:00 @紅茶・水野宅 参加費500円
お問い合わせは水野まで tel:076−288−6092

榊原さんは、もと保健師さん。いまは金大の看護の先生。
看護、介護、こころのケアのプロ。パワフルだけどとってもあったかい、すてきな生き方してるひと。人と人をつなぐ名人。

そもそも、みんなの保健室の母体であるオレンジホームケアクリニックの紅谷先生を知ることができたのは、コンチネンス(きもちのいい排泄の状態、という意味)協会の北陸セミナー(榊原さんが、北陸の支部長さん)で、榊原さんが紅谷先生をよんでくださったおかげ。

ああ、ここでもまた、ぐるぐるぐる、と人がつながっていくね。

というわけで、24日もどうぞ、紅茶にいらしてください。
みんなでオシッコとウンコの話を聴きましょう、それもまた、人間が生きる基本のことだからね。

|

2013年10月31日 (木)

藤里町のことが、クローズアップ現代で。

つい10日前に行った秋田県の藤里町。
28日のクローズアップ現代で、この町のすばらしいとりくみが紹介されていた。

藤里町で家にこもっている多くの人たちに必要なのは、カウンセリングではなくて、はたらける場所だったんだ!という気づき。

働きにでるまでの、練習の場所としての意味もおおきい福祉の拠点、こみっと。

そこで、うどんやそばをうったり、そこのレストランではたらいたり、ヘルプの必要なお年寄りの買い物に付き添ったり。

そのこみっと収穫祭の日、私は藤里町にうかがったんだった。すごいシンクロ!

藤里町のとりくみ、15分だけ動画でみることができます。
    ↓
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3422.html

|

2013年6月 3日 (月)

さよなら西宮

はからずも急遽、西宮に一日だけ行くことになり、用事の前に娘の住んでたマンションの近くにもう一度寄ってみた。

はんにし、と呼ぶ阪神線西宮駅、そのちかくのお店の、看板猫ちゃん。何度も会ってたね、最後の一枚、とらせてね。
どことなく、3年前までうちに居たマガちゃんとも似てるよ、キミは。

130528_
引越準備のため、もう自炊はできないときめて、娘が西宮暮らしの最後の一週間、日参してたという しまいろカフェさんにはじめてはいって、私一人のお昼ご飯。

130528__2 若いご夫婦がしてるすてきなカフェでした。鉄板ごとでてくるキャンプカレーと、リッチなアイスミルクティーのランチ。

店内に、お客さまたちが手に取って読める、おしゃれな本たちのならぶ本棚があり、そこに一冊、「ほめ言葉のシャワー」をおかせてもらった。

毎日一人でランチに通い、もうすぐ東京に引越します、と言ってた娘のことはご夫婦とも覚えていてくださってた。

この冊子は、西宮が大好きだった娘の、いわば置き土産だ。
奥付けには、西宮市ーーの住所が記されてるし。

|

2013年5月 7日 (火)

アートzaマーケットとラ・フォル・ジュルネ

連休中はいつもまあさんが薪作業に精を出すので、私も遠出することなく、たいていは家で縫い物をしたり、紙類の片付けものをしたりして、ゆったりとすごす。
時には電車で金沢まで出て、100円のまちバスにのって、街を歩く。

               ****

21世紀美術館のぐるりでは、この時期、毎年、アートzaマーケットという手作り市がひらかれる。ことしも80以上のお店がならんだ。

お財布の紐をだいぶ締めながら、お店をのぞいてまわる。

作品に想いが感じられて、作り手の店主さんがすてきなひとだと、思わず足をとめて、話しこんで、一点ものの作品を手にする。
今年は長野県からやってきたひとのガラス作品と、金沢の豆本作家さんの作品など。

130504_ 栞アーティストのきりりんさんも、こんなかわいらしいお店をだしていたよ。
しおり、というなにげないものに特化して、包装紙や折り紙やいろんな紙が、またrebornする。
130504__2

                         ****

5月の連休といえば、金沢を中心にひらかれるラ・フォル・ジュルネ(直訳すると、熱狂の日)も、金沢ではもう5、6回目になるのだろうか、GWの定番になりつつある音楽祭。

期間中、JR金沢駅のあちこちや、しいのき迎賓館の前などで生の音楽が流れ、県立音楽堂を中心に、オーケストラアンサンブル金沢や、外国の音楽家たちの生演奏が、いわゆる演奏会に行くよりは高くないお値段で、一回の演奏も45分で、気軽に楽しめる。

