2017年8月 6日 (日)

やすらぎの郷、見てます

お昼のシルバータイム?ドラマ「やすらぎの郷」、ずっとみてます。見れない日は録画して。

8月4日の放送。
八千草薫さん演じる”姫”のせりふに、はっとしました。

姫の初恋の映画監督が、おそらく軍に強要されて、戦意高揚の国策映画を撮らされる。戦争中の話を聞きたい、とやすらぎの郷を訪ねてきたジャーナリストが、姫にその映像を見せるシーン。

「わかってるつもりだった、ただ、あの方、戦後生まれの方でしょう?戦後の方が、あの当時の戦場のフイルム見るのと、私たちが見るのとじゃ、ちがいますよねえ。

戦争のことは、映画でも、実写のフイルムでも、見ていた。
だけど、あの場に実際に先生がいて、実際に起こっていることを見ながらカメラを回したと思うと、たまらなくなって気分が悪くなったの。

これまで、戦争っていうものは映画や活字で何度も見てて、いやだなあ、って漠然と思ってはいたのね。
でも私は銃後にいたでしょ。実際に起こったひどいことは見て見ぬ振りして逃げてたんだと思うのね。
実際にあの場にいらして、必死に、先生が我慢して撮ってらしたんだと思ったら、ふるえてきちゃった、、のね」

そうか、、、きっとそうだよね、違うんだよね。簡単にわかるものじゃないんだよね。
戦前生まれだって、あとから体験を聞いたって、わかるもんじゃない。おおきなすきまを、想像力で必死におぎなって、わかろうとする。

戦場でカメラを持つ、初恋の監督のきもちを想う姫のきもち。

戦場の場面から、突然、映像は京都の町に。急に呼び出されてあわてて通りに出ていった姫を、遠くから小さなカメラで撮らえる監督。監督はカメラをまわしたまま、姫との距離はだんだんに近づく。だけど言葉かわすことなく、二人はすれちがって去っていく。
男女一緒にいると非国民って怒られた時代でしたもの。
京都での秘密の撮影の日が監督に会えた最後で、その後、監督はアッツ島で玉砕する。

京都の無言のシーン、切なすぎる、、、。

そのあと、石坂浩二演じる脚本家の栄ちゃんが姫をおくっていく夜道で、あしもとのよろめいた姫に、手を差し出す栄ちゃん。
こんなふうに殿方と手をつないで歩くなんて生まれてはじめて、という、かつての大女優の姫。
またまた、切なすぎる、、、。

倉本さん、この俳優にはこのせりふを、このひとにはこれを、あのひとにはこれを、って、選び抜かれた言葉で、倉本さん自身が伝えたいこと、書いてる。老いのこと、死のこと、恋愛のこと、戦争のこと、ゆらぐこころ、ときめくこころ、悔やむこころ。まだまだある。
ときどき倉本さんも登場してる笑!それに中島みゆきさんもね。

|

2017年8月 3日 (木)

カタログハウスさん

今日は、カタログハウスさんがはるばる取材にみえました。

春に注文した「仙骨サポート」という商品が私にはとてもあってるみたいで、気にいってます、とお便りかいたことから、取材をうけることに。

仙骨、ってお尻の骨の土台みたいなとこの骨のこと(だと思います)。毎週通っている整体の教室で、その言葉はよく耳にしてました。仙骨を立てると、せぼねがまっすぐにのびて、しゃんとした姿勢になる、って先生からきいていたので、通販生活で「仙骨サポート」っていう名前を聞いた時に、大事なとこを支えてくれるものなんだな、ってイメージできたのでした。

178 パソコン使うときの椅子の上にのっけると、ほんとに背筋がのびて、仙骨が立った感じがして、きもちいい姿勢のまんまパソコンにむかえるよ。時に、5、6時間もパソコンに張りついたりする私にはとても必要なもの、って使い始めてからあらためて思った。

