2018年12月14日 (金)

辺野古と三上さんのスピーチ

8日、東京での「平和・協同ジャーナリスト基金賞」贈呈式でご一緒した三上智恵さん(「沖縄スパイ戦史」で受賞)のスピーチ。胸にずきんと刺さった。じかにそのスピーチをきいたものとして、三上さんの言葉を伝えたい。

今、三上さんは土砂が投入されてる辺野古の現場におられるのだろうか。(辺野古で、もうヘロヘロ、って今が今、三上さんからメッセージ。以下の言葉、アップしてもいいかどうか、お尋ねしてたの。承諾いただいたので、いま、アップします。できたら周りの方にもおしらせください。)

********

三上さんは6年前にもこの賞をうけとってる。高江の30分のドキュメンタリー。まだ那覇の人も、高江を知らなかった時。その受賞でとても勇気づけられた。27年間テレビで仕事したけど、沖縄のこといくら伝えても全国に伝わっていかない、そこで映画の世界に冒険で飛び込んでいった。
そこから「標的の島」「戦場ぬ止み」をつくった。でも宮古、石垣の島々に自衛隊が。島々が軍事要塞化すれば73年前以上の目にあうこと数年前からわかってた、だから「標的の島」をつくった。

見た方々の反応。沖縄にもっと寄り添わないとだめね、素晴らしい映画つくってくれてありがとう、時間あったら辺野古にいくわ。そう言われるたびすごく違和感あって、いらいらした。

沖縄が大変だから、それを全国の人にわかってもらいたい、そう思って映画をつくったことは、一度もない。沖縄大変だから、じゃなくて、沖縄にいると、あからさまにわかる。日本が壊れるけど、知ってますか? 三権分立おわってるけど、国民主権手放しつつあるけど、いいですか?対岸の火事じゃなくて、皆さんの服にもう火ついてますよ。大丈夫ですか。そのことを自分はいってるんだけど、この壁は何なんだ。

宮古は着工、石垣はこれから。となれば、沖縄戦から直接、処方箋もらってくるしかない。だから「沖縄スパイ戦史」をつくった。9条あっても、強いものに守られたい、とみんな大合唱。それに反対してる沖縄の人たちはわがままだ、アメリカに守ってもらってるのに、自衛隊にまで反対するなんてわがままだ、といわれる。自分だけ守られればいいの、誰に守られるの?

あったことがなかったことにされて、歴史の漂白がおきてる。「沖縄スパイ戦史」で描いたことは、日本軍によって、意図的な策で、何千人単位で殺されたということ。それは沖縄だったから、じゃない。軍隊の本質。旧日本軍と今持とうとしてる武力組織とが、今も繋がってるのか、繋がっていないのか、明らかにしたいとつくった映画。
そこから学ばないのなら、スパイじゃないのに殺された人たちは、二度殺される。住民を戦争につかい、食料を、子どもを、軍に出させた。その人たちは、軍の全容を知ってるから、捕まったらみなしゃべってしまう。だから殺さなきゃいけなかった。自決していただくか、スパイといって殺すか、マラリアとわかっていながらその島に追い込んでいくか。これは、地上戦ならどこでもおきうること。

「標的の島」の主人公の山城ヒロジさんが「スパイ戦史」みて、「三上さん、たいへんなことしたね、こんなのつくったら消されるよ」と。大ヒットにしないと消されちゃうなら、大ヒットするようがんばるしかないんです。

*******

三上さんの渾身のスピーチ、必死にかきとめた。スパイ戦史、うん、ヒットさせなくちゃならない、沖縄が自分ごとって意識してうごかなくちゃ、ってあらためて思う。これ読んだあなたも、どうぞ応援してください。

|

2018年11月29日 (木)

今日の毎日新聞 

今日の毎日新聞。

<自民>改憲案、今国会提示断念へ 参院選前の発議困難に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000094-mai-pol

自民党は、自衛隊の存在明記など4項目の憲法改正について、今国会での条文案提示を断念する方針を固めた。衆院憲法審査会が同党の想定通りに進まず、12月10日の会期末が迫る中、強引に審査会を運営すれば来年の通常国会に影響すると判断した。国会による改憲案の発議は早くても来年夏の参院選後になる見通しで、安倍晋三首相は戦略の再考を迫られそうだ。