今年は、3日と4日の夜、まあさんと、「亡き王女のためのパヴァーヌ」や、「アランフェス協奏曲」や、「月の光」など、どちらもステージキャスト席で聴くことができた。

よい席で目を閉じて聴くのもいいけど、音楽家たちの息づかいまで感じられるこの席ならではの、ここちよい臨場感。

ステージ席にすわるので、指揮する井上道義さんの豊かな表情も音楽のうち。
奏でるように、踊るように、歌うように、包みこむように、時には重く堂々と、そして、ソロが演奏する時には微笑みながら、一人の聴き手になる、井上さん。
からだ全体が音楽になってるひと、その感覚を味わえたこと、いい時間でした。





|

2013年5月 3日 (金)

七尾の花嫁のれん展、10年目

GWの祭日をさけて、4月28日からはじまっている、能登は七尾・一本杉通りの花嫁のれん展へまあさんと。

GWをはさんで、母の日までの10日間余り、一本杉通りのいろんなお店が、お商売しながらそのまま街のギャラリーになる、花嫁のれん展。ことしでもう10回目。

のれん展の歴史を知りたい方はこのHPをごらんくださいね
  ↓
http://www7.ocn.ne.jp/~kita3079/hanayomenorenten.htm

                     ****

のれん展をしよう、といいだした女将たち、その名も、オーゴッド(Oh!God)の会のメンバーはみな、せんだんの集いという、10年余り前にはじまった一本杉のちいさな勉強会の仲間たち。

私もその勉強会にはじめから通っているので、親しい女将たちががんばっている花嫁のれん展は、できるかぎり見に行きたい、と毎年思ってる。
おかみさんたちに会えるのもうれしいし、なにより、花嫁のれんにまつわる新しい物語を聴けることが楽しみで。

それにくわえて、わが家は一本杉の中ほどにある鳥居醤油店の、だしつゆ販売津幡勝手支店でもあるので、一升瓶のだしつゆ空き瓶を車につんで、あたらしいだしつゆの仕入れもかねて行く。女将はもちろんオーゴッドの会の一員。

鳥居醤油店のHPは、こちら。お店ののれんをつくって来たのは、キルトのミチコさん。
         ↓
http://po5.nsk.ne.jp/~shouyutorii/

鳥居さんのお店によったら、ちょうど、前からおかせていただいてた紅茶の本たちも在庫がなくなっていたので、『ほめ言葉のシャワー』や『紅茶なきもち』の納品もしてきました。

                  ***

鳥居さんちから近い、雑貨とカフェのお店、「歩らり(ぶらり)」さん。
   ↓
http://www.burari-noto.com/
店主の若いご夫婦が、センスのいい紙もの雑貨を各地からたくさん集めてお店にならべている。

130430_ オープンしたての時にはなかったカフェが生まれてた。
2階の窓からの眺めがいいですよ、と店主さんがいうので、階段登って、万年筆のかたちの窓の前のソファでいっぷく。
カフェオレの牛乳は、うちでも飲んでる、能登の茂久葉(モクバ)さんのミルク、というのもうれしい。

歩らりさんがはいっているお店のもともとは、上野啓文堂、という万年筆や文房具のお店だったそうだ。ああ、だから窓がこのかたちなんだ。

このお店も、鳥居さんちも、高澤ろうそく店さんも、北島屋茶店さんも、この通りにある登録有形文化財の建物たちです。

            *****

花よめのれん展は、母の日の12日まで開催中。

のれんをかざっているお店のおかみたちはみな、のれんの語り部でもあるので、行った方はどうぞ、その語りも聴いてみてくださいね。

お姑さんとお嫁さんの、お嫁入の時の花嫁のれんが二枚ならんでるお店や、江戸時代、明治、大正、昭和ののれんや、お婿さんが婿入りする時にもってきた「男のれん」、、、一枚一枚に様々なものがたりがあります。


|

2013年4月 4日 (木)

チルクリさん、 リニューアル・オープン

子どもの本の「チルクリ」さん、オープンしてからもう34年になるのですって。
そうでした、紅茶の始まる前から、いやもっと前、娘が生まれる前から、続いているお店。

34年前、私はお店からすぐの、泉野のアパートに夫婦二人で暮らしていたっけな。

そのあと、私たちは大手町にひっこし、娘が生まれてからは、親子でよくよく通った絵本やさん。
その昔、紅茶バザーの売り上げのお金を握りしめ、選びに選んだ絵本を一度に10冊以上も買うことができて、親子ともども、とってもしあわせなきもちになったこと、今でもよく覚えてる。

そのチルクリさんが、この度、もとの場所からすぐのところにお引越ししたとのこと。
おととい、ご注文のあった新刊の本を持って、ちょっとお寄りしました。

              

