2017年3月28日 (火)

松井さんと。

東京に帰る日、新幹線に乗る前の時間、松井監督と娘と私、3人でランチをご一緒した。

思えば、松井さんとはおととしの12月に元山じんしろうくんの取材に金沢に見えた時はじめてお会いし、去年1月、紅茶に取材にみえ、2月、川口での撮影、5月の「不思議なクニの憲法」上映会、9月銀座ナルニア国での撮影、11月リニューアル版上映会、と6回お会いしてるけど、個人的な時間を持つのって、実は昨日がはじめてでした。

ランチしながら、松井さんが、リベラルの弱さ、知性のおごり、という言葉を出された。.
ん?って顔したら、具体的に説明してくださって、とても腑におちた。ああ、そういう面たしかにあるよなあ。

ついつい、政治に関心もって、行動してる「私たち」の方が、正しくて、えらい、と、無関心なひとたちをどこかでみくだしてやいないか。

無意識にでもそんなきもちでもって、気のあうひとたちとおしゃべりしてたら、その見下し感の空気は、きっと、いわゆる無関心な人達や、自分ってなにもしていないと引け目を感じてる人達に、しっかり伝わってしまってると思う。

知性のおごりのこと、松井さんがFBに書いてらしたので、シェアしますね。

松井 久子
3月26日 0:17 ·
【雑感・森友問題①】
 若い人たちと我が家でごはん会をしていた夜のこと。
 楽しい語らいの輪を外れてTVのニュース番組を見ていたら、お嬢さんの声が聞こえた。 
「でもこんなこと、ずっとやられてきたことでしょう?」
 何を今更…?と、その微笑みが言っていた。
 権力が陰で悪いことをしてるのはわかっている。
 だけど今の私は頭も心も自分のことでイッパイで、そんなことに怒ってるヒマはないの。
 確かにそうだと思う。総理夫人が100万円を渡したかどうかがわかったところで、彼女の生活が変わるわけじゃない。だから、考えても仕方ないことは考えないことにしている。安倍さんも霞が関の官僚も、自分にとってはいちばん遠い所にいる人たちだから。
 そうそう、わかっている。このお嬢さんのような人たちが今の日本社会のマジョリティーなのだ。

 その一方で、FBのタイムラインは連日森友学園にまつわる投稿でいっぱいである。
 実際私自身もこのところ、ネットで「その通り!」と思えた記事を見つけると、一生懸命シェアをしているし、テレビのコメンテーターに総理を擁護するばかりの政治記者・田崎某の顔があると、慌ててチャンネルを変えたりを繰り返している。
 そして改めて、自戒を込めて思うのである。
 人は自分が見たいものを見、聞きたいことを聞く。
 またも私は、あのお嬢さんたちのことを忘れて、意見を同じくする仲間同士の頷き合いにハマってしまっているではないか…と。

 自分のつくった映画『不思議なクニの憲法』が、なかなかあのお嬢さんたちの間に広まっていかないことに、頭を痛めたり、悩んだり、ときには苛立ったりしていた。
「憲法は私たちの生活とつながっているんだよ」といくら言っても、こっちを向いてもらえない。映画を観てくれる人びとはすでに安倍政権に疑問を持っている、今更観なくてもいい人たちばかりだった。これではダメだと思いながら、どこに行っても感じるのが日本の「リベラル」の弱さについてだった。
 リベラルはなぜ弱いのか?胸に手をあてて考える。
 権力の「悪」を見抜いている自分たちは賢いという無意識のうちの傲慢さや、「気づかない人たち」を上から目線で見ているのではないか。
 その点たぶん話題の日本会議や日本青年会議所の方が、無関心層を自分たちの仲間に引き込むのに長けているような気がしていた。

 そして今回、かつて日本会議のメンバーで、安倍夫妻のお友達だった「籠池のオッサン」が、リベラルが破れなかった壁を一瞬にして突き破ってくれたという現実。
 世界のABEも、よもや思想を同じくするお友達からここまで追いつめられるとは思わなかったろう。どちらにとっても、なんとも皮肉な話ではないか。

 でも、今回の籠池騒動はまだ敵(権力側)のオウンゴールで1点転がり込んできただけに過ぎない。
 マジョリティーにとって「知性」は時に邪魔でしかなく、「正義」に人を巻き込む力はない。
 リベラルの正念場はここからである。

|

2017年3月22日 (水)

ルビーナさんにて。

この前、まあさんと二人でひさしぶりに野々市のルビーナさんにいっておいしいカレーを食べてきました。

店主さんのタラちゃんことマックスダとはもうずいぶん昔からのおともだち。なにせ、「まわれ、かざぐるま」の本の出版パーティの会場が、そのころは幸町にあったルビーナさんでしたからね。キルトのミチコさんが、そのパーティをしかけてくれたのでした。1990年、いまから27年も前のこと!!