でもまさかね、出した一枚のはがきをよんでわざわざ家まできてくださるなんて。
20代の、とても感じのいい編集部のかたと、ベテランらしいカメラマンさん。取材の間中、なんか楽しくってね、おかしくってね、笑ってばかりいました。冬号の通販生活に写真いりでちっちゃく載るそうです。

通販生活さん、といえば、会社独自の理念をこめた憲法をもち、社会に対して、おかしいことはおかしいと、きちんと誌面をとおして発言する会社。その姿勢に、これまでもひっそり拍手を送ってたのです。その会社の方にじかに、ありがとう、をいえて、うれしい日でした。オススメの商品ページもだけど、対談や読み物ページや猫マンガも、毎号楽しみなんです。

取材がおわって話してた時に、この若い方が、豊田のけいちんのとこに、ほこりのでないダウンのしきかけぶとんの取材にいってた方だと判明!こ〜〜んなふうにつながっていくんですね。うれしい、がまた一つ足し算されました。


|

2017年8月 1日 (火)

かりんさんのお話

雨宮かりんさんの講演会「時代の生きづらさを問う」。高校の先生たちの組合の主催で。
ご本は何冊かこれまでにも読んでいたけど、おはなしをなまで聞くのははじめて。

10代は、死のとても近いとこにいた。いじめられ、否定され、自己責任の重圧に苦しめられ。
20代はじめのころの2年間、右翼にはまってた。そこではじめて、悪いのはお前じゃない、と言ってもらえた。悪いのはアメリカと民主主義だ、と。憲法のディベートがあって、それなら憲法読まなきゃとはじめて読んで、え〜〜こんないいこと書いてあるんだ、って、とくに前文に感動した話。
右翼から抜け出し、自身もそうだった貧困を見つめ、それを書く人になっていったかりんさん。

ブラック企業っていう言葉もまだなかった時代に、ひどい働かされして働けなくなり、家にひきこもった人たちをいっぱい取材した。はじめは、こころの問題だろうかとか、個人、親子関係の問題かと思ってたけど、違ってた。背景にとんでもない労働問題、社会構造があったんだ。

かりんさん自身も、雇用柔軟型という名の使い捨てにされてた一人。それを全部、自分の責任だって、思い込まされてた。
過労死するまで働く社会か自殺するしかない社会か、ってあきらかにおかしい。

学校でしてもらいたいことは、最低限、野たれに死しない方法がある、ってことおしえてあげてほしい。労働教育、労基法や生活保護のこと、そして奨学金かえしていくことのリアルも。

迷惑かけるな呪縛、自己責任呪縛がとっても強い今の若い人たち。それを解いてあげて。助けて、っていっていいんだよ。でも自己肯定感ないと、助けて、っていえないんだ。貧困はその自己肯定感をうばうものなんだ。

助けてって言える人リストを日頃からつくっておくこと。言える人間関係つくっておくこと。助けを求めることのできる支援団体も知っておくこと。たとえば、もやいとか、フリーター労組とか。

法律さえしってしまえば、立ち上がれる根拠になる。
たった一人でも組合にはいれること、キャバクラの罰金制度はおかしいってことも、知らない人いっぱいいる。

********

この日買って帰った「女子と貧困」に、この日のお話のもっとくわしいのが載ってたよ。

娘がひとりで北海道に卒業旅行した時、立ち寄ったお店ではたらいてたのがかりんさんの弟さんで、なぜか、かりんさんの最初の本をその弟さんがプレゼントしてくれたそうな。
娘がトンネルに引きこもって自己責任呪縛で苦しんでた時、かりんさんの本をよんで、社会構造のいびつさに気づけて、希望を感じられたこと、母としてじかにかりんさんにお礼がいえてよかった。



|

2017年7月20日 (木)

スウのツアコン。

Photo金曜日は(って、どれくらい前、なんだ!なかなかリアルタイムで書けんくて。走っていた春ころと今とでは、ずっとスローになったなあ、そのスペースをたもちつつ、パソコンに向かいます)、松浦さんとクッキングハウスのスタッフ、メンバーさんたちと一緒に、近江町市場と21美へ。