130404_

とってもかわいい、明るいお店。えりすぐりの絵本はもちろん、おもちゃも置いてあります。
親子で絵本をよめるちいさなスペースもあり。
店内の絵本を、立ち読みするのが疲れたら、そこに座って読んでもいいよね。

以前、泉の台幼稚舎の園長先生だった裕子さんの、三男坊(現園長)さんのおつれあいさんが、新しいチルクリの若い店長さん。

場所は、泉野一丁目の信号からすぐ。V10と羽柴クリニックの間を入って、泉の台幼稚舎のちょうど真向かいに建つ、エデュカーレの1階です。

チルクリさんがこっちに引越したこと、まだ知らない方も多いかも。
小さな本屋さんには、沢山の応援団がきっと必要。
ぜひ一度、あたらしいチルクリさんにも足をおはこびくださいな。

あたらしいお店は、金沢市泉野町1−19−22 エデュカーレ内
10:00〜18:00 定休日は、祝日と日曜日

|

2010年5月19日 (水)

衆議院TV

去年夏の衆院選で、常にかわらず「私」メッセージで政策を訴え続け、見事、30代半ばの若さで石川3区(津幡も含まれてる)から国会議員になった、近藤和也さん。いつお会いしても、少しもえらぶらず、たいらにお話できる誠実さがうれしい。

津幡のボートピアのことにも強い関心をもってくださってて、昨日の衆議院委員会で質問を。国土交通省副大臣の辻元清美さんとのやりとり、Windows Media Playerで見ることができた。

地元舟橋地区の、ボートピア設置の同意のとりかたに疑問があることや、地元とはいったいどこをさすのか、という地元範囲についてのこと、私たちの集めた反対署名のこと、町議選や町長選のことまで、ポイントをとらえてていねいに説明しながら、副大臣に質問していた。

そのやりとりを目にしながら、政権がかわったことのひとつはこういうことなんだ、と思った。また同時に、民主主義って一体なんだろう、と自分に突きつけられてる気もした。

辻元副大臣の「少しでもよくしていこう、と試行錯誤していくのが民主主義」という言葉には、ほんとに実感がこもってる。

津幡町ボートピアの問題点が、はじめてのひとにもよくわかる、近藤さんの質問タイムへのたどりつき方は、

「衆議院TV」http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php → 画面のカレンダーから、5月18日をクリック → 決算行政監視委員会第4分科会を選び、近藤和也さんの名前をクリックすると、見ることができます。どうぞクリックしてみてください。
    

|

2010年4月19日 (月)

希望

ここにくるのはどのくらいぶり!

4月2日に、mai worksの書き込みがあって以来なので、わたしからはもっともっとのご無沙汰です。

津幡町の町長選挙、それと平行して、半年ぶりのいのみら通信書き、大急ぎの通信発送作業、たまっていたほめシャワ発送。

終えてカレンダー見たら今日は月曜日、もう今週の木曜には東京に行くのだった!と今になって焦っている。

                    *****

4月11日の投票日。

選挙前と選挙中、町のひとたちからの今までにない熱い反応や、たしかな手ごたえを感じて、この町の新しい歴史をみんなでつくれるのかも!と胸ふくらませていたのだけど、結果は大差、でした。

選挙前にまかれた差出人不明の怪文書(そんなものをまかねばならなかったことが、まず情けない)や、中傷、デマ、あらぬ噂の数々。それを信じた人も、信じ込まされた人も、少なからずいたのだろう。

少し日がたつと、今回の選挙を巡る、実にいろんな、信じがたいような話も聞こえてきた。

あらためて、町が変わってほしいと願う人たちの期待を一心に背負って、巨大な相手に立ち向かってくれたさっちゃんの勇気を、想った。そして、さまざまな圧力や卑劣な脅し、嫌がらせにもひるまずに、顔をあげて、さっちゃんを最後まで応援し続けてくれた、町のひとたちの勇気を、想った。

義理でなく、しがらみでなく、命じられてでなく、個人の損得でなく、彼女の名前を投票用紙に書いたひとたち。あるひとは堂々と、あるひとは見張られているかとおびえながら、それでも書いた、一票いっぴょうの重み。

               ***

選挙後、さっちゃんを訪ねたある若いひとが、こう言ったそうだ。

「投票結果が出るその瞬間まで、夢と希望をもつことができました」

そして、そのひとの中の希望は、また生まれてきているそうだ。

その言葉こそが、希望なのかもしれないね。

                  ******

選挙前、選挙中と、さっちゃんと私たちを応援してくださったたくさんのみなさま、こんどう和也さん(去年の夏の衆院選で国会議員になった近藤さんも、誠心誠意、応援にかけつけてくださった)、本当にありがとうございました。

|

より以前の記事一覧