2018年11月 5日 (月)

ちぃば、こと、ちいさん

11月3日、羽咋の夢生民(むうみん)さんへ。この日は、らっきい、ランチも食べられるむうみん、3つのグループホーム、るるるんち、などを生み出した「つながり」の10周年記念の日。
その記念イベントの一つ、がらくた座のちいおばさんこと、木島知草さんの人形劇を見にいきました、っていうより、ちいさんに会いたくて会いたくて、出かけました。

去年4月、ちいさんが安曇野のけんぽうかふぇにきてくれたから一年半ぶりの再会だけど、ちいさんの人形劇見るのはもう何年振りだろう!
1時間半、ノンストップで、ちいさなからだをフルに使って、手袋人形のあかちゃん、きいろちゃんの人形劇。歌あり、手話のダンスあり、見てる子どもたちと最初から最後まできもちのキャッチボールしながら演じきる!
お腹がいたくなるくらい楽しい人形劇の中に、いのちの話・生と性の話も、HIV/AIDSの話も、しっかり織り込まれてる。

赤ちゃんと黄色ちゃんの会話は、こんなふう。

私たち、手袋から生まれたいのち。
よ〜くわかってほしいから、よ〜く見て。いやなとこはさわらないで。肩のとこそっとさわるのはいいよ。

目の見えない人、聞こえない人、みんないろんな特徴を持っている。
男と女、ってふうに二つだけに分けられない、男に生まれて女になりたい人も、男の人を愛する男の人もいるよね。

いのちは比べられない。でも誰もが、しあわせになるためにこの世に生まれてきた。

どうして女の子が力持ちじゃいけないの?男の子だって弱くていいんだよ。弱いと思ってる人が、強いものを助けてくれることもあるんだよ。

ここにいる人たちみ〜〜んな、砂の粒くらいちっちゃかったんだ。
地球みたいな子宮。海のような羊水。太陽みたいな胎盤。
みんな、お父さんとお母さんのいのちの設計図を受け継いで、いのちがけで生まれてきたんだよ。

******

ちいさん手描きのちらしには、「ちぃばぁの命のお話」と書いてあったけど、ちいさんはとってもとても若々しくて、大きいお孫さんはいるけど、「ばぁ」じゃないなあ、と思ってた。
そしたらちいさん、「ちぃばぁ」の呼び名が好きなんだって。「ばぁ」には安心感があるでしょ、幼い子たちに、安心して話を聞いてもらえる感じ。ちぃばぁ、は、地球のばぁでもあると思う、っていってた。
そうかぁ、ちぃーば、にはそんな意味もあったのか。ちぃーば、はちいさんの新しい呼び名にふさわしいかも。

でも私からはやっぱり、ちいさんと呼んじゃうな。その全身で愛を、いのちを、平和を、憲法のたいせつさを、ずっとずっと伝え続けている人。心から私の尊敬する人。そのちいさんが、けんぽうぶっくを何度も注文してくれては、人形劇の旅の途中で売ってくれている、時には出逢う人にプレゼントもしてくれている。

それぞれの表現方法は違うけど、ちいさんは人形劇で、私は言葉で、憲法を、平和を、伝えて行くんだね。ちいさんとのハグはあったかくて、うれしくて、涙がでたよ。おたがいにできることせいいっぱいいしてこうね、と言葉にしないで伝えあった。

写真は、トイレにはってあるちいさんカレンダーの12月のページ。ちいさんが読んでいるのは、なんと、けんぽうぶっく。

182

|

2018年10月30日 (火)

ほっとらいんさんとつながったよ!

