2019年10月16日 (水)

リッキーさんのお話と、みしなさんのお話と。

金沢の柿の木畠、竪町通りに近い油車のあたり、鞍月用水の流れの上に枝をのばして、たわわに(って言い方は実のことをいうのかな)咲いてる金木犀。この界隈、どの小径を曲がっても、金木犀のかおりがする。とあるお家の植木鉢に咲いてたのは銀木犀?香りが金よりすこし地味目だけど、同じ香り。Img_1170 Img_1169

きのうの午後はもっきりやさんで、リッキーさんこと、コスタリカ研究家の足立力也さんの、コスタリカに学ぶ地球環境のお話をきき、夜は、中日新聞文化部の三品信(みしなまこと)さんの「表現の不自由展その後」について考えるお話をきき、私のあたまはまだパンク状態。

軍隊をなくした国コスタリカの人々の心に、インストールされている、という人権感覚。70年余りもの間、粘りつよく、しつこく、この国は軍隊を持たない、戦争をしない、そういう国だと信じ、言い続けてきたコスタリカの人々。その揺らがない信念を、この「わたし」が、持ち続けるということ。それを求められてるのは、他の誰でもない、このわたしだ。

Img_1174

気候変動問題、じゃもう手ぬるい。今や、「気候危機」っていわないとこの切迫感を伝えられない。早くからそれに気づいて、持続可能エネルギー100%を実現させて、この問題の先頭を行くコスタリカ。

戦争をしない、ということと、個人が大切にされる、表現の自由がある、とはリンクしている。
個人ー人権ー自由。

さて、夜の部。
公金もらってひらく展覧会で、国を批判することは許されないのか?(愛知のトリエンナーレにかかった費用は約12億。展覧会の中の展覧会である「表現の不自由展その後」にかかった費用は490万円だが、それは寄付でまかなわれたので、実際には、国の予算は使われていない。そう思わせる報道もあるが)
でも問題の本質は、国からお金をもらってる/もらってないってことでは、ないんだ。国からお金もらったら国を批判できない、国に反すること言えない、ってことが本当にまかりとおるようになったら、教育も演劇も出版も言論も、文化は、表現の自由は、死んじゃう。ってことを、夜、三品さんのお話聞きながら何度も反芻してた。

*******

今日の紅茶内の草かふぇでは、集まった方のお顔ぶれで何をテーマに語り合うかきめましょう。遠くから、びっくりする人が訪ねてきそうでもありますし。

毎週あいてるけどはやっていない紅茶は、ほんとに伸縮自在の場。一期一会の出逢いで成り立つ、社会とつながる窓。

|

2019年10月14日 (月)

コラテラルダメージ

昨日のミスターサンデー、ゲストの橋下氏が治水行政について話していた。

「下流域の都市部で氾濫したら被害が甚大になる、大阪で淀川が氾濫しそうになったら上流の瀬田川で止めて滋賀で氾濫させる」とか
「大阪と奈良の県境のとこも川幅をわざと太くしていない。いざとなったら奈良に水が溢れていくようにしてある」とか。

滋賀の人、奈良の人、これ聞いてなんと思ったろう??
都市部を守るために、そうでないところを氾濫させる、ともとれる発言をテレビで言ったことになる。
橋下氏は、「千曲川がそうだと言ってるわけじゃないですよ」と何度もいいつつ、とにかく情報開示が必要だ、と。

情報開示は確かに必要とおもうけど、
この考え方に、「コラテラル・ダメージ」という言葉が思い浮かんだ。シュワちゃんが主演したアクション映画のタイトルにもなったけど、この言葉そのものは、直訳すれば「副次的な被害」の意。そこから「戦闘における民間人被害」や「政治的にやむを得ない犠牲」というニュアンスで使われる。
ダムの緊急放流って、政治的にやむをえない、えなかった、のか??

|

19号の影響の、果て知れぬ広さ

あまりの広範囲におよぶ豪雨水害。6カ所のダムで、緊急放流をする前に事前の水位調整はしていなかった、の報道あり。

二階幹事長は緊急役員会において、被害が「まずまずでおさまった」と発言した。

台東区の避難所では2人のホームレスの人が入ろうとした時、住所をいえず、区民でないからという理由で、帰された。その人たちはどこへ行ったんだろう。

声を上げられない人、弱い立場の人、まだまだ見えていない被害がいっぱい隠れていると思う。

川越の越辺川の氾濫で、特別養護老人ホームの人たちが一時孤立したけど、全員無事に避難できた。笑顔でお年寄りに話しかけてる顔に見覚えあり。あ、川越紅茶のお仲間でした。川越のジュンコさんもこのホームによく通って、一緒に歌を歌っているとか。ジュンコさんとこは無事だった由。

