2019年8月20日 (火)

オリーブさんから

6月に紅茶の時間で、みえなくなってみえてきたこと、と題してお話してくれたオリーブさん。
今やっと新しい事業所とつながることができて、居宅や外出や暮らしに欠かせないサービスを受けられるようになってきたそうです。まずはそれだけでもよかった!

鍼灸のお仕事再開には、まだまだ時間がかかるとのこと。だけど、視覚障害者の働くを考える会あうわの活動はストップするわけにいきません、と。そんな状況で奮闘中のオリーブさんの今がよくわかる投稿です。あうわにおきもちよせてくださる方いらしたら、うれしいなあ。

 

 

ここから、オリーブさんの投稿です。*******

ご心配をおかけしております。
近況をかねて投稿させていただきます。

まずは
ご迷惑をおかけしているみなさま
重ね重ね本当に申し訳ありません。
お詫び申し上げます。

5月に福祉サービスの事業所が閉鎖され
相談支援、居宅支援、移動支援がうけられなくなっていましたが
新しい事業所が決まり
サービスを受けることが可能になりました。

新しい事業所さん、新しいヘルパーさん
とてもいいかたにご縁が繋がりましたが
7~8年かけて つくりあげてきた
いままでの支援環境とは
まだまだ程遠い状況のため
仕事再開のメドはたっていません。

蓄えも心細くなってきたため
気持ちは焦るばかりですが
ここはふんばりどころ。

中途で視覚障害となり
はじめて福祉サービスをお願いしたころは
約五人/週を施術しながらでした。
当時は「あうわ」の活動もしていなかったので
ゆっくり少しずつ
ヘルパーさんとその事業所さんと一緒に
私の支援環境を作ることができました。

ここ数年の仕事量&活動量をこなせていたのは
私のサポートが必要なところを的確に理解し
最大限の支援を一緒につくり
提供してくださっていたからなんだなと
前の事業所さんヘルパーさんに
改めて
お世話になってきたことに感謝をしています。

この事業所の理事長さんは 
ボランティアで視覚障害者の山登りをサポートされるかたでした。視覚障害になってから
白山登山を達成てきたのも理事長さんのおかげでした。
彼の急逝は本当に悲しく残念でなりません。

話はそれました…

ほぼ毎日どなたかからご連絡を
いただいておりますが
相変わらずお返事もままならず
申し訳なく思っています。
こんな不義理ばかりのわたしに
なにかお手伝いをしたいと申し出てくださったり
お茶やランチでもとお誘いいただいたりと
本当にありがたいことです。
ですが
いまは 一日も早く
新しいヘルパーさんと事業所さんと
いちから
仕事ができる環境を構築することに
注力したいと思っています。
七年前とは仕事量活動量が段違いですし
思うように運びませんが
一度やってきていること
いつかはいいのになるとわかっていますので
一歩一歩積み重ねるのみです。

鍼灸院の仕事は休業中ですが
「あうわ」視覚障害者の働くを考える会の活動は私だけのものではないのでお休みできません。
この会は、
助成金とわたしの私費で成り立っています。
数ヶ月無収入のため活動費へまわすのは
厳しい状況です。
また
わたしがこんな状況でもありますので
マンパワーが完全不足しております。

もし
まだこんなわたしへなにかを…と
思ってくださるかたがいらっしゃいましたら
どうか
「あうわ」へお力をお気持ちを
いただけたら幸いです。

視覚障害者が働くためには
就労支援はもちろんですが
生活の支援の確立もとても大切な条件となります。
今回わたしもいたいほど突きつけられました。
40代50代以降中途で視覚障害者になる割合が多く親のバックアップが難しい視覚障害は
障害に対する理解が
まだまだ社会に拡がっていません。
「あうわ」の活動は
まずは
視覚障害者が生きていけるためにどうしたらいいか社会で考えあえる土壌づくりを目標としています。

たいへん厚かましいお願いではありますが
温かいお気持ちをお待ちいたしております。

○ご寄付してくださるかたへ
振込先
ゆうちょ銀行
記号13160 番号20903651
「あうわ」視覚障害者の働くを考える会
※振込用紙に
 ご住所電話番号氏名のご記入
 よろしくお願いいたします。

○一緒に活動してくださるかた
メッセージで林までご連絡お願いします。

鍼灸院の再開については
メドがたち次第
まずは
5月にご予約いただいていたクライアントさまからご連絡させていただきます。

|

2019年8月16日 (金)

テレビコマーシャルのこと

消費税ってどうしてあげるの?あげた2%は何に使うの?
というテレビコマーシャル、たった今みました。
 
今の政権がこれまでどれだけ、お金持ちでない人々の暮らしを苦しめてきたか知らなかったり、先にあげた消費税によるお金が、必ずしもこのコマーシャルの言うような社会保障に使われてこなかった、ってこと知らなかったら、ふうん、そうなのか、って納得する人だっているだろう。コマーシャルには、人を誘導する力があるから。
 