滋賀県と岡山県の出前のあと、石川に戻った翌日は、毎年、美川のルーツ交流館(石川県の県庁が最初にあったのが、この美川だったことから)が会場の、ほっとらいんさんのよし笛コンサートに。

よしぶえは、葦の茎と竹でできたちいさな、見た目も頼りなさそうな、縦笛です。吹き口だけ竹で、あとは葦でできている。全部が竹のとはちがう、素朴な息の音色。

そのよしぶえを吹くのは、ほっとらいんのみきさん。ギターを弾くのはタクさん。タクさんは、私の13条の歌でギターを弾いて、あの歌をCDにしてくださった方。
なんどもきいてるけど、ご夫婦のコラボがほんとにすてき、よしぶえの音色は私の心に深呼吸させてくれる音楽です。


この日は1時間半のあいだに、ミッキーマウスマーチからはじまって、25曲!演奏もあり、ビートルズもあり、童謡も唱歌も歌謡曲もクラシックも最近の歌もあり。コンサートにきてる人たちと一緒に歌う歌もいっぱいありました。お母さんときていた坊やは、トトロといっしょに散歩してました!おおよろこびで踊り出すほどに。

ほっとらいんさんは滋賀県近江八幡にお住まい。そして、私を滋賀県によんでくださった林さんとほっとらいんさん、滋賀県民さん同士が、このFBでたった今、つながりました。FBの魔法のようです。

1710 うれしいうれしい。
いつかきっと、ほっとらいんさんと私とのコラボ、滋賀県で実現できたらいいですねえ。

|

2018年10月15日 (月)

お誕生日に、名前のラブレター

今回のVFPジャパンツアーの仕掛け人、VFPジャパンの共同代表で、あすわか弁護士の武井ゆきこさん。
なんと、昨日がお誕生日だったのです。
会のあと、実行委で一緒にお食事。

内緒のバースデーカードにみんなの寄せ書きを。実行委員のだけでなく、マイクおじさんやネイサンさんや井筒さんの言葉も。

私はこんな名前のラブレターを。

たのしく
けんぽうカフェ
いろんなところに
ゆうきのたねをまく
きもの大好き
こうどうするあすわか。

頭文字を縦に読むと、たけいゆきこ。わ〜〜い。

|

2018年9月 6日 (木)

ウキコさん、、、、。

ウキコさんが天に、って、きのう、岡山のともだちがしらせてくれました。

絵本と石鹸のお店、宇吉堂のウキコさん。
ウキコさん、カメさん、石川を離れるちょっとまえのアルさんで、おあいしたねえ、今思うとあそこ出会えたこともとくべつな意味があったのかもしれません。おかやま、おおつ、金沢、和歌山、、、といく先々でウキコタネをまいてくれたね。和歌山のカフェムロさんに行けたのも、ウキコさんのおかげ。
するどくてあったかい、本物の言葉がドクン、とこっちの胸にまっすぐはいってきました。
きていたお洋服が、これまたいつもいつもウキコファッションで。お洋服も小物も、よく手作りしていたねえ。
67歳のお誕生日だったのですねえ。ウキコさんが誰にもいわなかったのって、それもまたウキコさんだったの、、、?
ウキコなみだは、しょっぱくて、あったかい。カメさん、たおれないでね、ウキコさん、カメさんを守ってね、手のひらのハグで、合掌します。
******


後藤宇企子が9月5日の午後1時20分に自宅=宇吉堂でなくなりました
9月8日(土)午後2時に出棺予定
絵本・石けんの店 宇吉堂にてお別れします
普段着でさんさんごごウキチの顔を見に来てください
1951年9月8日生まれ
67歳の誕生日です
お香典とかなしで絵本でも買って行ってください
ほとんど誰にも言わず10年も乳腺腫瘍を育てていました
たくさんの友達に囲まれて幸せそうに深い眠りにつきました
みなさんありがとう
滋賀県大津市真野5丁目14−43
琵琶湖真野浜水泳場北側

|

2018年8月10日 (金)

合掌。翁長さん。


https://ryukyushimpo.jp/news/entry-778441.html

その前日から意識混濁、、、の病状だった翁長さんが、8日、亡くなられた、とのこと。

6月23日の沖縄慰霊の日には、病をおして参加されて、ご挨拶されていたけど、、、。

身を賭して、沖縄に基地をつくらせない、と戦ってこられた翁長さん。

国に殺された、、ような気もするけど、沖縄に関心を寄せない本土の人間たちも、翁長さんの死に関係あると思ってる。私をふくめて、です。

心より心より、ご冥福をお祈りします。

政府はこの8月、美しい辺野古の海に土砂を投入する、という。
8月11日の沖縄での県民大会に想いを寄せて、明日は青い服を着て、その写真をアップしようと思います。

188

ぬちどうたから。宝の島を殺さない。連帯のきもちをあらわしたいです。

|

2018年5月21日 (月)