野々市にお店がうつってからもよくカレーをたべにいったし、タラちゃんにもとくべつ紅茶のゲストとしてお話ししてもらったりしたんです。
去年の暮れからは、娘が小学校5年生の時に夏休みの宿題でつくった「カレーの研究」という手つくり本を、お店においてもらって、お店にみえた方たちにみていただいてました。

その本を引き取りがてら、先日カレーをたべにいったのですが、お二階のスペースが、ちいさなお話会するのにちょうどいい大きさ、雰囲気。

そこで、5月のどの日かに、カレーランチつきけんぽうかふぇをひらこう、って思っています。平日の午前がいいのか、土曜か日曜の午前がいいのか、何人かの意見をきいてから、決めようかな。
そんなのしたら、参加したい、って思ってくれる人いるかな?

20日のピースウォークには、東京にいくタラちゃんを金沢駅におくりにいったタラちゃんの妹さんご夫婦が、四高記念公園まできてくれました。アフリカンダンスのカタンナを、とっても楽しんでみてってくれましたよ。

写真は、タラちゃんの妹さんとルビーナにて。

https://www.facebook.com/indian.restaurant.rubina/photos/a.489070661132056.109454.486860518019737/1337805116258602/?type=3&theater

|

2017年3月19日 (日)

23日証人喚問。

籠池さん23日証人喚問。総理大臣を侮辱したからたださないと、ってあたかもそんな理由で国会によぶことが急遽きまったかのような印象。

しかもWBCの日にぶつけるなんて。
前の記者会見の時、生放送中に突然、南スーダンからの自衛隊撤収の速報が入った時のような気持ち悪さ。

問うべきはもちろん、国有地の大幅値下げの理由と小学校の認可妥当の判断について。でもそれをただすには、財務省も府知事も府の私学課も首相夫人もよばなくちゃ全体像は見えてこないよね。

籠池さんが会いにいった菅野完さん、「日本会議の研究」という本を書いた人。
この本の中にも、教育勅語を暗唱してる森友学園の幼稚園の話がでてきてたし、稲田さんもでてきたし、安倍内閣と日本会議のつながりもいっぱい出てくる。そして籠池さんも日本会議の仲間。
今の憲法をかえたがっているひとたち、だね。

|

2017年3月16日 (木)

松井久子さんのFBから。

森友学園は、一環にすぎない。全体を見ること。
松井さんがとてもわかりやすく、書いてくださってる。

自民党憲法草案と教育勅語はセット、と私は前から思ってるけど、それを実践するための学校づくり、ってことがだんだんはっきりみえてきた気がする。

それだけの大きなちからを与えてしまったのは、主権者である私たちなんだよね。
そのブーメランを、きちんと受け止めないとな。やがて選挙もあることだし。

**********

松井 久子さんのFBから。

結局のところ、今回の森友学園疑惑は「権力が一点(総理あるいは内閣)に集中し過ぎたために起きたこと」の一語に尽きると思う。
 公僕であるはずの、国民の税金で仕事しているはずの政治家や官僚が、国民の方を向かず強い総理と内閣のために働いていたことを、私たちは今まざまざと見せつけられているわけだ。
 国民の目を、経済や外交といった一見派手な政策に向けさせながら、安倍総理の真の目的が極右的な「思想統制」と「愛国教育」にあったのは、なにも今に始まったことではなかった。
 政権は、憲法問題はもちろんのこと特定秘密保護法も、共謀罪も、すべてが国家による思想統制を目指した重要政策を着々と押し進めてきて、その一環に過ぎなかった国有地の払い下げが、今回図らずも露見してしまった。
 その意味で総理と稲田防衛相はじめ多くの自民党や維新の議員たちは、籠池氏と同じ思想を持つ「仲間」だったのである。つい昨日までは。
 そのお仲間たちが、自分たちの信じる思想を浸透させるために、長大な計画で推し進めるはずだった愛国教育。
 その巨大権力の目論見を、霞ヶ関の官僚と地方自治体が支えたという構図。
 さほど内閣支持率が落ちなければ、権力者はこのままメディアに対する恫喝を繰り返しながら、籠池一家をスケープゴートにして、まんまと逃げ切るつもりなのだろうか。
 そんなこと、絶対に許してはならない。
 メディアも野党も頼れないなら、主権者である私たち国民が、もっと冷静に注意深く権力チェックをしながら、この騒動の本質を見極めなければならないと思う。