もしも改憲案が発議されたら、国民投票の2週間前まで、テレビコマーシャルは何の制限もなく流すことができるので、そうか、憲法ってかえたほうがいいんだな、と見た人が納得しちゃうようなテレビCMが、洪水のように毎日毎日流れるだろう。お金もってる側が圧倒的に有利な、今の国民投票法のしくみは、あきらかに不公平すぎる。
 
憲法をかえるかかえないか、選ぶのは国民のみなさんです、と政府はいうけど、はたして冷静に選べるのか? わたしたち。
国民投票期間になってから考えるんじゃ、もう遅すぎるって思う!

|

2019年7月31日 (水)

とくダネ!

https://www.youtube.com/watch?v=Ts0zEoJ9dLo&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1YJT4oLsj6QEnz090HINN05YeY0N_zwOmAhr_eqcF6Woq4F5RMGu788bo

29日のフジTVの朝の番組、「とくダネ!」でれいわの太郎さん、ふなごさん、きむらさんの3人が生出演。
50分近くの大きな特集でした。見逃した方、上のサイトから動画が見れます。

みた後、こんなメールをフジTVに。
クリックするとご意見のフォームがでてきます。

https://s1.fujitv.co.jp/safe/tokudane/08/form.html…

一昨日29日の朝のフジTVとくダネ!にメールしました。
あなたも思うことあったらフジさんに。

れいわの長い特集、拝見しました。3人を生で出演させてくださって、ありがとうございます。おぐらさんの発言、ほんとなら選挙前に、というのはほんとに実感こもっていました。よくぞいってくださいました。「公平」の名のもとに、選挙期間が気持ち悪いくらい静かすぎて、選挙があることすらしらないひとがたくさん、ましてやれいわも。フジさん、太郎さんに生できちんと話させてくださってありがとうございました。

|

全国民主主義教育研究会で

東京で今、開かれている全国民主主義教育研究会に、きのう娘が出かけていきました。十勝で憲法寺子屋をしてるママたちに憲法を語り、それが発展して、親子で聞く憲法のお話を重ねている山本まさとしさん。その山本さんが、小学一年生からわかる憲法、北海道のママたちの憲法カフェのとりくみ、というテーマでお話されるって知って、聴きに行ったのです。

子どもたちの実感できることを入り口にーー誕生日とか、名前とか、花火とか、アンパンマンとか、キティちゃんなどなどーーから入っていって、人権、という単語をつかわずにそれを、憲法の条文をつかわずに憲法の理念と本質を、工夫しながらわかりやすく、こどもたちに手渡す山本さんのお話、娘にもめっちゃ楽しかったらしく、ゆうべ深夜の長電話でそれをリアルこと細かに再現してくれて、私までそのお話聞けてすんごく得したみたいな気分。

十勝の憲法寺子屋のママたちとも山本さんとも、私は去年9月に帯広で出会っています。もとは高校の社会科の先生だった山本さん、いまは大学の先生しながら、ママたちの求めに応じて、ちいさな集まりでも憲法のお話しにきてくださってるのです。

去年の帯広母親大会。私は午前の分科会で山本さんのお話をきき、午後は山本さんが私の話を聞いてくださり。その時は大人向けのお話だったけど、サザンの曲あり、「この世界の片隅に」があり、その先に、結婚十訓が出てきて、結婚報国、育児報国、、と続いていく、やまもと憲法!わくわくするほど新鮮で、とても深い学びになりました。
(それ以後の私のけんぽうかふぇでは、必ず、「報国」という言葉を出しています。山本さんもまた、ほめ言葉のシャワーのワークや13条のこと、話してくださってる)

昨日は山本さん、お話の中で、私のことやけんぽうBOOKのこと、参加してる娘のことも紹介してくださり、おかげで、娘が持ち込んだサクラ色メロン色のけんぽうBOOK、完売したそうで〜〜す。
山本さん、ありがとうございました。

今度アルパカから出版される「こども哲学ハンドブック」のちらしの袋つめも、娘が前日に会場に行ってさせてもらった由。学校の先生たちの集まりでもっと緊張するかと思ってたけど、二日とも楽しかったって。私もこの本届くの待ってるところ。紅茶でもまとめて注文したので、紅茶で見かけたらどうぞ手にとってごらんくださいね(生まれたての出版社アルパカで、娘も少しお手伝いしています)。

197_20190731112601

|

2019年7月30日 (火)

憲法を取引材料にしないで。

たちの悪い冗談かと思ったけど、ほんとだった。NHKをぶっこわす、といって政党になったN国党に、丸山穂高議員が入党した。理念も何もあったもんじゃない、ただ、数あわせ。