金土の2日間、金沢でひらかれたSST普及協会北陸大会。松浦さんはその分科会でメンバーさんたちとSST(って、私にとっては、クッキングハウスでいつもしてる、きもちのいいコミュニケーションの練習のこと)の実演をするため、4人で金沢入り。

前の晩は、東木さんで美味しい魚料理のフルコースを味わった由。朝の市場で、あ、のどぐろ!水だこ!あ、これもきのう出てきたね、と、昨夜のごちそう素材の原形にあえて、うれしそうな松浦さんたち。

21美では川越ゆりえさんの、ユニークな「弱虫標本」をみてから、美術館散歩。大きな展覧会を見る時間なくても、21美は、ただ歩いて回るだけで楽しくてわくわくしてきちゃうミュージアム。

大好きなタレルの部屋で一休み。みあげると四角い空がぽっかり空いてる、ただそれだけの空間。ただそれだけ、が、いい。
立ったままみあげると、だれの口もぽっかりあいて(そこを写真に撮るのが好き、無防備で、自然な表情)。
腰掛けて、壁にもたれて、空をみあげると、瞑想したくなる。
実際、クッキングハウスでは今、マインドフルネスをとりいれてよく瞑想してるので、さっそく瞑想しはじめる松浦さん。

うさぎの耳の椅子の並んだとこでも、写真をとる。21美ではだれもがモデルみたいに、きれい〜に見える、なんせ、たてものそれ自身がアートなので。

ミュージアムショップ。ほめシャワとほめシャワハガキがたしかに売られているのを、みんなして確認。丸いショップの中で、自分への、東京への、おみやげなんにしよ、、、って目移りしながら迷うのも楽しい時間です。

それから、石川県庁19階の眺めのいいかふぇで簡単ランチ。カレーの出てくるまでのあいだ、19階をひとめぐりすれば、街も海もぐるりとみえる。

県庁ほとんどとなりの地場産センターが、この日の会場。スウのツアコンはここまで。
私はこの日の午後は家で、日曜日の松浦さんワークショップのランチつくり。そう、このSSTの大会が金沢であったおかげで、わがやでのワークショップが可能になった、というわけなんです。



|

2017年7月18日 (火)

もう一度、花森さん展

今回のfamily gathering。娘が帰って来たのはちょうど一年ぶり。前のMacが突然動かなくなって新しいのに買い替えることになり、急遽、娘にヘルプ!をだして来てもらったのだった。

今回は夫婦3組の時間なので、家ではあまりゆっくりできないだろな、と思っていたら、せいちゃんの両親が気遣ってくれたのか、思いがけなく親子の時間もたっぷりとあり。

おかげで、行けるはずないと思っていた「花森安治の仕事展」@高岡美術館に、母娘で行けました。私は二度目だけど十分にみごたえあり。

177_2 デザインの面からも、編集とは編むことだ、と花森さんがいう、本をつくるという面でも、娘は見に行けたこと、とってもよろこんでた。

花森さんが戦前にかかわった大政翼賛会の仕事、デザインが人の心をうごかす、そのおそろしい力もあらためて感じる。
そして、戦争中の他の雑誌づくり、戦後の「スタイルブック」から「暮しの手帖」への変遷、商品テストへの情熱、一銭五厘の旗、、、。
読み進むのに、前回とおなじくやっぱり2時間半かかった。

花森さん展はあと10日あまり、30日まで。
行ける人、ぜひぜひ見にいってほしいなあ。今、という時代にみることが、一層意味あると思えて。ショップでは目が星になりそうな、すてきな花森さん文具もいっぱいだよ。


|

2017年7月 3日 (月)

花森安治の仕事@高岡美術館

177 高岡美術館に行く!と前々から決めてて、やっと昨日行けました。
「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」