***

わお!でも、でも、気をゆるめずに、またひとつまたひとつ、憲法が自分ごとだと感じる人がふえるように、12条していくよ。

その分、考える時間がふえたってことなら、しっかりその分、考えなくちゃね。
考えよっ、考えよっ。
(この、かんがえよ、は命令形口調ではなく、人形劇のちいおばさんの、指人形の赤ちゃんと黄色ちゃんが、あたまをかしげて考え合うポーズしながらいう口調でね。ああ、ここに音声でないのがもどかしいけど)

|

「9条の挑戦」

月に一度、富山県にいってもう13年になる。この仲間がいろんなジャンルのいい本をすすめてくれる。

おととい行った時に仲間の一人がこの本を見せてくれて、私自身も今読みたいって思ってるとこに、マガジン9条がこの本とりあげてくれていた。

「9条の挑戦〜〜非軍事中立戦略のリアリズム」
著者は、伊藤真さん、布施ゆうじんさん、神原元さん。

3人の著者に、あすわか弁護士さんがつぎつぎ質問する、出版記念イベントのリポート。

|

2018年11月28日 (水)

8月の宿題「沖縄スパイ戦史」

三上智恵さん大矢英代さん監督作品「沖縄スパイ戦史」を見たのは8月初め。
8月は、「けんぽうBook+」づくりの正念場の時期でなかなか感想がかけなかったのだけど、やっと遅ればせ、私なりの夏の宿題をだします。三上さんとも、感想書くね!って約束したし、明後日から沖縄に行く前には何としてもきもちまとめておかなければと。

3月、「標的の島」の内灘上映会で三上さんから、今つくっている映画は、沖縄の裏戦史。これまで語られてこなかった沖縄の秘密戦がテーマです、と 聞いていました。
少年たちが、護郷隊という名前のスパイ兵士、ゲリラ兵士として仕立てあげられたこと。日本軍は加害者、住民は被害者だった、の構図だけではくくることのできない、暗くて重たい、戦争の側面。
三上さんは、次の戦争をとめるためには今どうしてもこの映画をつくって、軍隊は住民を守らないことをきっちりと伝えたい、それは決して過去の話ではないから、と。
この映画作りの困難さ、壁にぶつかり、悩み続けながら、それでも あきらめない、かならず完成させる!という三上さんの気迫がびんびん伝わってきました。

なので、映画観る前から覚悟してた。泣くと思った、でも涙にならなかった。その残酷さ過酷さ、非情さが、覚悟してた想像を超えてた。
もう一回見た、じわじわと胸に迫った。三上さんと大矢さん、よくぞこの映画を完成させてくれたなあ!
日本側の資料的なものがほとんど残っていない中、アメリカが保管していた護郷隊の写真など探し出し、少年兵だった方々の一人一人と信頼を築きながらていねいに、50人の証言を聞かせていただく過程は、どんなに苦労だらけだったろう。

1944年8月、14歳から17歳の少年たちを中心とする秘密の部隊が沖縄につくられた。隊を指導し、まとめるのは陸軍中野学校出のエリート将校たち。
赤紙が来た、とよろこぶ父。自分は特別に選ばれた、軍人になれる、米軍やっつけられるとよろこぶ少年たち。その数、1000人ほど。
写真で見るその顔はまだまだあどけない。16歳、130センチという子もいる。当時はみんなそんなからだつきだったろう。
かっこいい隊長に憧れる少年たちは厳しい訓練をうけ、ゲリラ部隊となっていく。ハハリュとよばれる爆弾を抱えて戦車につっこむ訓練。米軍につかまったらスパイする訓練。スナイパーもいた、米軍の武器をうばって戦う少年もいた、という。

義英くんの帰りを待って待ってまちわびたお母さん。山の中で遺骨がみつかり、お母さんはそのどくろを抱きしめて、ギエイよ〜、ギエイよ〜と、息子の名を呼んで泣き叫んだ。
その後、お母さんがおかしくなってしまったのが悲しかった、と弟さんがいう。
その兄は、実は戦死したのではなかった。破傷風から脳がおかされ17歳で軍医に殺されていたことが、数年前にわかった。