そのうえ、渡辺議員と、みんなの党という会派を組むという。

憎悪と敵意と悪口で耳目を集め、票を集めたこの党。もとからの地方議員はともかく、投票した一人一人はこういうこと、予想してたろうか。

NHKに受信料をはらったものだけがNHKをみられるスクランブル放送が可能になるなら、憲法改正に賛成してもいい、といってるN国党。あろうことか、憲法を取引材料にするなんて。

 

怒りまくってます、私。

|

2019年7月29日 (月)

サクラとメロン

サクラとメロンのけんぽうBook。

189
去年の今頃は、毎日毎日、汗とバトルしながら、メロン色の本の中身を書いてました。8月に入ってからが、編集と書き直し、また書き直し書き足し、編集、の繰り返し。鬼編集長の娘と毎晩スカイプで、あーだこーだの編集会議したっけなあ。

昨日、改めてメロン本をよみかえしてた。第2章の、どんなひとも身の丈に、ってとこ。
13条が、こう言ってる。
何ができる、できないは関係ない、たった一人のあなた、ただそれだけで大切な存在なんだよ。生きて幸せをおいもとめていいんだよ。
あなたはほかの誰ともとりかえがきかない。国にとってつごうのいい、とりかえのきく部品なんかじゃないんだよ。

娘が13条をこう読み解いてくれたおかげで、私の憲法の語りは確実にかわったんです。
昨日改めて読み直してて、ああ、太郎さんが何度も何度も、あなたに生きててほしいんだよ、 あなたは生きてていい、生産性で人がはかられる社会を変えたいんだよ、と言ってたけど、それとまさに重なる。
だから、金沢駅前で太郎さんの話初めて聞いた時、政治家でこんなこと言う人いないよ、応援したい、って強く思ったんだって、わかった。

参院選の結果で安倍さんは何としても改憲、って動くだろう。メロン本には9条に自衛隊、のことだけでなく、もっと危険な、緊急事態条項のことも書いてます。読んで頂けたらとってもうれしいな。こんな本もまた、社会とつながる環境の、一部にしてもらえたら。メロン本は900円、一冊なら送料込みで1080円。

|

2019年7月27日 (土)

平和のおはなし会@はまなす文庫

今日27日、細川さんのはまなす文庫で、夏の恒例、へいわのおはなし会。今年も行きました。細川さんが用意してくださってた平和の絵本から、それぞれ自分が読みたいものを選んで読みます。
 
わらべ唄、手遊び、全員で読む詩(今年のそれはまど・みちおさんの「水はうたいます」)に続いて、律子さんの語るおはなし「うりひめ」。今日読まれた絵本は、「あさになったので まどをあけますよ」「ウィリーとともだち」「ワンガリの平和の木」「おとうさんのちず」「ピースブック」「へいわってすてきだね」など。違う人の声で聞く平和の本たち、一つ一つどれもいいなあ。
最後の紙芝居「おじいさんのできること」を読む前に、私は「まえそら」を。
 
まえそらする前にすこしお話。
今日の絵本の中にもなんども出てきたね、平和ってなんだろう。平和って、こんなふうに平和のおはなし会がひらけて、好きな本を読めて、思ってること言える自由があるってこと。憲法は、私たちが今持っている自由がとりあげられられないように、守ってくれているものだよ。その憲法の一番最初に書いてあるのが、前文(まえぶん)。それを覚えてそらんじるのが、まえそらです。
 
今日はちいさいひとも参加してたので、いつもより丁寧に前文の中のむずかしい言葉の説明をしてから、まえそらしました。ふりかえりの感想の時、今日初めて憲法の前文を知った、聞いた、って人が何人もいて、小学生の娘と一緒に聞けてよかった、こんなすごいこと書いてあるって知らなかった、と。
 
こんなことも、憲法を知ってもらうきっかけ、環境の一部になること。毎年続くこの平和のおはなし会自体、平和ってどういうことだろ、と考える環境をずっと育ててきてるってことだよね、きっと。197_20190727213902
197_20190727213901
 
並べた絵本の中で、憲法の豆本もあるけど見つけられるかな。

|

2019年7月26日 (金)

やすらぎの刻〜道

倉本聰さん脚本の「やすらぎの刻」をできるかぎり見ている。
入れ子になってるもう一つのドラマ「道」。タイトルには、日本が戦争に向かって行った「道」の意味も含まれてると思う。戦争を望まない人たちもこぞって、その道を行かされる。25日放送は徴兵検査の場面。リアルで胸が詰まる。
https://gyao.yahoo.co.jp/…/5ca2ab70-4c18-4812-9c62-0438f55c…
桑の木の抜根も、満蒙開拓団も、産めよ増やせよの結婚・育児「報国」も、赤紙による徴兵も、民間人に課せられるさまざまな徴用も、すべて国策だ。鉄平兄ちゃんは赤紙を破って徴兵を拒否。一体これからどうなっていくんだろう、、、。

対イラン政策で、アメリカが有志連合への参加を日本に求め、それに応えるのもまた国策? 報国、って言葉が、ゾンビみたいに息を吹き返してもいいですか。

|

2019年7月25日 (木)

NHK NHK政治マガジン 「れいわ旋風が問うものは」

NHK政治部記者の小泉知世さんが分析した、とってもくわしくていい記事!