前川喜平さんの講演会

前川喜平さんの講演会@射水市小杉にいってきました。

全国の親しい人たちから前川さんの講演会の模様をきいていたけど、私がなま喜平さんのお話きくのははじめて。
ほんとのことを自然体で、平らにおはなしされる。ユーモアそこかしこ。聞いてるこっちの心が喜ぶ。喜平さん、ってお名前のとおりだ!

お話のなかに何度も何度も、個人の尊厳が何よりも大事、個人の尊厳が最高の価値、これ以上大事なものはない、といわれるので、私のハートの中の13条も、そのたびにうれしくってふるえる。

憲法と教育基本法は車の両輪。憲法の理想を実現するには、人は学ばなきゃならない。教育を通じて、人間らしい人間になっていく、そのことが書かれてる教育の憲法と言われる基本法。2006年に改悪された。あれは改憲の地ならし。「国の未来を切り拓く」人だけのための教育なんて。

教育基本法の読み解きしていただいて、憲法と基本法の関係性もよりリアルに迫ってくる。全国に夜間中学!誰もが学ぶ、学び直しの機会こそ。

前川さんのお話、石川では8月5日に野々市フォルテにて。2:00〜。カレンダーにきへいじるしを。

|

2018年5月16日 (水)

岸井さん ご冥福をいのります

岸井さんがなくなられた。くやしいなあ、、サンデーモーニングにお出にならなくなってからどのくらいか、、。あちら側の攻撃のターゲットになってもひるまずお話してらした。

関口さんとの最後の言葉が「たるんじゃったな、みんな」だったという。それを、私もがつんとうけとめなきゃいけない。それがメディアに対しての言葉だったにせよ。


|

2018年3月 5日 (月)

オリザさんにて

佐久穂で30年、有機農業してる織座農園の典子さんとこにお泊まりさせてもらったのは、一昨年の3月以来、二度目です。

佐久のいのちの根っこをともに育ててるみなさんの連携チームワークで、今回4つの場所で、けんぽうをおはなしすることができたのだけど、それも典子さんが文字通り日々普段から、何十年も不断の努力で人と人をつなぐタネをまいて来てくれたおかげ。

今、希望がすぐそこに目に見えるものとしてあるようにはなかなか思えない時代。でも、土を掘るとね、根っこの深いとこで繋がってる希望を見出せるよ。

それを、おりざさんの夕ご飯の時、ひしひしと感じました。おとなが7人、ちいさいひとが6人の晩ごはん。どのお料理の野菜にも、名前がついてる。オリザで農業を手伝い、有機で一緒に農業していこうというパートナーと出逢い、家族をつくった若いカップルたちや、オリザを手伝いながら、近くのちいろば幼稚園でもはたらいている若い人。このジャガイモは誰ちゃんの、このパンダ豆は誰ちゃんの、このお米は、この野沢菜は、このたくあんは、、、。


ツートーンカラーのかわいい豆が、パンダ豆。
183_5

名前のついた野菜ごはんを一緒にたべ、きもちを語り合い、翌日のおはなし会のうちあわせもし。おとなたちの横のテーブルでは、こどもたちがぱくぱくごはんを食べ、食べ終わると彼らだけで、歌い、笑い踊って、遊ぶ。

あ〜〜、憲法前文にある「おそれやひもじい思いせず、誰もが平和のうちに生存する権利がある」って、このことだよ!と思いながら、その美しい風景を眺めていました。

ばんごはんをともにした彼らが、佐久穂のおはなし会の主催者さん。オリザさんは、私は今回何にもしてないのよ、っていうけど、いやいやいや、、、オリザさんは10数年前から、私の憲法お話会に何回も、若者たちを複数でつれてきてた。オリザさんのしてることは、生存権の25条だし、ふだんの努力の12条だし、ひとりひとりを大切にしてる13条だよなあ、オリザさんがここで農業してるからこうしてみんなとつながれたのだよなあ、、って感動しながらその空気にひたっていた私でした。