 

|

教育勅語 高橋源一郎さん訳

源一郎さんがついったーでつぶやいたのを、ひとつにつなげてくれたみゆきちゃん、サンキュ!
なんとわかりやすいです。本質をいってます。
明治神宮HPの訳とくらべると、その深さは歴然。

https://twitter.com/takagengen

教育勅語①「はい、天皇です。よろしく。ぼくがふだん考えていることをいまから言うのでしっかり聞いてください。もともとこの国は、ぼくたち天皇家の祖先が作ったものなんです。知ってました? とにかく、ぼくたちの祖先は代々、みんな実に立派で素晴らしい徳の持ち主ばかりでしたね」

②「きみたち国民は、いま、そのパーフェクトに素晴らしいぼくたち天皇家の臣下であるわけです。そこのところを忘れてはいけませんよ。その上で言いますけど、きみたち国民は、長い間、臣下としては主君に忠誠を尽くし、子どもとしては親に孝行をしてきたわけです」

③「その点に関しては、一人の例外もなくね。その歴史こそ、この国の根本であり、素晴らしいところなんですよ。そういうわけですから、教育の原理もそこに置かなきゃなりません。きみたち天皇家の臣下である国民は、それを前提にした上で、父母を敬い、兄弟は仲良くし、夫婦は喧嘩しないこと」

④「そして、友だちは信じ合い、何をするにも慎み深く、博愛精神を持ち、勉強し、仕事のやり方を習い、そのことによって智能をさらに上の段階に押し上げ、徳と才能をさらに立派なものにし、なにより、公共の利益と社会の為になることを第一に考えるような人間にならなくちゃなりません」

⑤「もちろんのことだけれど、ぼくが制定した憲法を大切にして、法律をやぶるようなことは絶対しちゃいけません。よろしいですか。さて、その上で、いったん何かが起こったら、いや、はっきりいうと、戦争が起こったりしたら、勇気を持ち、公のために奉仕してください」

⑥「というか、永遠に続くぼくたち天皇家を護るために戦争に行ってください。それが正義であり「人としての正しい道」なんです。そのことは、きみたちが、ただ単にぼくの忠実な臣下であることを証明するだけでなく、きみたちの祖先が同じように忠誠を誓っていたことを讃えることにもなるんです

⑦「いままで述べたことはどれも、ぼくたち天皇家の偉大な祖先が残してくれた素晴らしい教訓であり、その子孫であるぼくも臣下であるきみたち国民も、共に守っていかなければならないことであり、あらゆる時代を通じ、世界中どこに行っても通用する、絶対に間違いの無い「真理」なんです」

⑧「そういうわけで、ぼくも、きみたち天皇家の臣下である国民も、そのことを決して忘れず、みんな心を一つにして、そのことを実践していこうじゃありませんか。以上! 明治二十三年十月三十日 天皇」

|

2017年3月13日 (月)

3月9日の中日新聞

3月9日の北陸中日新聞朝刊。
まあさんが真っ先に発見して、おおお〜〜〜って大ごえあげてたよ。
小松のシェアハウスで二家族でくらしてるけいちゃん、ももちゃんの記事。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=754384294736494&set=pcb.754386358069621&type=3&theater3

村上けいちゃんより。
「3月9日の北陸中日新聞✨
一面に載りました。

こうして石川県に来て、たくさんの方々に支えられて、今の自分がいます。

感謝の気持ちでいっぱいです。
心寄せて下さり、本当にありがとうございます。」

|

2017年2月12日 (日)