NHK政治マガジン「れいわ旋風が問うものは」

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/20430.html?fbclid=IwAR38BgB8-4SiGDUtf3ouUCCVPqYKB9XEu2SUZcBwer1vB1bWBLEsZf4gda0

 

ついでにこれもまた別の、NHK政治マガジン。投票日に全店舗をお休みにした、パタゴニアさん。それ以外にも、年代超えて、政治を語り合える場も提供していた。
政治を話す、をかっこいいことにしようという試み。これも環境づくりの一つだなあ。

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/20067.html

いろんなお店での選挙割のことにも触れていた。
シサム工房さんもしたね、野々市のフェアトレードショップののっぽくん・アルさんでもしてたね。そういうことも、投票にいきやすくする環境づくりの一部。

|

太郎さんモーニングショーに生出演

25日テレ朝モーニングショー、緊急特集で山本太郎さん、地上波初の生出演、20分あまり。予想より早い時間9:12分台からで、焦る!でも録画してるので、見逃した方、見たい方、草かふぇでまた見ましょう。
これで録画、見れます。
https://www.youtube.com/watch?v=t8QQcr6MvfY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR3cTCuxDv9Lxsms8_FfyJclBoqKSz86qVg3-m7tzzXcOWyw-dPDJNse_aM&app=desktop
テレビ見ない方、見逃した方。約15分の生放送の録画。最後の30秒余りの迫力。
 
比例に入れた人の、20に1人がれいわに投票。無党派で1割の人がいれたということ。2%超えの政党要件を、4.55%と見事に満たし、本物の政党になったので、テレビにでて党の代表として語ること、ほんとは当たり前なんだけどね。
 
玉川さんが次々訊いていく。
れいわは何をめざしているのか/消費税廃止で大丈夫なの?/財源はどう考えているの?/国会をどう変えていきたいの?/原発の即時廃止でどうなるの?などなど。太郎さんが街頭でいつも語っていることを限られた時間内で。
 
太郎さん発言、メモ書きより。
 
ーー現状維持が望ましい、として、なんとなくバックリの安定感で、多くの人が与党にいれたのだろうが、そもそも現状維持になっていないということを、知らなきゃいけない。消費と投資が20年失われた国(デフレが20年続いてる国は日本以外にない、と安倍さん国会答弁してる)で、このまま現状維持なんて、できないんだ。
衆院選で野党共闘するとしても、あくまでも減税。「凍結」はいつか溶けちゃうから。
 
ーーれいわは、ふなごさんときむらさんを国会に送り出した。お二人は、寝たきり界のトップランナー。
生産性でひとが測られる世の中。役に立ってるの?あなた何ができるの?そんなふうにひとの価値を計らせない。それが加速したら、次はいのちの期限をきめてくるだろう。
 
******
 
太郎さんが生出演したテレ朝モーニングショーに、エール送りませんか。こんなの、送信しました。
   ↓
ーー選挙中、まったくといっていいほど無視されていた山本太郎さんとれいわ新選組、地上波で初、しかも生放送で取り上げてくださってありがとうございます!
20分あまりのスタジオ生番組で、はじめてれいわを知った人、全国に大勢いたとおもいます。地上波ではじめてとりあげてくださったテレビ朝日、モーンングショーの方々の、英断に感謝します。でもそもそも、きちんと政党要件を満たして政党にになったのですから、むしろ取り上げない方がおかしい。玉川さんも言ってらしたけど、報道することを誰もとめられない。とめちゃいけない。私たちの知る権利を実行してくださっでありがとう。
 
きのうのモーニングショーで予告があったのでFBに書いたところ、多くの人がすぐに反応して、見ます、録画します!とコメント&シェア。いかにSNSがこれだけ普及していても、テレビの露出がないなかで、ほんとに太郎さんたち、よく戦ったと思います。風穴はあきました。どうかこれからもれいわをとりあげてください。衆院選の投票率をあげられると思います。
 
テレビ朝日へのご意見のアドレスはこちら。
https://wws.tv-asahi.co.jp/contact_to/index.php

|

より以前の記事一覧