たっぷり2時間あまりかけて、たっくさんの展示を、一つ一つ、観た。眺めた。読んだ。

「暮しの手帖」の表紙の原画、花森さんが装丁した本たち、撮った写真、広告デザイン、商品テストされたものたち、原稿を依頼した作家たちの生原稿、家族への手紙、そして、戦時中に勤めていた大政翼賛会での仕事、同時期に編集にかかわっていた「婦人の生活」などなど。

そしてもちろん、「暮しの手帖」特別号の、「戦争中の暮しの記録」と「見よぼくら一銭五厘の旗」も、旗の実物も。

  民主主義の「民」は、庶民の「民」だ
  僕らの暮しをなによりも第一にするということだ

戦争に負けた翌年に発刊された「暮しの手帖」のタイトルは、最初、「美しい暮しの手帖」だった。当時、暮し、という言葉には、暗いイメージがあったのだそうだ。

もし一人一人が守るべきまっとうな暮しがあったら、あんな戦争に反対したのではないか、何よりも庶民の暮しが大事だ、そういう世の中にしなければならない、と、ペンを武器にしてたたかった、ジャーナリストとしての花森さん。

たった一銭五厘のはがきで、人々は召集されたのだ、兵隊のいのちは馬よりも軽かったのだ。
「見よぼくら〜」の中で、花森さんは、国の大臣たちに一枚一枚のはがきで、自分の想いをかいて直接出すことを提案している。
まさに、花森さんの、12条する、だ。

この展示会も、今が今と、まったく重なります。
展示は7月30日まで。ぜひぜひ、足を運んで、そしてゆっくりと観ていただきたいと願っています。
美術館のショップには、花森さんデザインの文具がいっぱい並んでましたよ。

|

2017年6月 6日 (火)

クッキングハウスの通信

5日、お昼前にクッキングハウスへ。この日は2ヶ月に一度の、クッキングハウスの通信の発送日。その発送作業をお手伝いさせてもらいたいなと出かけました。

レストランの上のクッキングスターには、すでに20人余りのメンバーさん、スタッフさんが集まっていて、せっせせっせと三つ折り作業の真っ最中。
あ〜スウさん、いらっしゃ〜〜い、とみんなの声がでむかえてくれます。

印刷したての3枚組の通信を、組んで、二つ折りして、それを3つ折りにして、クッキングハウスカラーの黄色い封筒にいれて、シールで封をしていく。
わいわいいいながら手をうごかしてるうちにみるみる通信の山がちいさくなってく。この日のうちに発送する部数は1000通。いつもは黙ってても当たり前に通信がとどくのだけど、みんなのこうした共同👋作業のおかげで、毎回通信を手にできてるんだなあ、と実感。

作業をおえたら、通信の読み合わせの時間。一ページ目から、マイクをもって、一人一人順に通信の記事を読んでいきます。
声にだして読むと理解がふかまる、ってのは、おとといの国会答弁音読会でも実感ずみ。
今号のテーマは、「自由になるために」「自由を求めて」。
巻頭言の松浦さんの言葉がほんとに深いです。

労働のあとは、レストランで甘いおやつタイム!抹茶アイスもおいしかったな!

ふりかえりタイムでまた一人一人がきもちを口にする。
国会答弁とはまったくちがって、それぞれが、思っていること感じたことを、そのまま言葉にしていく。これも、ずっとそういう練習を積み重ねてきたメンバーさんたちだから、できるようになったこと。ひと前で声をだして通信をよむのも、長い積み重ねがあっての、今、なんだと思う。

ふりかえりタイムでわたしは、こんなことを。
テレビや新聞はマスコミというおおきなメディア。このクッキングハウスの通信は大きくはないけど、とっても貴重な自前のメディアです。
今、私たちはこう思っている、こういうことが大事と思う、こういうことを大切にしていきたい、ってことを、具体的に、全国にむけて自分発信している、すごいメディア。これがあるから、読んでる人が、クッキングハウスの今やこれから先の予定を知ることができ、12月には30周年コンサートがあるんだな、ってことや、書かれている大切なことを、読みながら一緒に確認できるんだよね、と。