金沢・東京間の北陸新幹線は当分うごきそうにないけど、行く気になれば、夜行バスでも米原経由の東海道新幹線でも行ける。北陸の観光客は減るだろうけど、オリンピックでホテル建設ラッシュの金沢に、この街のほんとの豊かさってなんだろう、いったんたちどまって考えようよ、って言ってるのかもしれない。

これほどの被害があっても、温暖化と気候変動と今回の豪雨とは、一切何の関係もないって、いう人たちはいうのだろうか。

庭にでたら金木犀の香り。あれ、もう散ったはずじゃ、と思ったら、二度目咲きしていました。

 

********追伸:

 

川越の越辺川が氾濫して、特養ホームのキングスガーデンも浸水したこと、テレビ映像で知りました。ここは川越の紅茶仲間が働いていたり、ジュンコさんもお年寄りたちと一緒に歌を歌いにいったりして、日頃から交流のある地域の施設。ホームの皆さんは全員無事に避難されたそうですが、大きなショックも受けていらっしゃると思います。

川越紅茶のジュンコさんからのお知らせを、ここに。
お近くの方いらしたら、ぜひこのチャリティコンサートにお出かけくださいね。被災したのはキングスガーデンだけではないので。

******

私共「新☆川越おやこ劇場」では、来る10月22日(祝)17:30より、川越西文化会館にて「かんたろう音楽館・どこかで聴いた名曲たち」のクラッシックコンサートを開催します。団体の活動の一環として取り組んできましたが、先日の台風で大きな被害が出ました近隣の福祉施設(キングス・ガーデン他)の支援のため、急遽、利益のすべてを寄付に充てるチャリティコンサートとしました。

コンサートの内容は、川越在住の指揮者・打楽器奏者の村本寛太郎氏他、ピアノ、バイオリン、うたなど、若手音楽家による演奏で、寛太郎氏のわかりやすいトークを交えて 馴染みのある曲をお届けする大人向けのコンサートです。

チケットは一律1500円(4歳以上)・
チケットのお問合せは(金子)090-2426-0714 または(森田)090-6489-0743まで。
ご来場をお待ちしております。新☆川越おやこ劇場

 

 

|

2019年10月 4日 (金)

香港はひとごと?

臨時国会始まる。案の定、首相は「この新しい〇〇○の時代に」という枕詞をつけて改憲に意欲ありあり、と国民に見せている。関電のかの字も言わないかわりに。
 
首相の改憲したいものの1つが、憲法に緊急事態条項をあらたに書き込むこと。これが書き込まれたらこんな使い方されるのか、って実感することが香港で今、起きてる。
若者たちがマスクしての抗議デモはいまだ続いているけど、そのマスクの着用を禁ずる「覆面禁止法」ってのがつくられたんだ。「緊急状況規制条例」を52年ぶりに発動させて、国会を通さずにこの法律がつくられた。
 
緊急事態条項が日本国憲法にあれば、今がその時、と上が判断したら、国会を通さないで法律と同じものがつくれる、ってのと、あまりにも似てないですか。2012年版の改正草案見ると、内乱、社会秩序の混乱も緊急事態っていえちゃうことになってるし!179

|

2019年10月 3日 (木)

こちらもマガジン9より 雨宮かりんさんの。

こちらも、今週のマガジン9より。雨宮処凛さん、ずばり消費税10%のこと。
https://maga9.jp/191002-1/

一部抜粋させてもらったこのあたりのこと、草かふぇで消費税のお話きいたときのと重なるね。
****

(前略)
消費税が1989年に導入されてから、今年で30年。

 社会保障のためにと導入され、それからどんどん税率が上がっていった消費税だが、この30年間で「あぁ、消費税払ってるおかげで社会保障が充実していろんな恩恵があって、こりゃ老後も安心だなー」と思っている人はこの国に存在するだろうか?

 残念ながら、私は出会ったことがない。その理由は簡単で、89年から14年までの消費税税収は282兆円なのに対し、同じ89年から14年までの間、法人税収は255兆円も減っているからである。大企業減税の穴埋めに使われているのである。

 14年、消費税は5%から8%に上がった。この時も「増税分は全額社会保障の充実に使う」と言っていたものの、蓋を開けてみれば社会保障に使われたのは16%。あとの82%は闇の中。それが我が国の消費税である。社会保障が充実した実感がないのも、安心感が得られないのも当たり前だ。それどころか、今年6月には「老後2000万円問題」が浮上したことは記憶に新しい。

 最近、ある勉強会で都留文科大学名誉教授・後藤道夫さんの話を聞き、衝撃的なデータを知った。それは1997年と2015年を比較して、子育て世帯の年収が97万円も下がっているというデータだ(児童のいる世帯 所得関連諸指標の推移「国民生活基礎調査」所得票調査より)。(後略)

|

マガジン9より 南部さんの憲法改正論議について

明日から臨時国会がはじまります。首相、改憲に意欲、と、でかでかした見出しが躍るでしょうが、それにあおられないように、南部さんのこれ、読んでおいていただけるといいな。