リョーコー二等兵は、いのちからがら家に戻った時は骨と皮ばかり。どうしてこんな姿になったの、と泣いた母。
家にいても、リョーコーさんの心は戦さ場。壁を壊したり、海や山に逃げ出したりして、兵隊幽霊と近所の人から呼ばれ、2畳の座敷牢にとじこめられた。
彼のPTSD戦争神経症は30年も続いたという。心がずっと戦場だった、というリョーコーさんの話は、ベトナム戦争で心が壊れ、自分が殺した人たちの悪夢に苛まれたアレン・ネルソンさんのお話とも重なる。彼の中で戦争は終わらず、彼を苦しめ続けたんだ。
リョーコーさんはその後、たった一人で山を耕し、亡くなった自分の戦友の数だけ、69本のカンヒザクラの苗木を植えた。その中には、ギエイ桜もある。

地上戦がなかった八重山諸島だったのに、軍の命令で強制的に住民がマラリアの蔓延する地に送られ、3600人もが亡くなった。
その事実を知ってショックを受けた大矢さんは学生時代、もっとも被害の大きかった波照間島に住んで調べ続けた。
波照間から西表島に移住を強制したのも、やはり中野学校出で、教師として島に入り込んでいた男だった。波照間の500人の人が、この戦争マラリアで亡くなった。米軍につかまったら秘密が もれる、という理由で死ぬことをわかっていながら西表に移住させたんだ。
住民をスパイ視するのもまた、軍の方針。軍は、住民を手なづけ、利用しながら、疑った。スパイの名簿作りを地元住民に手伝わせ、スパイと疑われた人を虐殺した。住民同士の監視、疑心暗鬼がうずまく。これが、戦争というものの本質。いまだに語ることのできない 人たちもいる。

戦争を体験した方達の言葉が、エンドロールにかぶっていく。
(住民を)「守らないよ、戦さ場になる」「うそ〜〜守らないよ」「沖縄戦争、忘れたらまた地獄」

これは決して過去の話じゃない。宮古島、石垣島に自衛隊配備が進むのと同時に、もうこのような動きがはじまっている。すでに情報保全隊が入ってきていて、住民をつかって自衛隊配備をどう思っているかなど、リスト化していると三上監督はいう。
自衛隊法には、有事の際の住民の協力確保、が書かれている。先島諸島への自衛隊配備、ミサイル配備、弾薬庫建設などなど、それは一体誰を守るもの?
弾薬庫があれば狙われる。基地のあるところから、戦争ははじまる。自衛隊は住民を守る組織ではないということ。
国は沖縄を防波堤にするつもりか、悲しいけどそうとしか思えない。それを黙って知らんぷりしていたら、本土にすむ私も、沖縄に対しての加害者だと思う。

三上さんと大矢さん、二人が心くだいて、取材して、やっと聞きとった方たちの言葉 が、戦争の本質が、どうか多くの人に届きますように。

http://www.spy-senshi.com(2分ちょっとの予告編が見られます)

|

2018年11月 8日 (木)

華氏11/9

朝8時45分からの上映を見に、金沢のユナイテッドシネマ(元ルネスです)にいってきた。マイケルムーア監督の、「華氏119」。トランプ大統領がうまれたわけを、ここまでリアルに。監督は彼自身の反省もこめて、この映画をつくったんだ。

嘘の、つまりフェイクの大統領出馬。それが大受けしたことで、ひょっとしていけるかも? のアイディアがT氏にひらめいた。国にとって悪であっても、彼をだすとテレビ局がもうかることを知った経営者。メディアをもて遊んだ彼が、ついにはメディアに命令して、コントロールしはじめる。

ミシガン州知事が企業を経営するように政治してるのをみて、T氏はこの方法も学んだ。その州知事は、事業税を廃止して企業がもうかるようにし、緊急事態管理者法を通して(ほんとは緊急事態じゃなかったのに)、フリント市の水道を民営化し、その結果、住民は鉛で汚染されたフリント川の水を飲まされることになった。

子どもたちの血液から基準値以上の鉛が検出されても、その数字は改ざんさせられた。slowmotion エスニッククレンジング、スローな民族浄化、という言葉にぞっとする。
本来その州には豊かな水源の湖があるのに、川から水道をひいたんだ。それで大企業に不具合が出たら、その企業にだけ、湖のきれいな水をひくことまでして。どこまでも、利益>いのち。

