2018年4月19日 (木)

テレ朝の真夜中の会見

18日、財務省官僚トップの福田さん辞任。テレ朝、18日の真夜中に、社としての会見、それをフジテレビでみていました。社として、記者さんを守る姿勢(それがはじめはできなかったけども)を見せた。

願わくは他社もつづいてほしい、セクハラをうけた記者の中にはテレ朝の記者も、ということは、他の新聞かテレビの記者さんも含まれてるはず。
ここだけ、にしてそこにへんなバッシングが集中してほしくないから。
多くの人の共通認識にしてほしい。これはハラスメントなのだ、と。

これでやっと疑惑じゃなくて、本物だと。
された人は名のりでよ、これのどこがいけない、という感覚がまずもってアウト。多くの人がきちんと怒れば、こういう結果がでるんだね。

Photo 昨日の草かふぇは、おとといの望月いそこさんライブ(講演会というかんじじゃなくて、まさにライブ)のおすそわけを。中身はきのうのFBに書いたようなこと。
人に話すと、自分の中でもっと深まるし、いそこさんの記者魂もちょぴっとシェアできる。

|

2018年4月18日 (水)

名乗り出よ、ですと??

二人の与党のせいこさんが、麻生さん発言に異議。
セクハラうけた本人が名乗り出なければならない??なんてこというんだ、麻生さん。名乗り出れないことをわかっていていうことがダブルにひどい。

記者は情報がほしいから、夜の呼び出し電話が相手からかかったらすっ飛んでいく。昨日金沢でお話された望月いそこさんもそうやって急いで駆けつけたことがある。それだけに記者の女の子のきもち、すごくわかる、と。

名乗り出たらそのあとどうなる?その人がA社、B社の記者なら、今後一切、財務省はA社B社の取材を受けないということになったら?
メディアの世界はみんなこんなもん、でおしまいにしたら、これがまたつづいてく。記者さんを守らねば。報道の自由も守らねば。

https://mainichi.jp/articles/20180417/k00/00e/010/263000c

******

野田氏は「家族にも言いづらい話で、相手方に話をするのは、私個人でも難しい」と調査手法の問題点を挙げ、「女性が名乗り出たことで、セカンドレイプという形で被害に遭うことがあることを踏まえて、慎重に取り組みたい」との見解を示した。こうした考えを麻生太郎財務相や菅義偉官房長官にも伝えたという。

 自民党の橋本聖子参院議員会長も同日の党役員連絡会で、「財務省の対応は国民の感覚としては、ずれている」と批判した。

 一方、麻生氏は同日の閣議後記者会見で、調査手法に疑問の声が出ていることに対し「(被害女性が)名乗り出やすいように第三者の弁護士を入れた。本人が申し出なければ、そんなもんどうしようもない」と反論。


|

望月いそこさんのお話

東京新聞社会部記者の望月いそこさんのお話、聴きにいってきました。テーマは、安倍政権とメディア。

え、こんな小柄な方だったの!?そのからだにあふれる記者魂パワー、すっごい早口なれども(私の3倍速くらい)演劇を目指してた方だけあってききとりやすい。ピン芸人の卓越したワンマンライブショーさながら、ぐいっとひきこんで息もすかせぬ、あっという間の一時間半。その中に森かけアベすがアソウ武器輸出きょういくセクハラ、全部詰まってて、お話終わるなり終電の新幹線に乗るためお部屋をでていかれたけど、拍手鳴りやまず。おおいに笑い、おおいに怒り、すばらしい講演会でした。

とことん、"私メッセージ”の伝え方(だからお話がはいってくる)
。記者としての自分のテーマは、権力側が隠そうとすることを明るみに出すこと。ウソをつかれて当たり前、だんだん嘘と真実のみわけがつくようになった、と。

武器輸出禁止が解禁されて(ちなみに禁止は1967年、当時の佐藤栄作首相、解禁したのは2014年、甥である現首相)、防衛産業の中にはほんとうはやりたくない、という人もいる。アメリカの軍需産業、ロッキード社のつくるものの8割は武器(だから戦争ないと企業が成り立たない)。日本の武器産業、将来は?

読売の前川さん報道。事件に強い読売がなぜこんなことを、とショック。もし時代がかわって、こういう記事かけ、と言われた時も、市民目線に立って書いていかなきゃ。

本人にあって直接話しを聴きたい!と即、前川さんにインタビュー。
2006年の教育基本法がかえられたことに大きな危機感をいだいた前川さん、基本法から「平和の希求」が削られ、愛国心、道徳を強める内容。
一方、それをよろこんだのが、自身の幼稚園でこどもたちに教育勅語を暗唱させてた籠池さん。基本法がかわったら籠池さんへの役人の態度が急変。政治の力はすごい、と安倍さんに一気に心酔していく。
武器輸出、官学共同、教育、ナショナリズム、いそこさんの中でこれらすべてがつながっていく。

詩織さんへもインタビュー。「総理」という本を出した人を、顔をだして告発するのは権力を敵にまわすこと。被害者が泣き寝入りする社会をつくってはならないという詩織さんの使命感。それがいそこさんをして、詩織さん、そして前川さんのことで、スガさんに連発質問させたのだった。