今週のマガジン9より。混迷と行き詰まりの憲法改正論議

 

https://maga9.jp/191002-2/?fbclid=IwAR2QsVfWCxgqEI483UV21IdSjGnvaUy4KKicRrd9H8wOHlzxw0brbAfWnmE

|

2019年9月30日 (月)

せやろがいおじさん 消費税あかん、の巻

https://www.youtube.com/watch?v=f6sNBVoFMvc&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0A2su6APyCnR7eslABUZFQ1WcOCdfsfhj2nyo3AXC-uMZbbuNN1gQI-Sc

 

せやろがいおじさん、消費税10%、あかん!と言ってる。

その理由もはっきりいってるので、

どうぞみてね。そしてまわりにも広めてくださればうれしいです。

|

「この国の不寛容の果てに」

今週のマガジン9から。
●名付けられない空気の問題~暴走する言葉~の巻
雨宮処凛がゆく!/雨宮処凛
https://maga9.jp/190925-2/

 「いつからこれほどに「怒る」ことはタブーとなったのか。そして、いつからこれほどに「変えられない」「何をしても無駄」という空気が強固に作られたのか」とかりんさん。

かりんさんは、対談集『この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代』を出したばかり。その中の、批評家で元障害者ヘルパーの杉田俊介氏の言葉がこれ。
 「『権威主義パーソナリティ』とか『自発的隷従』という言葉がありますが、強い者、権威ある者の考えそうなことを下の人間が先回りしてやってしまう。わかりやすく言えば『忖度』ですね。権力者が命令してやらせるのではなくて、支配される側が自分からそれを正しいと思って実行するというのがポイントです。
 かつてハンナ・アーレントは、上官の命令に従ってユダヤ人の大量虐殺を実行したアイヒマンを『凡庸な悪』と形容しましたが、それよりも進んで、統治者が望みそうなことを勝手に推測して実行してしまう。まさに『忖度する悪』です。その結果、現実には社会的弱者に近い人でも、トランプや安倍晋三といった権威と一体化することで自分が優越した存在であるかのように思えるのかもしれません」と。

*******

忖度する悪、という杉田さんの言葉。確かに!って思う。

対談集にはべてるの家の向谷地さんの言葉もある。
「実は、あの事件の年の3月に、ひとつ記憶に残っていたニュースがあるんです。マイクロソフトが開発したAI(人工知能)の実験で、インターネットにAIを接続したら勝手に学習して、ユダヤ人のホロコーストを否定したり、ヒトラーを礼賛するような発言をするようになったので開発が中止されたというものです。なので、7月に相模原の事件が起きたとき、何がざわっとするものがあったんです。もしかしたらあの青年も、このAIと同じような影響を受けていたんじゃないかと」

うん、この向谷地さんの言葉、事件のあとに新聞のコラムで読んだ記憶がある。今の社会に、どれだけこういった言葉が氾濫してるのかを、AIが証明してるみたいで、ぞっとしたので覚えてるんだ。これと同じことを、杉田さんも発言しているという。

この本「この国の不寛容の果てに」。読みたくて図書館で予約したばかりなんです。

|

あかりプロジェクトのサイト、未来蝶のこと。

摂食障害のひとが、自分の力を感じ、より自由に生き方を選んでいくための支えあいをしていくNPO法人あかりプロジェクト、

そのホームページの名前は、未来蝶。 
https://future-butterfly.net
サイトをご覧いただくと、あかりさんたちの活動の中身がわかります。
とても大事な活動を、金沢で展開中。
もしもご本人やご家族やまわりのかたで、摂食のことで悩んでいるかたがおられたら、あかりさんとどうかつながってくださいね。

|

2019年9月20日 (金)

東電の裁判の判決

日経の記事 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49963860Z10C19A9MM0000/

永渕裁判長は判決で、3人が巨大津波の可能性に関する情報を聞いた2008~09年時点で対策を講じても事故前に完了できたかどうかは不明だとし「事故を回避するには原発の運転を止めるしかなかった」と述べた。
          ↑
15mの巨大津波の予想をきいて、それじゃ対策が必要と思った人が、何10000000000円もかかるときいて、方向転換。
知ってたのにしなかった罪はまったく問われないのか。
裁判長の言葉「事故を回避するには運転を止めるしかなかった」。その通りでしょ!
なのに判決は、3人とも無罪、って。到底納得できない。
NHKの記事には、武藤類子さん、宇野さえこさんの言葉も。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190919/k10012089251000.html

|

より以前の記事一覧