共和党VS民主党。民主党は、譲歩といいつつ、どんどんど妥協して、どんどん共和党に近づいていった。支配者層の味方をする民主党は、共和党に負ける候補者を選んできたんだ。
民主党の大統領候補、働く人たちの味方のバーニーさんの得票数にもごまかしが行われて、ウエストバージニアの全55郡で実際にはバーニーさんが勝っていたのに、ヒラリーさんにまけた。そんな民主党には投票しない、という人たちが続出した。

パークランド高校の銃撃事件。この事件をthought & prayerで片付けたい、政治問題化させたくない政府に対して、高校生たちが声をあげて、政治問題化して、大きく行動した。全米で、最大の規模の集会。政治家に、全米ライフル協会からの献金をことわる、と言えますか、と高校生が迫る。

Tは突然ふってきたんじゃないんだ、その道の普請はずっと以前からおこなわれてきた。民主党もその道をつくってきてた。
Tは突拍子もないこといって、人々の関心をひく、反応を見る。2020年の大統領選を延期しよう、なんてことまで言ってたとは。

憲法がぼくらを守ってくれると気休めをいいすぎた、希望を持ち過ぎた。僕らを殺したのは希望だ。(の言葉は、ほんとに胸に刺さる。行動するしかないってことなんだ)


****

怒りに血圧あがりそうだ。高血圧の人はみるの要注意。私のもきっとあがってたろう。でも、怒りとともに伝えずにおれないきもち。

おとといのアメリカの中間選挙。下院は民主党が8年ぶりに勝った。若い人の7割が野党の民主党候補に投票したという。

「華氏11/9」の上映時間は、8:45〜 12:55〜 15:30〜 

|

アメリカ中間選挙

中間選挙前の、マイケルムーアさんのインタビュー。テレビ見ながらムーアさんの言葉メモしてたけど、こっちのほうが生で確実!

中間選挙、上院は予想通り共和党がかったけど、下院では民主党が勝利。青い波は起きたんだ。一票の重み、選挙の重み、すごく感じる選挙でした。

一票の重みを、日本の私も肝に銘じたい。

|

2018年11月 5日 (月)

ニュースの言葉 行政不服審査法

今日は、ピースウォーク2019の実行委員会にでかけました。集まった人たちと来年の3月21日に思いを巡らす。テーマとかもきまってなくて、まだまだこれからではあるけれど。このPW実行委のミーティング自体が、民主主義の練習の場所のようにも思っています。
いろんな考えがあり、意見があり、相手を否定しないで、話し合い重ねながら、ひとつひとつものごとを決めて行く、その過程そのものが、と。

今日は夜に約束があったので途中で早引けしたけど、帰りのカーラジオでたまたま聞いたNHK夕方のニュース。
辺野古うめたて承認を撤回した沖縄に対して、防衛省が行政不服審査をもうしたてたが、それはこの法律、行政不服審査法の濫用、まちがった使い方であると、行政法の専門家たち110人が声明をだした、というニュースでした。

本来、行政不服を申し立てるのは、一般国民が行政という権力のすることに対して、ノーを言うためのもの。それなのに、防衛省という行政が私人と名乗って、国交省という別の行政に不服を申し立てて、身内同士で審査して、その不服の請求をうけいれるって??

運転しながらなので、聞き取りは正確さに欠けてるかもしれないけど、先週の紅茶で具志堅さんがこの話(行政法の専門家が違法だといってるが、その声はテレビにのらない)をしてくださったたばかりなので、ニュースの言葉がすっと入ってきたんだと思う。

誰かの話を聞く、ってこういうことなんだよね。具志堅さんが誠実にいっしょけんめい語ってくださったから、カーラジオ聞いててより意味がわかる。ニュースの意味がもっと近づく。
たとえばーーあ、これ、前川喜平さんが言ってたことだな、とか、あ、太田まさかつさん(11月2日の憲法集会の講師)が言ってたことだな、というふうに、お話をじかに聴くことで、遠いニュースの言葉が私に近づく。

私がしつこくしつこく、けんぽうや13条や9条改憲etc.を語り続けるのも、たぶんそういうこと。あ、そういえば、スウさんが言ってたな、こんな話もしてたっけな、と、ニュースの言葉や新聞の言葉を、憲法と結びつけて考えてくれたら、と願いながら語っています。

|

太田まさかつさんのお話

11月2日の夜は、憲法県民集会。日本国憲法が交付されてから、11月3日で72年です。今年の講師は、共同通信の編集委員で論説委員、そして早稲田大学、長崎大学でも教えてらっしゃる太田昌克さん。初の赴任地が広島で、以来、原爆と核をずっとおいかけてこられたジャーナリストさんです。