最後に、幣原喜重郎(マッカーサーに武力放棄を提案した当時の首相)とガンジーの言葉を紹介。どちらも、「独裁者」の本の最後に載っています。
184

いそこさんのお話、また聞けますよ。6月9日2:00〜4:30@金沢歌劇座2階大会議室。主催/戦争をさせない石川の会。聞き逃した方、ぜひ!

|

2018年4月15日 (日)

14日の報道特集

昨日14日の報道特集で、金平さんが愛媛県知事にインタビュー。

知事
ーー職員を信頼しなければ仕事はできません。我々は正直に言っています。国は同じように正直に言っていただけるものと思います。
記憶の限り、というから逆に誤解が広がってしまう。
あぶりだして行くのも、リーダーの責任。
カケさんとはこの6年間で二度しかあっていない。この5年半では電話一本していない。利害関係があるから。

金平さんは、県の職員さんにもインタビューした。
ーーそもそもウソをつく必要がありません。国をきちんと追求してください。愛媛県はウソをついていません。

前川さんにもインタビュー。
ーー初めからカケありき、の決定的な文書。首相秘書官という仕事は、間に他の人ははいらない。首相案件といっているのは、安倍さんの直接の意思表示。藤原審議官が、総理のご意向、といったのとは、レベルが違う(それくらい、首相と近いのが秘書官)。
自治体がやらされモードでなく、死ぬほど実現したい(学部新設を)というのをみせることだ、というアドバイスは、総理の意向をバックに、地元の最大限の支援を引き出そうとしていること。政府の側から、カケと愛媛県に知恵を授けている、
公務員は、心ならずも(こういうことを)させられている。そのように貶めている政治にも、責任があると思う。

|

2018年4月14日 (土)

憲法くん

今日14日の北陸中日新聞、こちら特報部は、松元ヒロさんと「憲法くん」。
去年の草かふぇで輪読したなあ、ちょうどその時、東京新聞政治部の記者さんが取材にみえてて、彼も一緒に輪読したなあ。

184

憲法くんのはじまりは、今から21年前。憲法学者の水島朝穂さんとコント集団のザ・ニュースペーパーの人たちが、憲法施行50周年の日の夜にコントしようと企画した時、その打ち合わせ会でヒロさんが、僕、憲法前文、暗唱する、っていっちゃったことから。
この話は、去年5月、9条平和小杉の会に水島さんが見えた時にお聞きしてた。ちなみに、そのコントの脚本を書いたのは水島さん!

そしてちなみに、今年5月20日の9条平和小杉の会で、「教育と憲法」と題して講演されるのは、前川喜平さん。2:00〜@アイザック小杉文化ホール 前売り切符、紅茶にもあります。800円。

|

2018年4月13日 (金)

ミツバチミツバチ!

ええええええ〜〜〜〜
大阪地検、佐川氏の立件見送り?
改ざんしても罪に問われない??
公文書書き換えても罪にならないってことになっちゃったら、歴史の検証ができなくて、民主主義はぼろぼろになっちゃう。

おかしいことをおかしいと言い続けること。
みんながミツバチになってぶんぶんいうこと。
支持率は、私たち一人一人がつくるもの。


毎日新聞

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡り、財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、大阪地検特捜部は、前国税庁長官の佐川宣寿氏(60)ら同省職員らの立件を見送る方針を固めた模様だ。捜査関係者が明らかにした。決裁文書から売却の経緯などが削除されたが、文書の趣旨は変わっておらず、特捜部は、告発状が出されている虚偽公文書作成などの容疑で刑事責任を問うことは困難との見方を強めている。今後、佐川氏から事情を聴いたうえで、上級庁と最終協議する。



|

2018年4月12日 (木)

マガジン9条から、鈴木耕さん

マガジン9条最新号から。鈴木耕さんの「言葉の海へ」。
このかたの文章はいつも読みやすい。官邸政治がどういうこともたらしたか、読みながら自分の頭の中でも整理されてくる。

http://maga9.jp/180411-3/


出た!「首相案件」

 朝日新聞(4月8日付)によれば「三つの疑惑 政権直撃」だという。

1 森友文書改ざん 指示系統は? 佐川前長官 証言拒否
2 イラク日報 誰が隠蔽 陸自中枢 関与か焦点
3 是正勧告の改憲否定 端緒は過労自殺、都合良く公表か

 連日報道されているから、多くの人が知っていることだろうけれど、財務省、防衛省、厚労省の3つの疑惑が安倍政権を揺るがしているというのだ。
 安倍官邸はそれでも何とかごまかそうと必死だ。しかし、自民党内部からも「このままでは党がもたない」と、かなり悲鳴に近い嘆きが上がっている。一部では「泥船からネズミが逃げ始めた」という声もある。むろん、泥船化しているのは安倍官邸だ。
 そこへ朝日新聞のスクープ(10日)が追い撃ち。一面にデカデカと「安倍案件」!
 さらに同じ日、東京新聞もぶち上げた。この2紙の一面、タイトルだけでもインパクトがある。