写真は、だいぶお年の、オリザ猫。クイーンベリーちゃんとマーガレットちゃん。
183_7

183_6

|

2018年2月20日 (火)

鈴木邦男さんのお話

鈴木邦男さんの講演会「憲法について話そう」に行ってきました。関西で長年、鈴木さんのゼミを開いてらした方が今は金沢に住んでいて、北陸で初めてお呼びしたのです。

20年以上前、その頃10代でよく紅茶にきていた翼くんから、鈴木さんのお名前は時々聞いていました。彼が社会にでていろんな人と出会って交流する中に、鈴木さんもいて、おもしろくてやさしいおじさんだよ、と翼くんがいっていたことを記憶してる。
その後、坂本龍一さんとの対談本「愛国の憂鬱」も読み、去年、「不思議なクニの憲法」リニューアル試写上映会が東京であった時、鈴木さんも見にいらしてて、そこではじめてお目にかかりました。ああ、なんてやわらかい、自然体のひとなんだ、という印象。

今回はごくこじんまりした集まりで、身近にお話きけました。
学生のころは生長の家にいて、アメリカのおしつけ憲法は変えなくちゃ、と運動していた鈴木さん。そのころの仲間は、今、日本会議に。

憲法改正こそ民族派の最大の目標、と思っていた鈴木さんだけど、今の安倍さんの改憲に対しては、過去に戻る憲法だ、とばっさり。
日本の国が弱々しいと感じてる人たちは、トランプやプーチンや中国みたいに、強権発動がいいと思ってる。人々の不安解消のために憲法変えましょう、強い軍隊もちましょう、とみなさんのきもちが先取りされている。いや、国民の側もしばられたいのではないか、それによって自分も愛国者だと思いたいか。

占領されていた不自由な時代におしつけられた憲法かもしれないが、今の自由な時代に憲法を自由に改正することで、今ある自由がかえって不自由になる。それは、国だけが大きくなればいい、一人一人はどうでもいい、という方向だ。

鈴木さんは、本当は会いたくないと思っていたある人に出会って、憲法に対するきもちが変わっていった話をされました。
女子大生みたいな歳の人が24条かいたなんてさ、そりゃ会うのいやだったよ。でもね、ベアテさんと5回ほど会って話してみて、GHQの人たちが当時のアメリカでもできなかった憲法を、野心をもってつくっていったことがわかった。いま安倍さんが変えようとしてる憲法には、野心も理想もない、かつての明治憲法にもどるだけ。24条を変えて、父親が中心の家族に戻そうとしている。
(このあたりのベアテさんの話、けんぽうぶっくでも書いてるだけに、おおいにうなづく!)

鈴木さんは、違う考え方の人と学びなさい、とよくいうそうです。ヘイトスピーチの現場にものりこんでいって、言論で勝負しよう、というのだと。鈴木さんが、自分とはちがう考えのベアテさんに会ったこと。大きな意味があったなあ。

|

2018年2月17日 (土)

飛騨の市長さんが。

政治はなんのためにあるの?の根っこのことを、飛騨市長さんが書いておられます。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1740428809333481&set=a.231813183528392.55725.100000991368678&type=3&theater

市長さんには障がいを持っているお子さんがいる。
その子のいいところはどこだろう、と毎日みているうちに、同じように職場のひとを見るようになったそうです。
弱い人たちのことを意識するようになり、障がい児者だけでなく、厳しい状況にある人たちを助けたいと強く思うようになった、と。

「次男が私をしてなさしめたことであり、この子が世の中のお役にたてたこと、
このことだけは徹底して親バカでありたいと思う」と。

すてきだ!最高のおやばかさんです。

先日、大雪で行けなかった、岐阜の新聞より。

|

より以前の記事一覧