花子さんのコンサート@もっきりやさん

きのうの、大島花子さんのコンサート@もっきりやさん。

「夢であいましょう」からはじまり、オリジナルの「日時計」や、パウンドケーキのレシピを歌にした、とっても楽しい歌「カトルカール」。
のびやかでおだやかな花子さんの声が、七色へんげしたのは「ひよりげた」。リズミカルで、めっちゃ色っぽくて。

「はらぺこあおむし」がおっきな絵本になってることも、歌になってることも、この日までしりませんでした。

花子さんが歌いながらページをめくるためには、そのおっきい絵本を支える人が必要で。
一番前にすわっていたおかげで、私とみゆきちゃんが、その光栄な係をさせてもらいました(もちろん、そんなこと知らなかったからまったくのサプライズ)。

歌と歌の間の語りも、とても自然体です。
お父さんが亡くなった日のこと、夏の日で、キラキラしてて、これからかき氷をたべようか、なんて思っていて。
花子さんは、きもちを伝えるひと、物語をかたるひと、物語の伝え手だなあ、ってコンサートの間中、感じてた。

あるお母さんさんの歌です、といって歌い出したのは、「岩壁の母」。
あの歌が、ギターの笹子さんのアレンジで、まるで日本のファドみたいな曲に生まれ変わって、花子さんのやわらかな声で歌われる。これまで知ってた歌とはまったく違って、胸にしみてくる。

九ちゃんがお父さんのことを歌った「親父」を、娘さんである花子さんが歌う。
私たちがテレビで知ってるニコニコ九ちゃんとは別の人のような顔で歌ってた九ちゃんを、そのころまだ10歳前だった花子さんはすごく印象的に覚えているそうです。

「上を向いて歩こう」を手話と一緒に。
手話からうまれた歌「そして 思い出」も。

大切な人をうしなった悲しみは、どれだけ時がながれても、消えるものではなく、もう元気さ!っていえるようなものでもない。
だけども、「さようなら あの日」と言おう。
♪これ以上いらない もう もう つらいのは
 この傷を抱いて生きてゆく この傷と歩いてゆこう

「ヨイトマケ」の歌は、今に通じる、お母さんの、お父さんの、歌。花子さんの目が涙でうるんで、きもちがじわ〜〜んと伝わってきて、私もおもわず涙。

最後のアンコールの一曲は、「見上げてごらん 夜の星を」を、花子さんの生の声で。

こころがゆたかにほっこりと満たされた、ほんとにすてきなコンサートでした。いっぱいコンサートしてるはずのもっきりやさんも、この夜は、なんてなんて、うれしそう!

12日は昼間に敦賀でのコンサートってきいてたけど、雪、だいじょぶだったこと、祈ります。


|

2017年1月15日 (日)

小松のシェアハウス

201143 新年会のはしごを、みゆきちゃんと。
むぎわらのあと、ももちゃんけいちゃん一家がシェアハウスで暮らし始めた小松のおうちへ、はじめていく。

ひろびろとしたきもちのいいおうち!この場が、これからいろ〜〜んなふうに活かされていくこと想像するだけでわくわくする。

この日はおうちの一部屋で、大きなスクリーンでの不思議なクニの憲法上映会。隣の部屋でこどもたちの笑い声をききながら、映画をみる、って環境がいいな。こどもたちのいる場で、平和を、憲法を、考えるってことが。

夕方になってきて風が強くなり、私たちの後から来た人が、だいぶ吹雪いて来たよ、ともいうので、ほんとは新年会でゆっくりして映画の感想もききかったけど、あったかいお汁を一杯だけいただいて、後ろ髪引かれる思いでみゆきちゃんといっしょにシェアハウスをあとにする。

ワオ!!外はたしかにすんごい風だ、雪嵐みたいだ。雪はつもってないけど、横なぐりの風と雪。乾いて凍った道を、白い蛇たちがはげしくうごめいてるようでした!こわ!
うん、確かにこの日だけは、早めに帰る選択をしてあたり、でした。

******

今日15日は、「この世界の片隅に」を観て語る会が、2:00から四高記念館にて。

お申し込みされた方、無事にこれるかな。津幡は雪はつもってないけど、能登から見える方はだいじょぶかな。
とにかくみなさん、あったか〜〜くして、足元気をつけて、お越しくださいませませ。お待ちしております。
人数はまだ余裕がありますので、今から参加もだいじょうぶですよ。

19日にも、同じ場所でしますよ、ただしこちらは10:00はじまりです。

|

2016年11月 8日 (火)