*********

176_7
今回の東京daysは、あたまにもこころにもからだにも、いい栄養をいっぱいもらえた日々でした。

娘夫婦にあらためて感謝です。ほんとにきもちのいいカップルでねえ、いついってもきもちがほっこりする。娘も彼も、ますます自分らしい働き方、生き方してるな、って感じます。

|

まついのりこさん

2日、金曜日、まついのりこさんを偲ぶ会@武蔵野公会堂。

のりこさんの、平和への強い強いおきもち、それをしっかりと受け継いで、それぞれの表現の仕方で生きてく、そのことの決意表明の場でもあったような、壁画家のエイコさん、パントマイミストの朝子さんの言葉。

のりこさん、たっくさんの絵本を世に出し、かぞえきれないほどの平和の種まきをしててくださったんだなあ、のりこさんの紙芝居の世界は、ベトナムにも世界にも、ひろまっていったんだなあ、とあらためて感動しながら、みなさんのお話をきいていました。
沖縄に、紙芝居をする、観る、楽しむための、すばらしい建物ができたことも、この夜初めて知りました。設計はエイコさんのおつれあいさん、壁画はもちろんエイコさん。

朝子さんのパントマイムもこの日、ひさしぶりに見せてもらうことができました。

豊橋からは渡辺のりぴーさんが参加。この2年間、何度もわたしを豊橋や愛知県の方と出会わせてくださり、けんぽうかふぇをひらいてくださったのりぴーさん。文庫活動もずっとずっとされてきてたから、のりこさんともとうに出会っていたんですね。

のりこさんの写真とツーショット。のりこさん、ありがとありがと、とあたまをなでている私です。
(携帯でとるとなぜ写真が横になっちゃうか謎です)
176

|

2017年5月28日 (日)

モリにしますか、カケにしますか

お蕎麦やさんで、お店の人から「モリにしますか、カケにしますか」と言われてあわてふためくお客さん。

175_2

北陸中日に載ってた、佐藤正明さんの3コマ漫画。

その続きが載ってました。
ピンボケですんません。読めるかな。

あまりに秀逸、目のつけどころがすごい!

佐藤さんの描き続けてこられた、政治漫画のあたらしい本がでたばかりのようです。
この10年の総理大臣を漫画にしたものらしいよ。


|

キッズドアの渡辺さんが書いていること

「あったものをなかったものにできない」

キッズドアの渡辺さんから見えている前川さんのこと。
    ↓

前川前文部科学省事務次官が、加計学園をめぐる文書で記者会見をされた。

様々な憶測が流れていて、何が真実か見えづらい。

実は、前川氏は、文部科学省をお辞めになった後、私が運営するNPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアをしてくださっていた。素性を明かさずに、一般の学生や社会人と同じようにHPからボランティア説明会に申し込み、その後ボランティア活動にも参加してくださっていた。

私は現場のスタッフから「この方はもしかしたら、前文部科学省事務次官ではないか」という報告は受けていたが、私が多忙で時間が合わず、また特になんのご連絡もなくご参加されるということは、特別扱いを好まない方なのだろう、という推測の元、私自身は実はまだ一度も直接現場でお目にかかったことがない。

 

担当スタッフに聞くと、説明会や研修でも非常に熱心な態度で、ボランティア活動でも生徒たちに一生懸命に教えてくださっているそうだ。

「登録しているボランティアの中で唯一、2017年度全ての学習会に参加すると○をつけてくださっていて、本当に頼りになるいい人です。」

と、担当スタッフは今回の騒動を大変心配している。年間20回の活動に必ず参加すると意思表明し、実際に現場に足を運ぶことは、生半可な思いではできない。

*****:

渡辺さんの文章はまだ続くので、できたら最後までよんでくださいね。
憲法で高等教育無償化、にするまえに、もっとするべきこと、があると思う。
かけ学園のへの優遇がいかにおかしなことか、くっきりと見えてきます。

|

より以前の記事一覧