2019年2月 1日 (金)

沖縄すべての市町村で、県民投票実施へ/

25日、沖縄辺野古県民投票、全県で実施へ、と思ったのもつかのま、県民投票条例の可決が県議会の全会一致でなきゃ参加せん、という事態にもなり、2月24日すべての県での投票、、、があやぶまれてました。
でもついに、沖縄の41市町村で、県民投票実施への運びに。
うるま、宮古島につづいて、沖縄、宜野湾、石垣市も投票を実施することを発表。

ほっとしました。県議会で、辺野古の是非を問う県民投票条例の改正案が審議され、賛成/反対の2択から「どちらでもない」をくわえた3択で県民投票をおこなう、と可決されたにもかかわらず、それが全会一致の可決でないことを理由に、不参加だった5市の参加のめどがいったんはたったものの、また宙に浮きそうな事態になりかけてて、はらはらどきどき。

でも、これで沖縄のすべての有権者が投票できることになったんですね、よかった!!
元山くんの勇気ある行動、それに呼応した、沖縄の、そして全国の人たち。ここ石川からも!

|

2019年1月28日 (月)

沖縄へ、ファックス作戦、終了しました。

みなさま〜〜〜答えてくださった方々、ほんとにありがとうございました。
ファックス作戦は終了しましたこと、感謝を込めて!!ご報告。
元山くんの勇気ある行動はもちろんだけども、一人一人の12条する、ピープルの力を実感しました。

23日の紅茶の時間で、ファックスかいてくださった14人のみなさんにも、ありがとう!!

|

2019年1月25日 (金)

沖縄県民投票、全県で。


辺野古の県民投票、全県で実施へ。
元山くんたちの県民投票の会のたゆまぬ努力、元山くんのいのちをかけたハンスト、これにだまっていなかった沖縄の人たち、全国のひとたちの声が、こんな変化をもたらしたね。
行動してくれたすべてのひとたちに、ありがとう。5市長さん、その市に住む人たちの投票する権利を、ありがとう。
2択でなく、賛成、反対、どちらともいえない、の3択になったとはいえ、そして同じ日に投票はできないとしても、全県で民意を問うのでなくては、県民投票っていえなくなるところだったものね。

みゆきちゃんがよびかけた、参加しないといっていた5つの市への緊急ファックスアクションなどなど、一人一人のちいさな行動もその中にはいっているよね。
23日の紅茶で、緊急ファックスかいてくれたみなさんにも、ありがと===!

|

2019年1月22日 (火)

沖縄タイムズより

ハンガーストライキしていた元山くん、ドクターストップで入院して、その後退院。
沖縄タイムズのこの記事が、辺野古の県民投票のこと知らない人にも、わかりやすく説明してくれている。
明日の紅茶ない草かふぇでは、県民投票に参加しないといってる沖縄の5市の市長さんあて、ファックスをかきます。3時から。

**************

沖縄タイムズより。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00375518-okinawat-oki&fbclid=IwAR3wufshCd1E1xG3u2j3Z-8t2YSO8FKd5Bfg75kllElTDa3abYNV-uWBj3Y

新基地建設の賛否を問う県民投票の全県実施を求めた元山仁士郎さん(27)のハンガーストライキは、ドクターストップで終わった。塩と水だけで105時間、命懸けの行動には頭が下がる思いしかない

▼私たちはなぜ県民投票をやるのだろう。約4年前、県民は建設反対の故翁長雄志氏を知事に選んだが、国は選挙結果を尊重せずに作業を進めた。裁判所も新基地反対を「民意」とは認めなかった

▼いくら意思を示しても国は無視し続ける。ならば新基地の賛否だけを問い、「明確な民意」を示そうと元山さんら若者が署名を集めたのが始まりだ

▼翁長氏急逝に伴う昨年の知事選で、県民は反対の玉城デニー氏を選んだ。だが国はまたも一顧だにせず、土砂投入を強行した

▼県内では県民投票に5市が不参加を表明し、事態が日々急転している。元山さんが代表の「『辺野古』県民投票の会」は21日、全県実施できるのなら2択にこだわらない姿勢を示した。署名を集めた者として悔しい決断だったと思う

▼ハンスト中、元山さんは5市長を批判しなかった。街宣車の右翼にも「あの人たちも、みんなで投票したい」。県民同士が争ってはならないとの思いからだろう。声を聞かない国に向け、県民みんなで「明確な民意」を決めて示したい。5市長には、歴史の審判に耐えうる判断を求める。(磯野直)

|

2019年1月19日 (土)