アキくん@ハートネットTV

昨日7日のハートネットTV.
奥田アキくんの、ブレークスルー。

去年3月、金沢にはじめてきた時に、奥田アキくんが話してくれてた、中学生時代のこと、鳩間島のこと。
そして今年の8月、アキくん、再び金沢に。出したばかりの本をもってトーク、その本のタイトルは「変える」というのだけど、中味は、生きる、でした。

いじめ。傷つけられた側も、傷つけた側も、ずっとずっとずっと苦しむ。
そのことが痛いくらい伝わって来る映像とお話だった。

言葉を誠実に、探し探し、つまりながらも、沈黙をためながらも、必死に、きもちを言葉にしていこうとしてたアキくん。
個、としてのアキくんの体験だけども、言葉のはしばしから、普遍を感じた。

ほんとに、中学生の時、よくぞ、南の島に逃げようって思ったねえ。そして、実行したねえ。
生きぬいてくれて、声をあげてくれて、ありがとう!!って心から言いたい。

個として生きることが、こんなにもむずかしい、私たちの住んでるこの社会。
それは子どもにも、おとなにも。
だから、声をあげる。できるとこから。
それぞれが、勇気をだして、個として、声をあげる。

個人的なことは、まさしく、政治的なことでもある、って言葉をまた、思い出してた。

映像の最後の笑顔が、すんごくよかったなあ!

アキくんにはいま、全国からお話の依頼があるそうです。政治のことじゃなくて、生きる、ってお話の。

再放送もあります。11月14日の午後1:05から。
録画もしたので、紅茶でも見れます。
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/2800/256313.html

|

2016年10月18日 (火)

ほっとらいんさん10年目のコンサート

Photo 日曜日、美川のルーツ交流館へ。ほっとらいんさん、ここでのコンサートが、今年でちょうど10回目になるそうです。
(なんでルーツか、っていうと、石川県の県庁所在地が、はじめはこの美川だったからなんですって)

高い天井、まるで教会のようなおちついたつくりのホールに、たくさんのギターとみきさんのよしぶえ、コカリナの音色が、ほんとにきもちよく響く。生演奏にうっとりとり。

たくさんがプロジェクターで歌詞をおおきく映し出してくれてるので、歌詞がでてくると、たくさんといっしょに(たくさんの声がまたいいのだ!)みんなも歌う。

ビリーブやふるさとや知床旅情やいのちの歌、それにちょうなつかしい歌たち、花は咲く、最後のアンコールは、サウンドオブサイレンスとスカボロフェアとコンドルは飛んでいくの演奏メドレー。ミキさんの笛がもう超絶技巧ですごかった!

映画「パーソナルソング」で、自分の思い出の曲を聞いた途端、認知症のお年寄りの瞳がかがやきだし、たましいが動き出し、生き生きとうたいだす、そんな表情がいくつも映し出されていたけど、どんな人も、自分の大切な思い出のある曲を聴くと、たましいが共振したりおどったり、涙したりして、その歌の時代の自分をとりもどすんだろうな。
ほっとらいんさんは、お年寄りたちのおられる場所でよくコンサートされてるけど、その意味でもすばらしいはたらきをされてるっていつも思う。

*******

日曜の午前中ならいける!聴きに行きま〜〜す、っていったら、スウさん、ならば歌って〜〜!とたくさんからリクエスト。
まじで!ってきいたら、「ほかの誰とも」の歌詞までプロジェクターに用意してくださってるとのこと。

たくさんは、13条のうたの意味もきちんとみなさんに説明して、条文もやさしい日本語訳もスクリーンにうつしてくださいました。
たくさんの、そんな12条する、のなかでうたうことのできた「13条のうた ほかの誰とも」。
小指をけがして、4本指のギタリストのたくさんだったけど、それでもとちゅうでギター伴奏や低い声でハモりをいれてくださってて、それに気づいてなお感激しました。

大切な10周年コンサートの貴重な場で、たくさん、ほんとにありがとう!かおるちゃん、毎年この場を用意してくれてありがとう。ちなみに来年のコンサートは10月15日、10:00〜11:30っだそうですよ!

*****

午後はべてるの家の向谷地さんとメンバーさんのお話聞きに白山市交流センターへ。かおるちゃんも、美川のあと、ここに駆けつけてました。

|

より以前の記事一覧