テレビのコメンテーターでよくお顔拝見するけど、直にお話聞くのははじめて。演題は「朝鮮半島の非核化と平和への道すじ〜日米核同盟と揺れる憲法」米朝韓中日の外交駆け引き。知らない話がいっぱい。

6・12シンガポールの米朝会談までの流れ。韓国のムンジェイン大統領は戦争を本気で恐れて、南北のインテリジェンス二人をあわせて、水面下で交渉させた。2月にはオリンピック外交で、米のポンペイさんを北のキーパーソンにひきあわせた。
トランプ大統領と金正恩委員長があったのはすごいことだけれど、その後がすすまない。外交とは、水面下で地道な交渉の積み重ねがあって実って行くものだけど、今回はその積み重ねがないので、その後の話が詰まっていかない。

米朝のだましあいの外交の歴史。金前委員長とブッシュ元大統領とのだましあい、うらぎり。それが、北に核をつくらせる下地になってしまったんだなあ。また、日朝がうまくいかないように画策するアメリカでもあったのだなあ。

神のマント、という言葉。「神のマントが歴史の中に翻る時、それに飛びついてつかまえなくてはならない」
東西ドイツを統一に導いた西ドイツのコール首相の格言、歴史的な好機を逃すな、という意味でつかわれる。
今年1月から、ムンジェイン大統領たちがそのマントをつかもうとしていたんだ。そのマントは一緒になってつかみにいくもの。韓だけでなく、朝だけでなく。

朝鮮半島にマントはひるがえっているけど、それはまだ全然、かっこたるもんじゃない。あやういもの。そんな時期に改憲どころの話じゃ、まるでない。改憲のマントはしぼんでいる。

ノーマルネイション、普通の国になるより、日本はスペシャルネイションになればいい、9条を持っているんだから。米中のいさかいの橋渡し役とか。スペシャルネイションになれるものを持っているのに、その9を脱ぎ捨てるのか、一回や二回の国会でこんな大事なこと、改憲を、きめていいのか。

*****

新幹線最終列車にまにあうぎりぎりまでお話されてた太田さん。6月に東京で太田さんのお話をきいた小野ちゃんは、熱いハートにクールなヘッドの方、って言ってました。ほんとに。そして、忙しい中にもかかわらず、一人一人にとても丁寧に接してらっしゃいました。

この日、私は司会役だったので、舞台の袖で緊張しながらメモしてた。聞き違いのとこもあったらまた聞いたどなたか、教えてくださいね。この日の参加者は350人。太田さんは火曜日のテレ朝ワイドスクランブルにご出演中です。

|

2018年11月 4日 (日)

マガジン9条より


マガジン9条の雨宮処凛さんの連載。
今号は、生きて帰ってきてくれてた安田純平さんのこと。

|

マイケル・ムーア監督の言葉から

あさって火曜日のアメリカ中間選挙を前に、先日、日本のテレビのインタビューをうけたマイケル・ムーア監督の言葉から。

******

ナショナリズムの台頭じゃない、21世紀型のファシズムの台頭だ。
21世紀のファシズムの指導者は人を従わせる方法を編み出した、プロパガンダを生み出したんだ、fearー恐怖を使ってね、何百万人がひっかかった、今でもね。

国民が政府を支配しなければ、政府が国民を支配する。
民主主義だから国民が国家の未来を決定できるのに、なぜ投票に行かないんだ?民主主義はもう崖っぷちだよ。

「希望」は「行動」とは違う。
投票率の低い日本やアメリカは、これまでにない危険な状態。
アメリカの中間選挙が、最後のチャンスと思ってる。

*****

前に「華氏911」という映画をつくったムーア監督、今度つくった映画は「華氏119」。アメリカの今、をこの映画から知りたいと思う。それって日本の明日かもしれないから。

希望するだけではかえられない、行動を伴った希望でないと、ってムーア監督は言いたいのかな。
ジョンレノンの「Happy Christmas」の中の、war is over ,if you want it  のwantも、単に、あなたが望めば、ではきっとないように。

|

より以前の記事一覧