琉球新報に、元山くんのことが。

琉球新報に。
宜野湾市役所前で、県民投票の参加を求めて、ハンガーストライキをしている元山くんのこと。
******
県民投票 分断超え必ず 元山さん「未来のため」(琉球新報) https://ryukyushimpo.jp/news/entry-863268.html
一部抜粋::
 「小学校低学年までは『うるさい』と飛行機に向かって叫んでいたが、高学年になると見向きもしなくなり、だんだん感覚がまひしていった」。普天間飛行場に近い宜野湾市野嵩の出身。授業が中断したり、米軍機の騒音で眠りが覚める生活は当たり前だった。
 しかし、東京の国際基督教大学に進学し、基地や騒音のない生活をして初めて基地の集中する故郷の異常さに気付いた。その一方で、「沖縄の基地問題ってどうなの?」と友人から問われても、何も知らない、教えられない自分がいた。
 そこで一念発起。沖縄の歴史や基地問題、民主主義の在り方を自ら学ぶようになった。そして「知れば知るほど、自分のそれまでの日常が異常だということに気付かされた」。選挙で示された沖縄の民意に反して進められる辺野古の移設工事、基地問題を巡って深まる県民同士の対立や分断。そんな分断を乗り越えようと、たどり着いた答えが県民投票だった。
 県民投票の意義について、元山さんはこう語る。「賛成、反対の方々が主張を交わし、主権者である県民一人一人が考え、意思を示す。それが民主主義社会において、沖縄の未来にとって何より重要だ」。県民同士が議論し、考え、悩み、意思を示す県民投票。「その過程を経れば必ずや分断を乗り越え、一つにまとまれる」と信じる。
 しかし今、有権者の約3割が議論や意思表示すらもできない可能性が高まっている。それでも、元山さんは諦めない。「予期せぬプロセスではあるが、今後より良い沖縄の社会をつくるためには乗り越えるべきハードルだ」。元山さんは事務を拒否する5市長にとどまらず、自由に意思を示す民主主義の根本を県民全員に問うている。 (長嶺真輝)

|

2019年1月16日 (水)

辺野古県民投票

2月24日の辺野古の県民投票を実施をもとめて、県民投票の会の元山くんが、宜野湾市役所前でハンガーストライキをはじめました。

県外に住むわたしにもできること。
県民投票に参加しないといっている5つの役場に、今、お電話しました。
沖縄市とうるま市と宮古島市と宜野湾市と石垣市に。
(したのサイトをクリックすると、各役場の電話番号がでてきます)

辺野古基地建設に賛成の人にも、反対の人にも、意思表示するとっても貴重な機会をうばわないで、県民投票を実施する方向で考え直していただきたいと市長さんにおつたえください、と。

どこも、電話はすぐにかかって、総務課につないでくれました。(うるま市の場合だけ、はじめに電話をとったひとどまりでしたが)。
宮古島にも宜野湾にも、こういったお願いの文書がほかにもたくさん届いている由。どこも、ていねいに対応してくれて、市長につたえます、と。
NHKお客様ふれあいセンター(0570−066−066)にも電話したよ。
県民投票の参加を求めて、宜野湾市役所まえでハンストしてる若者のこと、ぜひ、NHK
さんに報道してほしいです、って。
今朝の北陸中日新聞「こちら特報部」は、「透ける政権への忖度 沖縄県民投票不参加5市が表明」と大きな特集を組んでる。
******
HPにくわしく書かれてるので、青いとこをクリックしてみてね。
hungryforvote.net
#HungryforVote
#ハンストなう

|

2019年1月12日 (土)

中国語で、生徒憲章

菊地くんが見せてくれた、士幌中央中学校の生徒憲章。
彼の3年先輩たちがこの憲章をつくったそうです。

このFBでこの憲章を見た方たちがシェアしてくださって、36年前の十勝士幌発のタネがいろんなところに飛んでいってます。
長野に、岡山に、北海道に(逆輸入、なんちゃって)、埼玉に、愛知に、沖縄に。

そして、これを読んだ琴さんが、中国語に訳してくれました。
お許しもらったので、それをここにアップします。

琴さんは、去年11月、立科でのけんぽうかふぇにきてくれて、ともだちになりました。
みんなの前で自分のおいたちもお話ししてくれた。満蒙開拓団で満州に行ったお母さん。1945年8月、いのちからがらに生き延びて、中国の人と結婚して、琴さんが生まれました。
10代の時にお母さんと帰国した琴さん、日本の学校には行けなかったけれど、それからどんなに苦労して、努力して、必死で学んだことだろう。琴さんは、自分と出会ったすべてのひとが先生です、と言っていました。
琴さん、訳してくれてありがとう!