◎朝日新聞
  面会記録に「首相案件」
  加計巡り首相秘書官
  愛媛県文書に記載

 
◎東京新聞
  内閣府が戦略特区提案
  加計側に「官邸から聞いている」
  獣医学部新設 申請前に幹部面会
  「加計ありき」鮮明に 

 どう考えたって、安倍首相、もう終わりだろう。沈みかかった泥船に、とうとうデカイ穴が開いてしまった。いくら水を掻きだしたところで、沈没は免れまい。

*****:まだまだ続きがありますよ。

|

2018年4月10日 (火)

The Post

「The Post」をみました。アメリカ人なら、これだけで、あ、ワシントンポストのことだとわかる。タイムズ、がニューヨークタイムズのことだとわかるように。どちらも地方紙。邦題は、ペンタゴンペーパーズ。

ベトナム戦争における政府の政策を長年にわたって調査した文書。負けるとわかっていながら、大本営発表してきた政府。その文書を暴露した人、新聞に載せた人たちがいる。たとえ、時の政府要人と親しくて、何度も食事をともにしる仲であっても。

載せるか載せないか、載せれば全員監獄行きだ。
新聞は何のために仕事してるんだ!
載せなきゃ自由が死ぬぞ!
ギリギリギリ、、、の決断。

publish!!go,go,go!

ポストの記事のあと、数々の地方紙がその時にしたこと。
そして、最高裁の判決。
報道の自由は民主主義にとって必要不可欠。
報道が仕えるのは国民であって、政権や政治家に仕えるのではない。

嘘の発表のせいで、ベトナムに送られ続けた若者たちがいっぱいいるんだ。報道の自由がいかに大事か。知らされなければ、そのまま若いいのちは殺され続けた。

森友文書改ざん、自衛隊日報、カケ問題、朝日や東京新聞や報道現場の心ある記者さんたち、ジャーナリストさんたち、どんな思いで私たちに知らせようとしてくれてることか。ポストの記者たちと重ね合わせて鼻の奥がつんつん熱くなった。泣く映画じゃないはずなのに。

秘密保護法、共謀罪、隠蔽、なんとなんと今の日本に共通してることだろう。トランプ政権になってすぐ、この映画をつくる、つくらなきゃ、と決めたスピルバーグ、ものすごいスピードでこの映画をつくったという。

加計学園を国家戦略特区で、とは内閣案件だった、とまたあらたな事実が出てきたばかり。

|

2018年4月 8日 (日)

高畑勲さんの、「ボロボロの平和を繕え」

去年の北陸中日新聞で、高畑勲さんのインタビューよんで、ぼろぼろの平和を繕え、という言葉に、ぐわんと胸をつかまれた気がしたのをおぼえています。その時、私はそれを繕う一人になりたい、そういうお針子になるよ、と書いたことも。

そう、たしかにもうぼろぼろです。去年以上に、今の政治(森友文書改ざん、働き方改革のいいかげんなデータ、自衛隊日報隠し)をみてると、あまりにも真実が隠されてる、知らされないことで、平和がどんどんぼろぼろにされていってる。

インタビュー、あらためて今よみかえして、高畑さんの遺した言葉を、その映像とともに忘れないよ!と約束します。

手のひらのハグで、合掌しながら。

|

伊藤真さんのおはなしから

金沢弁護士会主催の「今、石川県で憲法9条を考える」のシンポジウムに行ってきました。
パネラーのお一人だった弁護士の伊藤真さんのお話から。

今の自衛隊の位置付けは、必要最小限度の実力組織、ということになってるけど、実力と戦力の区別はできないこと。「最小限度」の範囲は国際情勢によってかわること。

初の国民投票で自衛隊が憲法に書き込まれることになったら、憲法上の組織に格上げされる。主権者である国民から正当に認められた組織になることで、自衛隊がどれだけ強い公共性を持つことになるか。

徴兵制、という制度までいかなくても、自衛隊の制服で教育の場面にはいっていくことが正当化される。軍事予算、軍需産業、教育現場などで、空気、雰囲気がかわっていく。
国は引っ越しができないのだから、隣人といかにうまくやっていくか、相手からいかに攻撃されないか、相手にその口実を与えないか、などなどなど。

伊藤さん、一人講演とちがって時間が短いのでいつもよりものすごい早口でお話されていたけど、滑舌がよくてらっしゃるのでよく聞き取れました。

伊藤さんのお話は以前にも石川保険医協会主催の講演でおききし、ご本も何冊か拝見しているので、「不思議なクニの憲法」リニューアル版に伊藤さんがお出になってること、憲法を介してちょぴっと共演?できたみたいでうれしかったです。

自衛隊の日報、1年前の南スーダンの時のだけでなく、10年以上前のイラク戦争時の日報も隠されていた。今現在もシビリアンコントロール、文民統制の効いてない組織が、憲法に正式に書き込まれることの影響を、みんな真剣に想像しなくちゃ。

|