《 生徒憲章 》
         1996年3月15日制定
【人権の章】
人間だから
わたしの生命(いのち)も心もたった一つ
かけがえのないひとりとして
大切にされる
あなたも人間だから
わたしはあなたを大切にする 
【自主の章】
人問だから
わたしはわたしの意志をもつ
自ら創りあげる喜び
やりとげる責任とともに
ひとりの人間だから
わたしもあなたも自分で立てる
【民主の章】
人間だから
わたしはあなたと違う
たがいを認め、そして話しあう
違う人間だけれど平等であるために
だれもが人間だから
わたしとあなたは支えあえる
【希望の章】
人間だから
わたしはわたしを高めていける
真実を求め
豊かな心を育てる
わたしたちは人間だから
夢に向かってともに歩く


「中国語に翻訳します」
《学生宪章》
1996年3月15日制定
【人权之章】
因为是人
我的生命,我的心,只有一个
作为不可替代的一个人
被重视
我要重视你也是人
【自主之章】
因为是个人
我有我的意志
自己创造出来的喜悦
除了要完成的责任之外
虽然我们都是人。
但是我和你要自己站起来
【民主之章】
因为是人
我和你不同
承认事情的意义,然后互相陈述
是不同的人,但同样是平等的。
每个人都是人类。
我和你相互支持
【希望章】
因为是人
我能把我挑高
求得真相
培养丰富的心灵
我们是人
向着梦想一起走

|

士幌中央中学校の生徒憲章

おとといの紅茶にきてた菊地くんが、かえりがけに、すっごくうれしそうな顔で、キラキラの目で、みせてくれたもの。
もうずいぶん貫禄ついてる古い生徒手帳をひらいて、見せてくれたページに、この「生徒憲章」がありました。

《 生徒憲章 》
         1996年3月15日制定
【人権の章】
人間だから
わたしの生命(いのち)も心もたった一つ
かけがえのないひとりとして
大切にされる
あなたも人間だから
わたしはあなたを大切にする 

【自主の章】
人問だから
わたしはわたしの意志をもつ
自ら創りあげる喜び
やりとげる責任とともに
ひとりの人間だから
わたしもあなたも自分で立てる

【民主の章】
人間だから
わたしはあなたと違う
たがいを認め、そして話しあう
違う人間だけれど平等であるために
だれもが人間だから
わたしとあなたは支えあえる

【希望の章】
人間だから
わたしはわたしを高めていける
真実を求め
豊かな心を育てる
わたしたちは人間だから
夢に向かってともに歩く

----------------------------

これ、3つ上の先輩たちが、先生から充てがわれたんじゃなくて、自分たちでつくったんですよ!と、菊地君。
この学校は、北海道十勝の、士幌町立中央中学校です。

うわおおお。人権の章は、まさに13条そのものだ!
民主の章には、14条もはいってる。
「個」+「ともに」、がどの章にも満ちている。
すばらしいなあ!!

あんまりすてきなので、昨日の図書館の詩の読書会では、この生徒憲章をオンドクしました。けんぽうかふぇで出前に行くときにも、読ませてもらおうっと。
これをつくった生徒さんは今、36歳くらいかな?

大切な憲章、見せてくれて、菊地くん、ほんとにありがとう!

|

2019年1月 8日 (火)

嘘つきは、戦争の始まり

1月7日の朝日新聞全面広告、ごらんになりましたか。
宝島社が出してる。

191

油まみれの水鳥の写真に「嘘つきは、戦争の始まり」というヘッドコピーがなんともすごいインパクト。

ベテランズフォーピースのマイクさん、ベトナム戦争も嘘ではじまり、嘘で塗り固められた戦争だった、といってた。

最後のコピーは、「嘘をやっつけろ」。嘘を見抜け、我ら。

|

2019年1月 6日 (日)

ホワイトハウスへ、あとひとふんばり。

瀬長カメジローさんの言葉。
ほんとに胸にしみる。
7日まで、ホワイトハウスに署名をおくりつづけよう。
これみてる人はもうほとんどしたよ、ってひとかもしれないけど。
でも、もう署名したあなたがシェアしたら、まだのひとの目に、ふれるかもしれない。

最初の一筆からはじまった署名が17万越え。

隣町に住む、水口さんのをシェアします。
******
「この瀬長ひとりが叫んだならば、50メートル先まで聞こえます。ここに集まった人々が声をそろえて叫んだならば、全那覇市民にまで聞こえます。
沖縄70万県民が声をそろえて叫んだならば、太平洋の荒波を超えてワシントン政府を動かすことができます」

日本中、世界中が叫んだら、きっと事態を変えられます。

米軍統治下での瀬長亀次郎の演説から68年。
沖縄移民4世の青年ロブさんが、『県民投票まで辺野古・大浦湾の埋め立てをやめること』を求めて始めたホワイトハウスへの請願署名。

現在17万6410筆が集まり、過去の請願ランキング5位になりました。
1月7日にロブさんがホワイトハウス前で記者会見するまで、一筆でも多くの署名をと、ここにお願い致します。ほとんどがもうお済みかもしれませんが、周りへの拡散をよろしくです。

13歳以上ならだれでもできます。
記入したメルアドに、確認メールが帰ってきますので、ぽちっとして確定をお忘れなく。 
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa?fbclid=IwAR1aku0SRTiN0TZmRDG8mvf4gmCo0ejmDgvuiQDGZafR13Ef1CLhWaWYvqE

|

より以前の記事一覧